toggle
2019-04-14

のんびり泳ぐヒメクサアジ

伊豆大島ダイビングログ情報

2019年4月14日(日)

  • 天候:晴れ曇り夕方から雨
  • 風向:南西
  • ポイント:秋の浜
  • 水温:19~18度
  • 透明度:10m~(浮遊物少し)

朝は、清々しいお天気でした。今日は、お天気下り坂の予報でしたので・・
午後から雲が多くなり始めて夕方ころには、小雨が降り出しました。
今夜は、少しかぜが強くなるようです。

風向きも変わり昨日よりも駄やかな海になりました。
少し浮遊物が出た感じの海です。

ヒメクサアジ

  • ヒメクサアジ
  • クサアジ科

最初は、正面付近でハゼでも・・と思いましたが、
その場所へ着くとのんびりした感じのヒメクサアジと出会えました。
今までの経験上、どんどん逃げちゃう印象なのですが・・
今回は、撮影しやすい!そんな事もあるんだな~

次は、スケロクウミタケハゼのリクエストでウミトサカを2か所くらい。
浅場のリクエストは、オキナワベニハゼだったので・・
いくつか住処を巡ってみました。

サガミコネコウミウシ

  • サガミコネコウミウシ

浅場では、現地ガイドさんにサガミコネコウミウシを教えてもらいました。
ウミウシはほかに・・フリエリイボウミウシまっていたり、ルージュミノウミウシ・
キイロイボウミウシ・コノハミドリガイ・フジイロウミウシ・ニシキウミウシ・などなどです。


ミカドウミウシ幼体

  • ミカドウミウシ幼体

5㎜くらいのサイズでした。触覚は、1本だけ出てました。


イソコンペイトウガニ

  • イソコンペイトウガニ
  • クモガニ科

ヘラヤガラ

  • ヘラヤガラ
  • トゲウオ目ヘラヤガラ科

昨日と同じ岩の横にいました。


キンギョハナダイ幼魚

  • キンギョハナダイ幼魚
  • ハタ科

壁沿いのすき間にはまりこんでいた所。


 

早朝ダイブ

早朝ダイブ|ハンマーヘッドシャーク

 

atopapaの撮影機材

 

感染防止対策のお願い

注目 感染防止対策のご協力ありがとうございます。 ご来島の際には、ご持参ください。

  • マスク(予備もご用意ください)
  • マスクケース
  • 携帯できる除菌用品(海などへ持って行こう)
  • 体温計(ダイビング日の朝に検温しましょう)
  • ハンドタオル
  • 筆記用具

この他にご自身で使用するものは、各自ご用意しましょう。 感染対策をしながら、楽しい島旅!楽しいダイビングを!

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です