ダイビングログ情報

2016年12月29日(木)秋の浜でのんびりとダイビングです。

 オオモンカエルアンコウ

 

イロカエルアンコウ幼魚

 

写真:浅場で見られているオオモンカエルアンコウ(上)とイロカエルアンコウ幼魚(下)です。姿かたちは、ほんとによく似ているのであります(^^♪

 

2016年12月29日(木)晴れ曇り・南西の風(強い)

お昼頃から風が強くなりはじめました。秋の浜は、昨日の強風の影響が少しだけ残り微妙なうねりありです。それでも、ダイビングには問題なしでした。

秋の浜:水温18度・視界10~15m。ゆっくりと潜りながら~最近の人気者を見てきました。クマドリカエルアンコウは、2か所で。オオモンカエルアンコウやイロカエルアンコウ幼魚も同じ場所で観察出来ています。今回のニシキフウライウオのオスは、アオサハギと一緒に居ました。カミソリウオもほぼ似たような場所でした。他には、ホソウミヤッコ・ホシテンス幼魚・ヨコシマクロダイ幼魚・クビアカハゼ・テンクロスジギンポなどなど。

浅場では、穴の奥にフリソデエビのペアが見られました。今日も魚影は濃い~ままです。(^^♪

 


今回のマダラタルミ幼魚は、かなり動きがスローになっていました。

マダラタルミ幼魚

 

 


 クリック  ときどき・・伊豆大島ダイビング情報もチェックしよう!(^^)!


click01 年末まで船(東海汽船)の割引してます!

客船を利用の場合 往復で¥4000 (@_@) *自転車持ち込みなし!でも大丈夫だそうです・・(^^♪

高速船を利用の場合 往復で¥6000 (@_@)

どちらもご利用便と席の指定がありますので、詳細をよくご確認ください。


ファンダイビングコースのご案内


体験ダイビングコースのご案内


元気です!伊豆大島伊豆大島観光復興事業 宿泊費助成サービスのお知らせ

  • 申請方法をよくご確認ください。
  • 1泊につき¥3000 2泊で¥6000
  • 指定の旅行社ツアーでもご利用できます。

関連記事に注目 船の割引制度を利用しよう


温泉 6月より元町地区の温泉施設 御神火温泉と浜の湯 料金の変更いたしました。


click01 防寒対策をしっかりして伊豆大島でのダイビングを満喫してください。


残念

  • 大島温泉ホテルは、三原山山頂付近(高所)にある為、ファンダイビング後の宿泊はお薦めできません。
  • 大島温泉ホテルは、当店の送迎エリア外になります。

2016-12-29 | Posted in Gallery, ダイビングログ情報Comments Closed 

 

2016年12月27日(火)今日の出会いは、キンチャクガニです。

 キンチャクガニ

 

2016年12月27日(火)雨・南西の風(強い)
今日は、午前中からあめが降り出しました。前線通過で風も強く朝の高速船は、欠航。この風向きの時には西側は大荒れですが、秋の浜は、静か~です。

秋の浜:水温18度・視界10~15m。エントリーすると、先日より視界が良くなっているのに気が付きました。最初にカメらを向けたのは~ヒヅメコシオリエビです。カイメンの根本に住み着いていました。沖へ出ていくと、ニシキオオメワラスボが泳いでいました。他には、ウミウサギの仲間をいくつか・・ヤギに住み着く透明のエビやクシノハカクレエビなど。散策中には、カミソリウオにも出会えました。

浅場では、久しぶりにキンチャクガニに出会えました。胴体は、5mmくらいの個体でした。小さなイソギンチャクを持ってフリフリしている仕草は、いつ見ても、可愛らしいです!(^^)!

 


水底から少し浮いてにょろにょろ泳ぐニシキオオメワラスボです。

ニシキオオメワラスボ


カイメンに住んでいるヒヅメコシオリエビです。

ヒヅメコシオリエビ


カイメンの中に住んでいるクシノハカクレエビです。

クシノハカクレエビ


久しぶりに出会えたタマガワコヤナギウミウシです。

タマガワコヤナギウミウシ


岩場に住んでいるイレズミハゼ属1種です。

イレズミハゼ属1種

 


キンチャクガニの動画です。


 クリック  ときどき・・伊豆大島ダイビング情報もチェックしよう!(^^)!


click01 年末まで船(東海汽船)の割引してます!

