toggle
2019-06-17

スミツキベラ幼魚とケサガケベラ幼魚

伊豆大島ダイビングログ情報

2019年6月16日(日)

  • 天候:晴れ
  • 風向:南西
  • ポイント:秋の浜
  • 水温:23~22℃
  • 透明度:10~13m

土曜日は、激しい雨と・・強い北東の風。前線通過が重なり海はご機嫌斜めでした。 日曜になり快晴になりましたが・・今度は、南西風が吹き荒れて~船が全便欠航。 ((+_+)) それでも、秋の浜では海が静かになりダイビング可能でした~。


2019年6月17日(月)

  • 天候:晴れ
  • 風向:北東~南西
  • ポイント:秋の浜
  • 水温:20℃
  • 透明度:15~20m

風が弱く・・風が吹き荒れた後で空気が澄んでいる日でした。 日差しの強さは、夏! 紫外線対策をしっかりしてくださいませ!(^^)! 西側は、うねりが残っていましたが、秋の浜は静か。


今回は、小さなベラの仲間をご紹介します。 黒ベースの体色に模様があるタイプ。 幼魚の頃はほんの少しの違いですが、違う種類のベラです。

スミツキベラ幼魚

  • スミツキベラ幼魚
  • ベラ科

1㎝弱の小さな幼魚です。 ふわふわとトリッキーな泳ぎ。 黒ベースに白い模様があるのが、特徴です。成長して大きくなるにつて白い模様もさらにハッキリと。 そして、いずれ幼魚の頃の面影もないような模様に変化してしまいます。 この模様ならすぐに覚えられますよね~。黒+白+ベラの容姿=スミツキベラ幼魚


ケサガケベラ幼魚

  • ケサガケベラ幼魚
  • ベラ科

続きまして・・黒ベースの体色で黄色の模様がある子です。ベラの仲間なので容姿は、どちらも似ています。 模様の部分だけ斑点の数や色に違いがあります。 こちらも大人になると模様がガラリと変わります。 黒+黄色+ベラの容姿=ケサガケベラ幼魚 です。


幼魚の頃は、大幅に移動しないのでどうにかこうにか撮影が出来ます。 1㎝位で泳ぐので~動きに合わせえカメラをゆらゆらと・・とにかくちょっと苦労します(^^)/~~~

早朝ダイブ

早朝ダイブ|ハンマーヘッドシャーク

 

atopapaの撮影機材

 

感染防止対策のお願い

注目 感染防止対策のご協力ありがとうございます。 ご来島の際には、ご持参ください。

  • マスク(予備もご用意ください)
  • マスクケース
  • 携帯できる除菌用品(海などへ持って行こう)
  • 体温計(ダイビング日の朝に検温しましょう)
  • ハンドタオル
  • 筆記用具

この他にご自身で使用するものは、各自ご用意しましょう。 感染対策をしながら、楽しい島旅!楽しいダイビングを!

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です