toggle
2019-04-10

スズメダイの仲間|2018年コレクション

伊豆大島の生き物たちコレクション

2018年に出会えて撮影をしたスズメダイの仲間たちをご紹介いたします。 幼魚サイズの子が撮影対象です。 小さな頃は、同じ場所に居ることが多いので出会えるチャンスも多いです。 種によってチョ~浅場から深~い場所まで住処が、ばらばらです。

ソラスズメダイ

ソラスズメダイ

ソラスズメダイと寄生虫

スズメダイの仲間で一番目を引くのが・・そこらへんに居るブルーの綺麗なお魚の・・ソラスズメダイです。幼魚の頃の方が鮮やかなブルーの体色です。 成長とともに色合いに変化が出てきます。 下の写真は、口の中に寄生虫が住んでいます。

 

セナキルリスズメダイ

セナキルリスズメダイ

ソラスズメダイに似ているのが居ますが・・これも同じ!?と思ったら、違う種なんです。口先から背中の部分と尾鰭にかけて黄色なのは、セナキルリスズメダイです。こちらは、ソラスズメダイよりもかなり個体数が少ないです。

 

ナガサキスズメダイ

ナガサキスズメダイ

ナガサキスズメダイ

同じようなブルーの体色のお魚ですが・・こちらは、黄色の部分はありません。 背中の後ろの方に黒い斑点があります。 写真は、幼魚の頃。成長すると色合いが変わります。

 

シロボシスズメダイ

シロボシスズメダイ

このお魚もブルー一色ですが・・黒い点はありません。-20m台くらいの深さから見られる種。

 

アマミスズメダイ

アマミスズメダイ

アマミスズメダイ

アマミスズメダイ

この種は、ブルーが部分的に入ったカラーリングです。 この模様が特徴的です。*写真は、幼魚です。

 

ミヤコキセンスズメダイ

ミヤコキセンスズメダイ

ブルーつながりで・・この種にもブルーの模様があります。-3mくらいまでの浅い場所がお好みのお魚です。

ルリホシスズメダイ

ルリホシスズメダイ

ブルー繋がりで・・この種は、点々模様です。このカラーリングも可愛いですね~ 浅い場所を好む種ですごくチョコマカします。 *写真は、幼魚です。

 

キホシスズメダイ

キホシスズメダイ

キホシスズメダイ

春頃から小さな子が、浅場で出会えるようになると・・どんどん数が増えていきます。尾鰭にかけて黄色みが強くなるような配色です。*写真は、幼魚です。

 

セダカスズメダイ

セダカスズメダイ

セダカスズメダイ

浅場でもゆらゆらしちゃうような場所を好むスズメダイの仲間です。ちょこまかとよく動く。 体の上半分くらいは綺麗な黄緑色なのが、特徴です。*写真上は、幼魚です。 岩肌にタマゴをごっちゃり産み付けてるのが観察できます。

 

コガネスズメダイ

コガネスズメダイ

コガネスズメダイ

この種は、まっ黄色なのですぐわかる。幼魚期の方が、綺麗な黄色です。成魚は、伊豆大島で越冬できます。

ちなみに・・すごく似ているヒマワリスズメダイというのも伊豆大島では見られます。2018年は、撮影してない・・(;^ω^)

 

メガネスズメダイ

メガネスズメダイ

季節来遊してくる種です。 口先から背中にかけて綺麗なオレンジ色。背鰭の黒斑も目立ちます。似た種のクロメガネスズメダイとは、尾鰭の付け根部分に白いラインがあるか!ないか!で見分けます。 メガネスズメダイは、白ラインあり!*写真は幼魚です。

 

クロメガネスズメダイ

クロメガネスズメダイ

季節来遊してくる種です。 上のメガネスズメダイとすごく似ている種です。メガネスズメダイよりやや深い水深帯を好むような気がします。 こちらには、尾鰭の付け根に白いラインなし!です。 *写真は、幼魚です。

 

オナガスズメダイ

オナガスズメダイ

尾の付け根から尾鰭全体が、白いのが特徴です。写真は、少し成長したステージで幼魚サイズの時には、体の縁がブルー。そのころの方が綺麗! -20m台から見られます。

 

ヒレグロスズメダイ

ヒレグロスズメダイ

ヒレグロスズメダイ

全体的にあまり目立たない体色です。この種は、眼に特徴があり縦に黒いラインが入っています。 *写真は、幼魚です。

 

フタスジリュウキュウスズメダイ

フタスジリュウキュウスズメダイ

フタスジリュウキュウスズメダイ

伊豆大島では、毎年サンゴの上の登場する種です。サンゴの中に入ったり出てきたりのチョコマカです。 泳いでいる時に少し離れて撮影してます。 *写真は、幼魚です。

 

ミスジスズメダイ

ミスジスズメダイ

白黒のカラーリングのスズメダイでは、ミスジスズメダイが通年見られます。見られるのは-25mくらいからです。 砂地にある岩の下などが隠れ家。 *このサイズで成魚なのかも・・。極小は、見つからん(>_<)

 

ミツボシクロスズメダイ

ミツボシクロスズメダイ

白黒のカラーリング繋がりで・・こちらは、黒がベース。3つの星(斑点)が白です。写真の子は、少し成長して黒ベースの部分は、こんな感じに。 小さい頃は、黒です。 スズメダイの仲間の中でズングリ系の体型で可愛らしいです。イソギンチャクに住み着きます。

 

クマノミ

クマノミ

イソギンチャク繋がりで・・同じ場所に住んでいるクマノミです。伊豆大島では、産卵が行われてます。

クマノミのオス

クマノミのオス=尾鰭が黄色です。

クマノミのメス

クマノミのメス=尾鰭が白です。

クマノミは、雄性先熟です。生まれたころは、みんなオス。 メスが居なくなると・・オスの中で強い子がメスに性転換します。


 

日帰りダイビング

日帰り伊豆大島ダイビング
高速船ご利用で伊豆大島へ日帰りダイビングに行こう。
期間:4/8~26
平日:竹芝8:45発~大島15:30発
週末:竹芝8:15発~大島15:55発

期間:5/7~31
毎日:竹芝8:15~大島15:55発

期間:6/1~30
毎日:竹芝8:15発~大島15:55発

PHOTO

撮影してきた水中写真は、他のサイトでも掲載しています。(このサイトに掲載した写真とは違うもの)

PCでご覧になる方:伊豆大島あとぱぱダイビングサービスのスタッフブログ

スマホでご覧になる方:Instagram atopapads

平成最後の新春体験ダイビングチャレンジャー募集

平成最後の新春体験ダイビングチャレンジ

当店の体験ダイビングは、ウエットスーツで潜ります。 今のところ水温17℃なので・・チェレンジ難易度は、ほどほどでしょうか。 綺麗な冬の海を満喫しに伊豆大島へ是非どうぞ。 平成最後のチャンレジって事で、寒中体験ダイビングは、オススメです。

多肉植物/現地販売

あとぱぱオリジナル/ワイヤークラフトと多肉植物

あとぱぱオリジナルのワイヤークラフトや多肉植物を現地販売しています。お土産にどうぞ~。

伊豆大島ダイビングフォトコンテスト2019

2019伊豆大島ダイビングフォトコンテスト

募集要項発表されました!期間中に伊豆大島へ是非どうぞ。

しまぽ通貨

2018年度のご利用期間は、終了いたしました。ご利用ありがとうございました。

2019年度のご利用開始予定は、夏に向けて準備中です。乞うご期待(^^♪


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です