toggle
2020-05-31

新しいダイビングスタイルを学ぶ~その2

 5月31日追記:大島町より今後の方針が発表されました。 来島自粛のお願いは、6月18日までに延長されました。 これを受けまして当店もこの時期まで営業自粛の延長をさせていただきます。 6月19日から営業を再開させていただきます。 皆さまのお越しをお待ちしております。


こんにちは~あとぱぱです。 新しいダイビングスタイルを学ぶ!記事を書きながら・・まずは自分が勉強しています(;^ω^) 今まで染み付いた習慣を変えるのって~大変ですが、ここは自分も含め皆さん全員の為にマナーを守るよう心がけましょう。 この手の情報は、どこのダイビングショップさんでもみんな発信してます。 ダイビングの指導団体やDANなどからの情報をもとに各店舗・お店のスタイルに合わせて対応策を掲載しているようです。 微妙に違う部分もあるかと思いますが・・まずは、しっかりみんなで気を付けよう!という気持ちが大事です。

目次

  • 距離をとろう!
  • 換気をします!
  • 医療体制をしっておこう!

 

距離をとろう!

感染をしない!感染をさせない!為にもフィジカルディスタンスは、大事です。 現地では、人口密度が低く都内などと比較して人との距離がとりやすいです。 週末やシーズン中は、それなりの人でも予想されますが、その時その時に応じて出来るだけ人との距離を保つように心がけましょう。 atopapaでは、お店の模様替えをして・・ゲストさん用のテーブルを移動させて対面で座らないように配置。 サンルーム内とデッキスペースと分かれて利用していただいたりと考えております。 移動の車内など・・どうしても距離のとりずらいタイミングもありますので、そんな時には、必ずマスク着用を心掛けましょう。

 

換気をします!

atopapaは、もともとオープンな感じのお店設備なので換気に関しては、いつもと同じ感じですね~。 でも今までよりも換気には、さらに気を付けて、扉などはオープンにさせていただきます。 移動の車内は、どうしても距離が近くなりがちなのでここでも換気を心掛けます。 換気しているスペースでは、肌寒く感じる方もいらっしゃるかと思いますので、ご自分の体感にあった服装で調整をしましょう。

 

医療体制を知っておこう!
日本国中僻地の医療体制は、どこでも同じだと思いますが・・伊豆大島では、病床数が少ない病院が1つだけあります。 その為、島では感染者が出ないようにたいへん気を使って暮らしています。 ちなみに現地で発症した場合、都内の指定医療機関へヘリコプターで搬送されます。 公共の交通機関である船での搬送は、行わないようです。
ダイビングのポイントって何処もちょっと田舎にありますよね。 そんな田舎に暮らしている人たちの事情も理解しつつ、ダイビングを楽しんで頂けたら嬉しいです。

ハチジョウタツ

ハチジョウタツ
  • 数年ぶりに登場したハチジョウタツです。 以前ご紹介した時は、ジャパピグと呼んでましたね~。 この2匹が同じエリアで見られます。 オスとメスなのかな~??
オススメ水中ライト

FIX MG350SS

レンタルしてます。

格安船賃

”島島きっぷ” で検索してみよう。

日帰りダイビング

伊豆大島から日帰りでもダイビングできます。

日帰り伊豆大島ダイビング

  • これからのシーズンの日帰りは、往路:大型客船をご利用ください。
PHOTO

水中写真が見たい方!ブログやインスタグラムでご紹介しています。

PCで見る!

スマホで見る!

 

島で育った多肉植物

伊豆大島の風に吹かれて元気に育った多肉たち

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です