客船を利用の場合 往復で¥4000 (@_@) *自転車持ち込みなし!でも大丈夫だそうです・・(^^♪

高速船を利用の場合 往復で¥6000 (@_@)

どちらもご利用便と席の指定がありますので、詳細をよくご確認ください。


ファンダイビングコースのご案内


体験ダイビングコースのご案内


元気です!伊豆大島伊豆大島観光復興事業 宿泊費助成サービスのお知らせ

  • 申請方法をよくご確認ください。
  • 1泊につき¥3000 2泊で¥6000
  • 指定の旅行社ツアーでもご利用できます。

関連記事に注目 船の割引制度を利用しよう


温泉 6月より元町地区の温泉施設 御神火温泉と浜の湯 料金の変更いたしました。


click01 防寒対策をしっかりして伊豆大島でのダイビングを満喫してください。


残念

  • 大島温泉ホテルは、三原山山頂付近(高所)にある為、ファンダイビング後の宿泊はお薦めできません。
  • 大島温泉ホテルは、当店の送迎エリア外になります。

 

2016-12-27 | Posted in Gallery, ダイビングログ情報, 水中動画Comments Closed 

 

2016年12月26日(月)ご機嫌だったニシキヤッコ幼魚です。

 ニシキヤッコ幼魚

 

2016年12月26日(月)晴れ曇り・北東の風(弱い)
風が弱いので、外での作業もはかどります(^^♪
秋の浜:水温18度・視界10m。今日ものんびりと~遊んできました。すでにあれこれと撮影済みなのですが~久しぶりにハナヤカケボリを確認出来ました。
住んでいるトサカの仲間がしょんぼりした状態だったので、見つけやすかったです。また、トサカの状態がいい時に訪問しようと思います。お気に入りのヤマブキハゼの場所でゆっくり遊んでから帰りました。浅場では、またまたシマキンチャクフグ幼魚が目に留まりました。すでに何度も撮影しているにもかかわらず・・また撮る(-.-)
好調だったのは、ニシキヤッコ幼魚です。前回よりは、ほんの少し手前で見ることが出来ました。最終的には、奥へ戻ってしまいました。

 


浅場で出会えたシマキンチャクフグ幼魚です。

シマキンチャクフグ幼魚


お気に入りのタスジウミシダウバウオです。

タスジウミシダウバウオ


こちらもお気に入りのヤマブキハゼです。

ヤマブキハゼ

 


 クリック  ときどき・・伊豆大島ダイビング情報もチェックしよう!(^^)!


click01 年末まで船(東海汽船)の割引してます!

客船を利用の場合 往復で¥4000 (@_@) *自転車持ち込みなし!でも大丈夫だそうです・・(^^♪

高速船を利用の場合 往復で¥6000 (@_@)

どちらもご利用便と席の指定がありますので、詳細をよくご確認ください。


ファンダイビングコースのご案内


体験ダイビングコースのご案内


元気です!伊豆大島伊豆大島観光復興事業 宿泊費助成サービスのお知らせ

  • 申請方法をよくご確認ください。
  • 1泊につき¥3000 2泊で¥6000
  • 指定の旅行社ツアーでもご利用できます。

関連記事に注目 船の割引制度を利用しよう


温泉 6月より元町地区の温泉施設 御神火温泉と浜の湯 料金の変更いたしました。


click01 防寒対策をしっかりして伊豆大島でのダイビングを満喫してください。


残念

  • 大島温泉ホテルは、三原山山頂付近(高所)にある為、ファンダイビング後の宿泊はお薦めできません。
  • 大島温泉ホテルは、当店の送迎エリア外になります。

2016-12-26 | Posted in Gallery, ダイビングログ情報Comments Closed 

 

2016年12月25日(日)今日の出会い!は、サビウツボです。

 サビウツボ

 

 

2016年12月25日(日)晴れ曇り・北東の風
冬らしい気温の1日でした。秋の浜:水温18度・視界10m。

今日もゆっくりと沖へ出ていくと、魚影が濃いエリアがありました。砂地では、オニハゼ属の1種が見られましたが、今回は鰭が立っていません・・(-.-)  こんな時もあるんですよね。移動するとセミホウボウ幼魚がうろうろ。オドリカクレエビも同じ場所で見られました。ムチカラマツやネジレカラマツには、ムチカラマツエビが住み着いていました。数か所で見られています。ペアで居る事もあります。カイメンの中を覗いてみると、タマゴが産み付けてありました。まだ産みたてのようです。タブン・・オビアナハゼのタマゴかな・・最後は、久しぶりに出会えたサビウツボを見てあがりました。

 


今回は、鰭がしょんぼりしていたオニハゼ属の1種です。

オニハゼ属の1種


小振りなセミホウボウに出会えました。12~3cmでした。

セミホウボウ


ネジレカラマツに住んでいたムチカラマツエビのペアです。

ムチカラマツエビ


今回のオドリカクレエビは、まったく踊っていませんでした・・

オドリカクレエビ


オオパンカイメンにタマゴを産み付けていたセボシウミタケハゼです。

セボシウミタケハゼとタマゴ


筒状のカイメンの中には、オビアナハゼのタマゴが産みつけてありました

オビアナハゼのタマゴ

 


 クリック  ときどき・・伊豆大島ダイビング情報もチェックしよう!(^^)!


click01 年末まで船(東海汽船)の割引してます!

