toggle
2019-03-13

ハナダイの仲間たち|2018年コレクション

伊豆大島の生き物たちコレクション

2018年ハナダイの仲間たち(ハタ科)のコレクションです。 幼魚の頃は、あまり移動せずに居てくれるので、撮影しやすく定点で観察する事も出来ます。 撮影は、泳ぐ被写体になりますので、少し練習が必要かも。 最初は、たくさんいるキンギョハナダイなどから練習してみてはいかがでしょうか。 ハナダイの仲間を撮影するなら・・断然秋の浜が、オススメです。 いろんな種類のハナダイたちが姿を見せてくれます。 ハナダイの仲間たちは、性転換をします。 小さな頃は、メス。 成長して大きくなるとオスになります。(雌性先熟) そんな訳で幼魚サイズの子たちは、メスの容姿な訳です。 ハナダイの仲間の中で立派なオスが見られる代表は、やっぱりキンギョハナダイ。何匹も集まって見られる事もあります。 *掲載した種は、通常のガイドエリアで見られたものです。

 

ミナミハナダイの仲間

ミナミハナダイの仲間

ミナミハナダイの仲間

ミナミハナダイの仲間

ミナミハナダイの仲間(秋の浜):体が、細長いタイプなので見分けがつきやすいです。

 

アカボシハナゴイ

アカボシハナゴイ幼魚

アカボシハナゴイ

アカボシハナゴイ(秋の浜):写真は、幼魚サイズです。体後半部分の赤い部分の模様が特徴です。

 

スミレナガハナダイ

スミレナガハナダイ幼魚

スミレナガハナダイ

スミレナガハナダイ(秋の浜):体全体が、黄色みがかっていて、胸鰭が、青いのが特徴です。写真上は、幼魚サイズ。下は、少しだけ成長した個体。

 

シロオビハナダイ

シロオビハナダイ幼魚

シロオビハナダイ(秋の浜):幼魚サイズです。尾鰭の上下が、黄色

 

フタイロハナゴイ

フタイロハナゴイ

フタイロハナゴイ

フタイロハナゴイ

フタイロハナゴイ(秋の浜):毎年よく見られる種です。紫がかった部分が、特徴的です。

 

サクラダイ

サクラダイ

サクラダイ

サクラダイ(秋の浜):小さい頃は、背鰭の中央付近に黒斑があります。

 

スジハナダイ

スジハナダイ

スジハナダイ

スジハナダイ(秋の浜):写真上は、大きな個体。体の中央の赤いラインが特徴です。通年見られます。

 

アサヒハナゴイ

アサヒハナゴイ幼魚

アサヒハナゴイ幼魚

アサヒハナゴイ幼魚

アサヒハナゴイ(秋の浜):体の上部にある赤と白の模様が特徴です。 成長すると顔が尖ってきます。

 

キンギョハナダイ

キンギョハナダイ

キンギョハナダイ

キンギョハナダイ

キンギョハナダイ(秋の浜):この種が、伊豆大島では、一番多い。どのポイントでも見られます。 オスも多いです。

 

カシワハナダイ

カシワハナダイ

カシワハナダイ

カシワハナダイ(秋の浜):ちょっと地味系の体色が特徴です。

 

キシマハナダイ

キシマハナダイ

キシマハナダイ(秋の浜):稀に幼魚が、通常コースに登場します。

 

アカオビハナダイ

アカオビハナダイ

アカオビハナダイ

アカオビハナダイ(秋の浜):幼魚期は、ケラマハナダイとよく似ています。眼の下に白いラインが、あります。

 

ケラマハナダイ

ケラマハナダイ

ケラマハナダイ

ケラマハナダイ

ケラマハナダイ(秋の浜):幼魚期は、アカオビハナダイとよく似ています。 写真を何度も見ても解りにくいのでネットでチェックしてみたりしてますが・・はたしてこれも正解なのか・・(@_@)

 

フチドリハナダイ

フチドリハナダイ幼魚

フチドリハナダイ(秋の浜):写真は、幼魚サイズです。 伊豆大島では、あまり見られない種です。

 

ハナゴンベ

ハナゴンベ幼魚

ハナゴンベ幼魚

ハナゴンベ幼魚

ハナゴンベ(秋の浜):伊豆大島では、珍しい種です。模様に特徴あり。 少しずんぐりした体型がかわいい。

 

ベニハナダイ

ベニハナダイ幼魚

ベニハナダイ(秋の浜):派手な特徴がありませんが・・それが、特徴かな。

 

ハナゴイ

ハナゴイ

ハナゴイ
ハナゴイ(秋の浜):毎年見られる種です。 同じような場所に登場するので、見つけやすい。 体の色が、特徴的。 キンギョハナダイと一緒に泳いでいます。

 

チビハナダイ

チビハナダイ

チビハナダイ

チビハナダイ(秋の浜):泳がないタイプの種。 岩場のすき間などに住んでいます。 名前の通り小さいです。

日帰りダイビング

日帰り伊豆大島ダイビング
高速船ご利用で伊豆大島へ日帰りダイビングに行こう。
期間:5/7~31
毎日:竹芝8:15~大島15:55発

期間:6/1~30
毎日:竹芝8:15発~大島15:55発

期間:7/1~12
毎日:竹芝8:15発~大島15:55発

期間:7/13~
最盛期:出来るだけ島での滞在時間を長くとれる船便をご利用ください。

お帰り便は、橘丸

おすすめ橘丸
期間限定で運航してます橘丸でゆっくりと船旅を味わいながら・・

PHOTO

撮影してきた水中写真は、他のサイトでも掲載しています。(このサイトに掲載した写真とは違うもの)

PCでご覧になる方:伊豆大島あとぱぱダイビングサービスのスタッフブログ

スマホでご覧になる方:Instagram atopapads

新元号・令和スタート記念

新元号・令和スタート記念

新元号・令和スタート記念のおすすめプランを開催します。

多肉植物/現地販売

あとぱぱオリジナル/ワイヤークラフトと多肉植物

あとぱぱオリジナルのワイヤークラフトや多肉植物を現地販売しています。お土産にどうぞ~。

伊豆大島ダイビングフォトコンテスト2019

2019伊豆大島ダイビングフォトコンテスト

募集要項発表されました!期間中に伊豆大島へ是非どうぞ。

しまぽ通貨

2018年度のご利用期間は、終了いたしました。ご利用ありがとうございました。

2019年度のご利用開始予定は、夏に向けて準備中です。乞うご期待(^^♪


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です