toggle
2019-03-06

ウミウシの仲間たち~1|2018年コレクション

2018年に出会えたウミウシの仲間たちの写真の中でお気に入りのものを選んでご紹介します。 ウミウシの仲間は、姿かたちも特徴的ですが何といってもカラーリングが素敵。 小さいながらものそのそと動く様子は、可愛らしさ満点です。 水中写真を撮り始めたころの方には、逃げないので撮りやすい!と言う事で人気あり。 ウミウシの仲間は、じっくり探せばご自身でもいろいろと発見が出来ます。 発見の喜び!を感じてみてください。

 

コンシボリガイ

コンシボリガイ

コンシボリガイ

伊豆大島では、この2タイプが見られますが・・青い方が珍しいです。 上の写真は、まだ小さいので貝殻の模様も少しだけです。

 

エンジイロウミウシ

エンジイロウミウシ

まだ1cm弱の子でした。 そのせいかあまり色が出てないような・・。

 

ニシキウミウシ

ニシキウミウシ

成長すると10㎝近くになる種。写真は、その触覚です。

ニシキウミウシ

伊豆大島では、幼体もよく見られます。

 

カンナツノザヤウミウシ

カンナツノザヤウミウシ

まだすごく小さい頃。立派なコケムシの仲間にぶら下がっているような・・。これを食べています。

 

ツノザヤウミウシ

ツノザヤウミウシ

この種も出会うときは、コケムシの仲間に乗っていることが多いようです。

 

クロスジリュウグウウミウシ

クロスジリュウグウウミウシ

出会う機会が少な目。

 

ヤグルマウミウシ

ヤグルマウミウシ

右側が、前方です。 トゲトゲが可愛らしい。

 

ウデフリツノザヤウミウシ

ウデフリツノザヤウミウシ

ピカチュウの愛称で親しまれている種。小さい子は、かわいいね~。

 

コミドリリュウグウウミウシ

コミドリリュウグウウミウシ

壁沿いにあるコケムシの仲間に乗っています。 極小サイズがよく見られます。

コミドリリュウグウウミウシ

コケムシの仲間をお食事中

 

クチナシツノザヤウミウシ

クチナシツノザヤウミウシ

クチナシツノザヤウミウシ

この時に出会えたのは、小さい子。

クチナシツノザヤウミウシ

こちらが、立派な子。

 

キャラメルウミウシ

キャラメルウミウシ

キャラメルウミウシ

毎年出会える種です。 下の写真は、食事中です。よほどご馳走があるんですね・・

 

コソデウミウシ

コソデウミウシ

コケムシの仲間に乗っていました。 伊豆大島では、珍しいです。

 

イシガキリュウグウウミウシ

イシガキリュウグウウミウシ

浅い場所で出会う事が多いです。

 

ルージュミノウミウシ

ルージュミノウミウシ

伊豆大島では、よく出会える種です。

 

テントウウミウシ

テントウウミウシ

ミルの上で見られる種です。

 

ウミウシ達ってなかなかフォトジェニックです(#^^#)

日帰りダイビング

日帰り伊豆大島ダイビング
高速船ご利用で伊豆大島へ日帰りダイビングに行こう。
期間4/1~7
平日10:15着⇒15:30発
週末10:05着⇒15:55発

期間:4/8~26
平日10:30着⇒15:30発
週末10:00着⇒15:55発

PHOTO

撮影してきた水中写真は、他のサイトでも掲載しています。(このサイトに掲載した写真とは違うもの)

PCでご覧になる方:伊豆大島あとぱぱダイビングサービスのスタッフブログ

スマホでご覧になる方:Instagram atopapads

しまぽ通貨

ダイビングの支払いにしまぽ通貨ご利用頂けます。

  • ご利用期間:2019年3月末まで
  • 7000円で10000円分のご利用が出来ます。 (内訳3000円は、宿泊費専用 7000円は、なんでもOK)

公式サイトで詳細をご確認ください。

平成最後の新春体験ダイビングチャレンジャー募集

平成最後の新春体験ダイビングチャレンジ

当店の体験ダイビングは、ウエットスーツで潜ります。 今のところ水温17℃なので・・チェレンジ難易度は、ほどほどでしょうか。 綺麗な冬の海を満喫しに伊豆大島へ是非どうぞ。 平成最後のチャンレジって事で、寒中体験ダイビングは、オススメです。

現地販売/多肉植物

あとぱぱオリジナル/ワイヤークラフトと多肉植物

あとぱぱオリジナルのワイヤークラフトや多肉植物を現地販売しています。お土産にどうぞ~。

伊豆大島フォトコンテスト2019

2019伊豆大島ダイビングフォトコンテスト

募集要項発表されました!期間中に伊豆大島へ是非どうぞ。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です