toggle
2019-04-08

ハゼの仲間~その2|2018年コレクション

伊豆大島の生き物たちコレクション

2018年ハゼの仲間コレクションその2は、岩場の壁沿いや横穴などに住んでいる種をご紹介します。 全般、小さ目のハゼです。 日差しの当たらないような場所を好むようです。 近づくと・・側にある隠れ場所へ入り込んでしまいます。 ライトを当てたり、カメラを寄せたりする際には注意が必要です。

もう少し別の種も撮影しているかと思いきや・・そうでもなかった<m(__)m> 他の子にもカメラをむけないと・・ですね。

 

アカイソハゼ

アカイソハゼ

アカイソハゼ

アカイソハゼ

浅場で出会える種です。 繁殖の時期になると、オス同士の縄張り争いをする様子が見られます。 一番上の写真が、相手に威嚇している表情です。 いろんな場所で見られるので、いろんなチャンスがあります。

 

オキナワベニハゼ

オキナワベニハゼ

オキナワベニハゼ

オキナワベニハゼ

伊豆大島では、浅場で出会える定番の種です。

 

オオメハゼ

オオメハゼ

オオメハゼ

オオメハゼ

伊豆大島では、浅場で出会える種です。 顔の部分の点々や胸鰭の付け根にある赤い点が2つが、特徴です。 ちょっと敏感で・・隠れやすいお魚です。

 

ペガススベニハゼ

ペガススベニハゼ

ペガススベニハゼ

ペガススベニハゼ

ペガススベニハゼ

2018年は、数か所で出会えました。 オキナワベニハゼやオオメハゼと比べるとあまり逃げないお魚です。

 

イレズミハゼ属の1種

イレズミハゼ属の1種

伊豆大島では、浅い場所で出会える種です。

 

ベンケイハゼ

ベンケイハゼ

浅い場所で出会えた種です。少し成長した子にも出会える。眼が緑で綺麗です。

 

イチモンジハゼ

イチモンジハゼ

イチモンジハゼ

模様に特徴があるイチモンジハゼです。 ふくれっ面がかわいい! 個体数は、多めです。

 

フトスジイレズミハゼ

フトスジイレズミハゼ

フトスジイレズミハゼ

フトスジイレズミハゼ

フトスジイレズミハゼ

長年撮影を楽しんでいる種です。 いろんなシーンに出会えるチャンスがあるのが、楽しみ。浅場でよく出会えます。

 

ヒメニラミベニハゼ

ヒメニラミベニハゼ

ヒメニラミベニハゼ

この種は、-20m台から見られるような種。 着底した状態から時々ホバーリングして餌を食べるようです。


 

日帰りダイビング

日帰り伊豆大島ダイビング
高速船ご利用で伊豆大島へ日帰りダイビングに行こう。
期間:4/8~26
平日:竹芝8:45発~大島15:30発
週末:竹芝8:15発~大島15:55発

期間:5/7~31
毎日:竹芝8:15~大島15:55発

期間:6/1~30
毎日:竹芝8:15発~大島15:55発

PHOTO

撮影してきた水中写真は、他のサイトでも掲載しています。(このサイトに掲載した写真とは違うもの)

PCでご覧になる方:伊豆大島あとぱぱダイビングサービスのスタッフブログ

スマホでご覧になる方:Instagram atopapads

平成最後の新春体験ダイビングチャレンジャー募集

平成最後の新春体験ダイビングチャレンジ

当店の体験ダイビングは、ウエットスーツで潜ります。 今のところ水温17℃なので・・チェレンジ難易度は、ほどほどでしょうか。 綺麗な冬の海を満喫しに伊豆大島へ是非どうぞ。 平成最後のチャンレジって事で、寒中体験ダイビングは、オススメです。

多肉植物/現地販売

あとぱぱオリジナル/ワイヤークラフトと多肉植物

あとぱぱオリジナルのワイヤークラフトや多肉植物を現地販売しています。お土産にどうぞ~。

伊豆大島ダイビングフォトコンテスト2019

2019伊豆大島ダイビングフォトコンテスト

募集要項発表されました!期間中に伊豆大島へ是非どうぞ。

しまぽ通貨

2018年度のご利用期間は、終了いたしました。ご利用ありがとうございました。

2019年度のご利用開始予定は、夏に向けて準備中です。乞うご期待(^^♪


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です