toggle
2020-03-16

イロカエルアンコウ幼魚をご紹介します。|水中写真で遊び隊

伊豆大島ダイビングログ情報

2ダイブとフルセットレンタル

あとぱぱ水中写真で遊び隊

こんにちは~水中写真で遊び隊です。 コロナ騒動で暇~な日々を過ごしておりますが、日課のリサーチ?撮影?ダイビングは継続しています。 撮影のテーマは、出たとこ勝負って感じ。 その時出会えた子にビビッときたらカメラを向けるようにしています。 今回は、小さなイロカエルアンコウ幼魚を何度か訪問して撮影してきましたので、その水中写真をご紹介します。

オフシーズンに練習を開始。 しばらくイワシ騒動でお休みしていましたが、最近またスポットライト撮影の練習再開です。 ではどうぞ~。

イロカエルアンコウ幼魚

スポットライトを設置して~撮影してみました。 ライトの設置出来る場所は、状況により変わる事がありますが・・ライトの向きで写真の雰囲気も変化します。 時間的な余裕があれば、ライトの向きを変更してみるのもいいかも。

イロカエルアンコウ幼魚

被写体のポーズも訪問する度に違います。 そしてどのポジションからカメラを向けるか!で表情に変化が出てきます。 ご自分の好きな顔・表情をじっくり探してみましょう。 液晶やファインダー越しに好きな表情がみつかったら・・それが、撮影者の目線。 自分の写真になると思います。 まずは・・よく見る!

イロカエルアンコウ幼魚

3枚目は、少しライトを近くに設置してみました。 ライトを近づける事で光の当たる範囲を狭くできます。 スポット部分が明るくなり他の部分は、黒オチにしたりする場合に有効的です。

 

スポットライト撮影が出来る水中ライトは、絶賛!(^^)! レンタル中です。


  • カメラ:Canon PowerShot G7X MR2
  • ハウジング:ノーティカム
  • ライト:FIX MG350SS
  • CUレンズ:INON

 

お休み します。

  • 3月中旬ころまで(再開の時期は、お知らせします。)

 

伊豆大島日帰りツアー

 伊豆大島・日帰りスケジュール

  • 往路に大型客船を利用~島での滞在時間に余裕があります。2ダイブ可能です。 復路は、大型客船・高速船どちらでもOKです

 ファンダイビングに行こう!


 体験ダイビングに行こう!


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です