toggle
2019-03-28

秋の浜でヤシャハゼを撮る

伊豆大島ダイビングログ情報

2019年3月28日(木)

  • 天候:曇り
  • 風向:南西(強い)15時ころから北東
  • ポイント:秋の浜(揺れ)
  • 水温:17度
  • 透明度:8m

午前中からお昼過ぎにかけて、強風でした。
朝の散歩は、海岸線を歩くと潮被りなるので・・別のコースをのんびりと。
午前中に雑用をこなして、午後から海へリサーチに出かけてきました。
リサーチとはいえ・・好きな被写体をじっくり撮影&満喫してくる・・だけなんですけどね。

海中は、若干・・若干?白っぽい濁りの傾向。
そろそろ春らしい海になるのでしょうか・・時期限定の海の顔色です。
まずは、ちょっと気になるオオモンカエルアンコウに立ち寄りました。
場所は、同じ!そしてポーズは、最初のスタイルに。
地面をじっと眺めてる・・。
今回は、それだけ確認して他の場所へ行きました。

最初にヒレナガネジリンボウの場所へ。
離れた場所で撮影の準備をし始めると・・お家へ引っ込んでしまいました。
う~ん、今日は機嫌がよろしくないのね。

次の場所へ。
ヤシャハゼの場所へ行くと・・ペアで泳いでいました。
同じように離れた場所で準備して撮影開始。
1匹は、時々泳いだり着底したりを繰り返していましたが、
もう1匹は、隠れたまま。

ヤシャハゼ

しばらくしてから、出てくるようになりました。
もし、ペアで撮りたい!なら離れた場所から待ちながら・・撮影したほうが良いと思います。
その距離は? 現場で判断しよう!(^^)!

ヤシャハゼ・ペア

帰りがけに再度、ヒレナガネジリンボウにちょっと立ち寄ったものの
やっぱりすぐに嫌われました。

浅場では、最近お気に入りのオオメハゼの場所へ。
何故か、あまり逃げないです。
かなり撮りやすいと・・・感じます。
ただ、小さいので~それなりの装備でどうぞ。


イソカイカムリ

  • イソカイカムリ

小さなカニで・・体にかぶさるようなカイメンを乗せています。これは、接着されているような感じで取れません。じっとしているとただのカイメンです。上手に隠れちゃいます。


 

しまぽ通貨

しまぽ通貨

2019年度しまぽ通貨のご利用開始。

期間:7月1日~2020年3月末

日帰りダイビング

日帰り伊豆大島ダイビング
高速船ご利用で伊豆大島へ日帰りダイビングに行こう。

期間:6/1~30
毎日:竹芝8:15発~大島15:55発

期間:7/1~12
毎日:竹芝8:15発~大島15:55発

期間:7/13~
最盛期:出来るだけ島での滞在時間を長くとれる船便をご利用ください。

お帰り便は、橘丸

おすすめ橘丸
期間限定で運航してます橘丸でゆっくりと船旅を味わいながら・・

PHOTO

撮影してきた水中写真は、他のサイトでも掲載しています。(このサイトに掲載した写真とは違うもの)

PCでご覧になる方:伊豆大島あとぱぱダイビングサービスのスタッフブログ

スマホでご覧になる方:Instagram atopapads

新元号・令和スタート記念

新元号・令和スタート記念

新元号・令和スタート記念のおすすめプランを開催します。

多肉植物/現地販売

あとぱぱオリジナル/ワイヤークラフトと多肉植物

あとぱぱオリジナルのワイヤークラフトや多肉植物を現地販売しています。お土産にどうぞ~。

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です