toggle
2019-02-15

穴の奥にヌノサラシ幼魚

2019年2月15日(金)雨雲り・北東の風
昨日に引き続き気温が低めです。
テレビでは、横浜で雪が降っている映像が・・。寒いわけですね。
体を冷やさないように・・なんて思いながらも海へ出かけてきました。
秋の浜:水温17℃・透明度15m。
コースにも多少の違いはあるものの、右のコースの斜面沿いは、とにかく魚影が濃いです。
しかも2月の中旬にこれ!ってすごい。
そんな事を思いながら、あれこれと撮影を楽しんできました。

ではでは、そろそろ写真のお時間です~どうぞ。


サガミイロウミウシ

サガミイロウミウシ?:小さい子でした。模様がいまいちできっていないのか・・サガミイロでいいかな?


アカホシカクレエビ

アカホシカクレエビ:綺麗なウミトサカの上に住んでいた子です。


ホヤカクレエビ

ホヤカクレエビ:黄色のカイメンの上にて・・


ヌノサラシ幼魚

ヌノサラシ幼魚:穴の奥の方に潜んでいました。ココじゃ無理でしょ!と思いながらの諦めなければ・・稀に運よく撮れたりね~。

 

てなわけで・・おしまい(-。-)y-゜゜゜


■撮影してきた水中写真は、他のサイトでも掲載しています。(このサイトに掲載した写真とは違うもの)


■ダイビングの支払いにしまぽ通貨ご利用頂けます。

  • ご利用期間:2019年3月末まで
  • 7000円で10000円分のご利用が出来ます。 (内訳3000円は、宿泊費専用 7000円は、なんでもOK)

公式サイトで詳細をご確認ください。


■寒中体験ダイビング チャレンジャー募集

当店の体験ダイビングは、ウエットスーツで潜ります。 今のところ水温18~17℃なので・・チェレンジ難易度は、ほどほどでしょうか。 綺麗な冬の海を満喫しに伊豆大島へ是非どうぞ。 平成最後のチャンレジって事で、寒中体験ダイビングは、オススメです。


オススメ水中ライト

FIX MG350SS

レンタルしてます。

格安船賃

”島島きっぷ” で検索してみよう。

日帰りダイビング

伊豆大島から日帰りでもダイビングできます。

日帰り伊豆大島ダイビング

  • これからのシーズンの日帰りは、往路:大型客船をご利用ください。
PHOTO

水中写真が見たい方!ブログやインスタグラムでご紹介しています。

PCで見る!

スマホで見る!

 

島で育った多肉植物

伊豆大島の風に吹かれて元気に育った多肉たち

 

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です