toggle
2019-05-16

動かないネコザメ

伊豆大島ダイビングログ情報

2019年5月16日(木)

  • 天候:晴れ
  • 風向:北東
  • ポイント:秋の浜
  • 水温:20~18℃
  • 透明度:10m

セイテンビラメ

  • セイテンビラメ

砂地では、20cmくらいのセイテンビラメに出会えました。 向かって左側に写っている細いものは、疑似餌の役割があるのかも。ひょろひょろと動かしていました。 はまたま、砂地にいる獲物を感知しているのかな?


ムラクモコダマウサギとサギリオトメウミウシ

  • ムラクモコダマウサギ
  • サギリオトメウミウシ

白っぽいウミトサカに住んでいたこの2つの生き物。 ムラクモコダマウサギは、ウミウサギの仲間で小さな貝です。外套膜が、綺麗な模様です。 もう1つは、サギリオトメウミウシ。こちらはウミトサカに乗っている所を時々見かける種です。多分・・ウミトサカの一部を食べていると思うのですが・・どこをかじっているのやら・・


  • ネコザメ

下ばかり見ながら泳いでいたので、あやうくぶつかりそうでした(;^ω^) すぐ近くに来た僕にも動じず・・全然動きませんでした。 ちょっと動画を! 顔の前すぐそばまでカメラを寄せても動かない。 とはいえ・・充分気を付けて撮影してくださいませ。


 

早朝ダイブ

早朝ダイブ|ハンマーヘッドシャーク

 

ギョサンがもらえる!平日・日帰り

 

東海汽船の割引情報をゲット!

 

 

atopapaの撮影機材

 

感染防止対策のお願い

注目 感染防止対策のご協力ありがとうございます。 ご来島の際には、ご持参ください。

  • マスク(予備もご用意ください)
  • マスクケース
  • 携帯できる除菌用品(海などへ持って行こう)
  • 体温計(ダイビング日の朝に検温しましょう)
  • ハンドタオル
  • 筆記用具

この他にご自身で使用するものは、各自ご用意しましょう。 感染対策をしながら、楽しい島旅!楽しいダイビングを!

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です