toggle
2019-04-05

島の風に吹かれて元気に育った多肉植物たち|2019年4月掲載

あとぱぱオリジナル/ワイヤークラフトと多肉植物

4月に入り朝の肌寒さは、あるものの・・日中は、暖かさを感じる今日この頃です。 小屋に置いた多肉たちも元気な様子が伺えます。 寄せ植えをした多肉たちの水やりは、鉢底に穴があいていますので・・水の入った入れ物に鉢を入れて・・植物に水がかからない程度の位置まで沈めてしばし待ち・・。 穴からどんどん水がしみて土が水を吸ってくれます。 鉢の重さを感じながら、重くなったら満タンです。 これでしばらく水やりは、お休み。 寄せ植えの鉢は、土が多めなのでこれでしばらく大丈夫。 水をあげたら・・1~2日で全体にぷっくりしてくるのが、解ると思います。 水をあげるタイミングは、多肉植物の住んでいる環境により変わりますので・・1日1回くらい顔色を見てあげましょう~!(^^)! *水のあげすぎはNG

多肉植物寄せ植え


多肉植物

多肉植物の育成には、スリット鉢を使っています。 鉢底に切れ目が入っていて育成には、向ているかと。 ビジュアル的には、いまいちかもしれませんので・・鉢カバーをご用意しました。 こじんまりとかわいいサイズに育った多肉です。 育て方で成長度合いも変わります。 成長したら・・植え替えが必要になります。 もし子供が出てきたら、カットしてスリット鉢と鉢カバー用の鉢も利用して2つに!


多肉植物

こちらもスリット鉢+鉢カバーです。ちょっと変わったタイプの鉢カバーです。鉢カバーの底には、穴がないので水漏れがありません。 このカバーは、上下2つに分離できます。 水をあげた後は、水が流れ出てこない程度に水が切れてからセット。 室内置きに適しているかも。


多肉植物

こちらは、白バージョンです。


多肉植物

スリット鉢+鉢カバーです。


以上4つのタイプあります。

*現地販売してます。お土産にどうぞ!

早朝ダイブ

早朝ダイブ|ハンマーヘッドシャーク

 

ギョサンがもらえる!平日・日帰り

 

東海汽船の割引情報をゲット!

 

 

atopapaの撮影機材

 

感染防止対策のお願い

注目 感染防止対策のご協力ありがとうございます。 ご来島の際には、ご持参ください。

  • マスク(予備もご用意ください)
  • マスクケース
  • 携帯できる除菌用品(海などへ持って行こう)
  • 体温計(ダイビング日の朝に検温しましょう)
  • ハンドタオル
  • 筆記用具

この他にご自身で使用するものは、各自ご用意しましょう。 感染対策をしながら、楽しい島旅!楽しいダイビングを!

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です