toggle
2019-04-05

BCDボタンの押し間違いは、チョー危険!

あるある!こんな失敗

BCDインフレター

ダイビング中の急浮上は、ちょー危険です。

ゲストさんと潜っていて起こった・・失敗談:あるある!こんな失敗です。
今回のテーマは、あるよね~なんて、あまり笑えない自体にもなりかねないもの。
ただ、これもしっかりと正しい方法を覚えて!慌てずに行動すれば、すごく簡単に解決できるもの。
ちょっとしたミスをなくしましょう~って内容です。

 

失敗の内容は・・

ダイビング中にBCDの操作ミス(ボタンの押し間違い)をしてしまい・・
排気しようと思って押したボタンが吸気ボタン!BCDに空気をどんどん入れてしまったというものです。
お解りになると思いますが・・どんどん浮き始めて~すごい勢いで水面まで(@_@)
こんな時には・・・

肺の中の空気が排気されていない場合は、肺破裂

浮上速度オーバーで減圧症

こんな事態に陥るかもしれません。
すごく困った状態になる事・・間違いなしです。

 

こんな失敗をしないために・・

簡単な事なんですが、BCDインフレーターボタンの押し間違いをしない事です。

落ち着いていればあまりに簡単なものなのですが、慌てていたりすると~
自分でも信じられないような失敗・間違いをしてしまうものなのです。

レンタルBCDインフレーターの排気と吸気のボタンの説明は、必ず行うようにしているのですが・・
あまりに簡単なものなので、その時にあれやこれやとしつこく説明するのも・・・です。
そんなの解っとる!という空気が・・(>_<)

簡単な説明の部分にもすごく重要な内容が含まれているわけです。

もしご自身が、使用方法などで解らない部分があった場合は、そのままダイビングに突入しないで前もってガイドさんに質問をしましょうね。

 

レンタルBCDをご利用になる場合の心得

陸上で実際にボタンを数回押して動作の確認をしましょう。

特に最初の1ダイブ目には、沖へ出る早い段階・移動の際中などに何度も何度も吸気&排気の使用感をチェックをしておきましょう。 これだけで大丈夫!


 

早朝ダイブ

早朝ダイブ|ハンマーヘッドシャーク

 

atopapaの撮影機材

 

感染防止対策のお願い

注目 感染防止対策のご協力ありがとうございます。 ご来島の際には、ご持参ください。

  • マスク(予備もご用意ください)
  • マスクケース
  • 携帯できる除菌用品(海などへ持って行こう)
  • 体温計(ダイビング日の朝に検温しましょう)
  • ハンドタオル
  • 筆記用具

この他にご自身で使用するものは、各自ご用意しましょう。 感染対策をしながら、楽しい島旅!楽しいダイビングを!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です