toggle
2020-03-28

ツノザヤウミウシ|水中写真で遊び隊です。

伊豆大島ダイビングログ情報

2ダイブとフルセットレンタル

あとぱぱ水中写真で遊び隊

こんにちは~あとぱぱ水中写真で遊び隊です。 今週末は、外出自粛のお願いなどがありましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。 土曜は、秋の浜でダイビング出来ましたが、本日・日曜日は、昨夜からの北東風がものすごく強くて・・高速船は欠航になったりです。 これだと・・自粛日和ってことで写真の整理をすすめましたので~その写真の中からツノザヤウミウシをご紹介いたします。

今シーズン度々ご紹介しているスポットライト撮影した写真の作例です。 被写体は、ツノザヤウミウシです。 大きさは、約1㎝位。 コケムシの仲間に乗っていたのですが・・すでに完食してしまっているようでした。 翌日も訪問してみたら、やっぱり!引っ越ししていました。

ツノザヤウミウシ

  • ツノザヤウミウシ:通常の外部ストロボでの撮影です。

撮影時のポイントは・・砂地にいるので、撮影中に砂が舞い上がらないように気を付けましょう。 ポジションを変えたり・・カメラをいじったりしていると気が付かないうちに辺りの砂が舞い上がっている事も。 綺麗な環境で撮ることで写真の仕上がりが綺麗になると思います。

ツノザヤウミウシ

  • ツノザヤウミウシ:スポットライト撮影です。

ライトは、左側から当てています。 被写体が約1㎝なので・・ライトの光が外れてしまわないように気を付けましょう。 ライト撮影は、カメラ側の設定で仕上がり具合の変化が楽しめます。

オススメ水中ライト

FIX MG350SS

レンタルしてます。

格安船賃

”島島きっぷ” で検索してみよう。

日帰りダイビング

伊豆大島から日帰りでもダイビングできます。

日帰り伊豆大島ダイビング

今の時期のオススメ

  • 往路:客船
  • 復路:客船か高速船

 

PHOTO

水中写真が見たい方!ブログやインスタグラムでご紹介しています。

PCで見る!

スマホで見る!

 

島で育った多肉植物

伊豆大島の風に吹かれて元気に育った多肉たち

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です