toggle
2019-04-24

砂地でチンアナゴ

伊豆大島ダイビングログ情報

2019年4月24日(水)

  • 天候:曇り雨
  • 風向:南
  • ポイント:秋の浜
  • 水温:17℃
  • 透明度:13m~

朝から雲が厚く雨が降り出す予報です。
気温は、高めなので湿度が高くムシムシした感じでした。
今日も海は、どこも静か。
昨日は、激流でヘトヘトになってしまったので、穏やかな秋の浜へ
こちらでは、流れもなくのんびり出来ました。

スケロクウミタケハゼ

  • スケロクウミタケハゼ
  • ハゼ科

海中が少し暗めだったので、ウミトサカが綺麗に。
最初にスケロクウミタケハゼの様子を見て・・少し移動。

タツノイトコ

  • タツノイトコ
  • ヨウジウオ科

するとタツノイトコに出会えました。
お腹の形状から・・オスのようです。

チンアナゴ

  • チンアナゴ
  • ウナギ目アナゴ科

次は・・チンアナゴの場所へ。
ちょっと敏感ですが、離れていれば、出てくる!
側に寄ったり・・動きを見せると、引っ込んでしまいます。

アライソコケギンポの場所へ立ち寄ると、やけに巣穴から体を乗り出していました。
次の瞬間・・脱糞(;^ω^)
巣穴にウンチが入らないように、ちゃんと外にウンチを捨てていました。
綺麗好きなのね。

ニイニイミノウミウシ

  • ニイニイミノウミウシ

ボンボリイロウミウシ

  • ボンボリイロウミウシ

シロタエイロウミウシ

  • シロタエイロウミウシ

他には、ウミウシをいくつか。
サガミリュウグウウミウシ・ニシキウミウシ・ニイニイミノウミウシ・コールマンウミウシ・
コンガスリウミウシ・ボンボリイロウミウシ・シロタエイロウミウシ・ハナミドリガイ・などなどです。

浅い場所では、ミヤケヘビギンポがそこらじゅうで産卵行動をしていました。
ちょうど繁殖真っ盛りのようです。

ヒメテグリ幼魚

  • ヒメテグリ幼魚
  • ネズッポ科

最後は、ヒメテグリ幼魚を見て~上がりました。

早朝ダイブ

早朝ダイブ|ハンマーヘッドシャーク

 

ギョサンがもらえる!平日・日帰り

 

東海汽船の割引情報をゲット!

 

 

atopapaの撮影機材

 

感染防止対策のお願い

注目 感染防止対策のご協力ありがとうございます。 ご来島の際には、ご持参ください。

  • マスク(予備もご用意ください)
  • マスクケース
  • 携帯できる除菌用品(海などへ持って行こう)
  • 体温計(ダイビング日の朝に検温しましょう)
  • ハンドタオル
  • 筆記用具

この他にご自身で使用するものは、各自ご用意しましょう。 感染対策をしながら、楽しい島旅!楽しいダイビングを!

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です