toggle
2020-04-19

オオウミウマ|いろんな撮り方をしてきた。

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、国から緊急事態宣言・東京都から感染防止協力要請大島町より来島自粛のお願いなどが発表されています。 これに伴い当店では、4月11日~5月6日の期間・営業を自粛しております。


伊豆大島ダイビングログ情報

2ダイブとフルセットレンタル

あとぱぱ水中写真で遊び隊

こんにちは~あとぱぱです。 昨日の大雨のあと・・今日は、快晴です。 日差しも強く、もうTシャツでも平気なくらいの暑さでした。 さて今回は、現地ガイドさんに教えてもらって撮影してきたオオウミウマをご紹介します。 すぐに見つかったので時間をかけていろいろと撮り方を変えてみました。 撮影方法の参考にしてみてくださいませ。

オオウミウマ

  • 1枚目:砂地にある海藻につかまっているシーンです。 背景を青く出来るような状況の時には、写真の中に青を取り入れると海らしさが出ます。 ただ・・地面沿いにいるのでカメラのポジションを地面ギリギリに下げて背景が入るように工夫してみましょう。 外部ストロボで撮影しています。

オオウミウマ

  • 2枚目:砂地なので・・スポットライトの設置もラクチン(^^♪ 被写体だけに光が当たるようにライトのポジションを決めて撮影してみました。 この時は、カメラ側のストロボは、発光禁止です。 ライト撮影は、液晶で見えているような感じの写真になりますので、ライトの調整やカメラの設定も微調整しやすいかも。

オオウミウマ

  • 3枚目:2枚目と同様のスポットライト撮影です。 同じスポットライト撮影でもカメラ側の設定(絞りやシャッタースピード)を変える事で写真の仕上がり具合に変化が出てきます。 ご自身のカメラの絞りやシャッタースピードをどうすれば変えられるか・・ココラ変は、しっかり事前練習しておきましょう。

オオウミウマ

  • 4枚目:3枚目よりも更に明るめに撮影してみました。 これも同様・・カメラ側の設定を変えております。 写真全体の明るさを自分の好みに合うように調整出来るようになりましょう。

オオウミウマ

  • 5枚目:これは・・おまけ(;^ω^) 顔にヨコエビの仲間が飛び乗ってきた!所です。

自粛生活中にお家でシミュレーションしてみましょうか!

オススメ水中ライト

FIX MG350SS

レンタルしてます。

格安船賃

”島島きっぷ” で検索してみよう。

日帰りダイビング

伊豆大島から日帰りでもダイビングできます。

日帰り伊豆大島ダイビング

今の時期のオススメ

  • 往路:客船
  • 復路:客船か高速船

 

PHOTO

水中写真が見たい方!ブログやインスタグラムでご紹介しています。

PCで見る!

スマホで見る!

 

島で育った多肉植物

伊豆大島の風に吹かれて元気に育った多肉たち

 

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です