toggle
2022-04-09

アナハゼ属のタマゴをご紹介します。

伊豆大島ダイビングログ情報

注目 空いています! お電話でのお問合せの場合、海へ出かけていると出られない場合がございます。 出来るだけメールでのお問合せをお願い致します。 確認後、すぐに返信をさせていただきます。<m(__)m>


こんにちは~あとぱぱです。 大変穏やかな土曜日になりました。 日差しも暖か! 気持ちのいい日です。

今回ご紹介するのは、3月中に観察をしていたアナハゼ属のタマゴのご紹介です。 アナハゼ属は、以前は何種類か見られていたお魚です。 ここ数年、ほぼほぼみる事が出来なくなり・・今シーズンは、全く出会えていません。 ただタマゴだけはこうして見つかるのは・・??? どこか探していないような場所で暮らしているのかもですね。 日々潜っていますが、解らない事だらけ~ですね。(;^ω^)

伊豆大島で見られたカジカ科のお魚たち

 

 

アナハゼ属のタマゴ

  • 今シーズン最初に出会えたアナハゼ属のタマゴです。 まだ産みたてのようで、キラキラしたタマゴです。

アナハゼ属のタマゴ

  • あまり様子に変化はありませんが・・タマゴの中で成長している形跡が。

アナハゼ属のタマゴ

  • 近くですでに発眼しているタマゴと出会えました。

アナハゼ属のタマゴ

  • 眼の部分が少しハッキリしてきました。

アナハゼ属のタマゴ

  • なんとなんと・・別場所で見つけたこれ! かなりたくさん産み付けてました。 しかも眼がたくさん。

アナハゼ属のタマゴ

  • 違うタイプの筒状のカイメンでもタマゴが見つかりました。

アナハゼ属のタマゴ

  • そろそろハッチアウトかな~~

アナハゼ属のタマゴ

  • まだだな~~

アナハゼ属のタマゴ

  • ここは、かなり数が減ってた・・残りの子たちもそろそろだね~。

アナハゼ属のタマゴ

  • これが最後の観察となりました。 後日訪問したらカイメンの中は、空っぽ。

 

ほぼほぼ同じような写真でゴメンナサイ。 カイメンのタイプの違いで写真の色合いが変わったりします。 また使用するライトやストロボ・カメラの設定でも雰囲気が変わるのでご自身の器材に合わせて調整をしてみてください。

 


 今がチャンス! 東海汽船・船の割引情報!

ゴールデン・島とくきっぷ:5/3~5/8

学生限定・友旅きっぷ:2022/4/8~7/22


 伊豆大島・日帰りスケジュール

往復:高速船のご利用~島滞在時間約5時間です:ファン2ダイブや体験ダイビングが可能です。 *スケジュールをお問合せください。


伊豆大島ダイビングログ情報

顔各サイトへリンク

あとぱぱダイビングサービスのインスタグラム

PC版 あとぱぱダイビングサービススタッフブログ

伊豆大島 海の生き物達

Underwater Eyes Selection

リンドとマールのインスタグラム/

早朝ダイブ

早朝ダイブ|ハンマーヘッドシャーク

  • 2022年受付開始です。

 

感染防止対策のお願い

注目 感染防止対策のご協力ありがとうございます。 ご来島の際には、ご持参ください。

  • マスク(予備もご用意ください)
  • マスクケース
  • 携帯できる除菌用品(海などへ持って行こう)
  • 体温計(ダイビング日の朝に検温しましょう)
  • ハンドタオル
  • 筆記用具

この他にご自身で使用するものは、各自ご用意しましょう。 感染対策をしながら、楽しい島旅!楽しいダイビングを!

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です