toggle
2019-06-23

雨の中でも海は静か~いい海です。

伊豆大島ダイビングログ情報

2019年6月23日(日)

  • 天候:雨曇り
  • 風向:東~南
  • ポイント:秋の浜
  • 水温:22℃
  • 透明度:10~13m

朝から雲が厚く・・雨が時々降り・・時々強く降りだし・・
そんな梅雨らしい日でした。
午前中に秋の浜へ出かけました。海は、大変静か。
ちょうどダイバーさんが多めの時間帯でしたので、混雑してないような場所で散策してきました。
沖へ出る途中、海は暗めながらも魚影は濃いです。
イサキやキンギョハナダイが、いい感じで群れていました。
先へ進むと・・オグロベラのオスとメスやオトメベラのオスメスが勢いよく泳いでいました。
カメラの準備をしている最中にすぐに姿をくらましてしまいました・・((+_+))
またの機会にします。
イトヒキベラは、まだまだいい感じです。オス同士で縄張り争いをしているシーンは、ほんとに綺麗。
ウミウシは、フジイロウミウシ・リュウモンイロウミウシ・コガネミノウミウシ・コールマンウミウシ・などなど・・。
浅場では、ムスジコショウダイ幼魚やミナミハコフグ幼魚などの新顔も登場(^^♪
エキジット場所の付近では、ヘビギンポやヒメテグリの極小サイズもうろうろ。
どんどんお魚増えてます~

では、撮ってきました・・写真をどうぞ。


オウゴンニジギンポ幼魚

  • オウゴンニジギンポ
  • イソギンポ科

まだ小さな幼魚サイズが登場してます。 思いのほか・・よく移動する(>_<) 嫌がられない程度の距離感で~どうぞ。


セグロヘビギンポ

  • セグロヘビギンポ
  • ヘビギンポ科

壁沿いでウミウシ探しをしている時に出会えました。 動かないと解らないくらい・・地面と同じような色合いでした。 背鰭に特徴があります。


オオスジイシモチ

なんだか口を膨らませた子がいたので・・これは、入ってる!と思いじっと待つ!・・待つ!・・その時にちょっと撮影。口の隙間からタマゴが見えます~

オオスジイシモチ口内保育

待つ!・・しばらくしてほんの一瞬、口の仲間のタマゴを動かす為にボホボホと・・・。こうする事でタマゴに新鮮な海水が行き渡るようにしています。 口の中で・・育児中です。 口内保育と言います。


ナマコマルガザミ

  • ナマコマルガザミ

ナマコに住み着く種です。 鋏でナマコの表面をしっかりつまんで離れないようにしています。 背中の模様は、いろいろです。


ホムラスベヨコエビ

  • ホムラスベヨコエビ

小さな生き物!形が面白いでしょ!


ムスジコショウダイ幼魚

  • ムスジコショウダイ幼魚
  • イサキ科コショウダイ属

コショウダイの仲間は、幼魚の頃は体をクネクネとくねらせて泳ぎます。 すごく特徴的な泳ぎ方です。


ミナミハコフグ幼魚

  • ミナミハコフグ幼魚
  • ハコフグ科

横穴の中をふらふらと泳いでいました。 外に出てきたり・・穴の奥の方へ移動したり・・。


フジイロウミウシ

  • フジイロウミウシ

 

しまぽ通貨

しまぽ通貨

2019年度しまぽ通貨のご利用開始。

期間:7月1日~2020年3月末

日帰りダイビング

日帰り伊豆大島ダイビング
高速船ご利用で伊豆大島へ日帰りダイビングに行こう。

期間:7/13~
最盛期:出来るだけ島での滞在時間を長くとれる船便をご利用ください。

オススメプラン
往路は、高速船
復路は、橘丸で船旅を満喫しよう!

お帰り便は、橘丸

おすすめ橘丸
期間限定で運航してます橘丸でゆっくりと船旅を味わいながら・・

島旅の達人

島旅の達人

近くて便利で楽チンに行ける伊豆大島は、賢く遊びに行こう!

PHOTO

撮影してきた水中写真は、他のサイトでも掲載しています。(このサイトに掲載した写真とは違うもの)

PCでご覧になる方:伊豆大島あとぱぱダイビングサービスのスタッフブログ

スマホでご覧になる方:Instagram atopapads

新元号・令和スタート記念

新元号・令和スタート記念

新元号・令和スタート記念のおすすめプランを開催します。

多肉植物/現地販売

あとぱぱオリジナル/ワイヤークラフトと多肉植物

あとぱぱオリジナルのワイヤークラフトや多肉植物を現地販売しています。お土産にどうぞ~。

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です