客船を利用の場合 往復で¥4000 (@_@) *自転車持ち込みなし!でも大丈夫だそうです・・(^^♪

高速船を利用の場合 往復で¥6000 (@_@)

どちらもご利用便と席の指定がありますので、詳細をよくご確認ください。


ファンダイビングコースのご案内


体験ダイビングコースのご案内


元気です!伊豆大島伊豆大島観光復興事業 宿泊費助成サービスのお知らせ

  • 申請方法をよくご確認ください。
  • 1泊につき¥3000 2泊で¥6000
  • 指定の旅行社ツアーでもご利用できます。

関連記事に注目 船の割引制度を利用しよう


温泉 6月より元町地区の温泉施設 御神火温泉と浜の湯 料金の変更いたしました。


click01 防寒対策をしっかりして伊豆大島でのダイビングを満喫してください。


残念

  • 大島温泉ホテルは、三原山山頂付近(高所)にある為、ファンダイビング後の宿泊はお薦めできません。
  • 大島温泉ホテルは、当店の送迎エリア外になります。

2016-12-25 | Posted in Gallery, ダイビングログ情報Comments Closed 

 

2016年12月24日(土)今日の出会い!は、ガラスハゼとイボイソバナガニとムチカラマツエビです。

ガラスハゼとイボイソバナガニとムチカラマツエビ

 

2016年12月24日(土)晴れ・北東の風
風が弱めでいいお天気。西側は、うねりが残りましたが秋の浜は、問題なしで潜れました。秋の浜:水温18度・視界10m。

のんびりダイビングのリクエストで潜ってきました。沖へ出る途中、クマドリカエルアンコウ幼魚を見た後に前方を見ると~イサキが群れで川のように横切っていました。帰りのタイミングでも大量のイサキやタカベが通過。この季節でも、魚影は濃いですね~~!(^^)!

沖では、ムチカラマツに住むイボイソバナガニとガラスハゼそして後で気が付いたのですが、ムチカラマツエビまで同居していました。別の場所では、ムチカラマツエビがペアで見られました。他には、アオサハギ・カミソリウオ・ヤマブキハゼ・などを見て浅場へ戻りました。

2本目は、コースを変えて。最初にオトメハゼが目に留まりました。砂地のエリアでは、ホシテンス幼魚が数個体。色違いが見られました。ヨコシマクロダイ幼魚を見て移動すると~タツナミガイに乗ったウミウシカクレエビと出会えました。綺麗なエビでお気に入りです。浅場では、オオモンカエルアンコウ・イロカエルアンコウ幼魚・クマドリカエルアンコウ幼魚・フリソデエビ・シマキンチャクフグ幼魚・ホヤカクレエビ・タテジマキンチャクダイ幼魚・などなど。

印象に残ったのは、ミヤケテグリ幼魚です。今回出会えたのは、1cm弱個体。少し出遅れ気味の子ですね~。

 


久しぶりに出会えたタツナミガイに乗ったウミウシカクレエビです。

ウミウシカクレエビ


まだ小さなミヤケテグリ幼魚でした。かわいいサイズです。

ミヤケテグリ幼魚


浅場のイロカエルアンコウ幼魚です。同じ岩の上をうろうろしています。

イロカエルアンコウ幼魚


時々出会えるホヤカクレエビです。小さい~です。

ホヤカクレエビ


毎回、居場所が違う・・シボリキンチャクフグ幼魚です。

シボリキンチャクフグ幼魚


いつものクビアカハゼです。4cm弱の個体です。

クビアカハゼ

 


 クリック  ときどき・・伊豆大島ダイビング情報もチェックしよう!(^^)!


click01 年末まで船(東海汽船)の割引してます!

客船を利用の場合 往復で¥4000 (@_@) *自転車持ち込みなし!でも大丈夫だそうです・・(^^♪

高速船を利用の場合 往復で¥6000 (@_@)

どちらもご利用便と席の指定がありますので、詳細をよくご確認ください。


ファンダイビングコースのご案内


体験ダイビングコースのご案内


元気です!伊豆大島伊豆大島観光復興事業 宿泊費助成サービスのお知らせ

  • 申請方法をよくご確認ください。
  • 1泊につき¥3000 2泊で¥6000
  • 指定の旅行社ツアーでもご利用できます。

関連記事に注目 船の割引制度を利用しよう


温泉 6月より元町地区の温泉施設 御神火温泉と浜の湯 料金の変更いたしました。


click01 防寒対策をしっかりして伊豆大島でのダイビングを満喫してください。


残念

  • 大島温泉ホテルは、三原山山頂付近(高所)にある為、ファンダイビング後の宿泊はお薦めできません。
  • 大島温泉ホテルは、当店の送迎エリア外になります。

2016-12-24 | Posted in Gallery, ダイビングログ情報Comments Closed 

 

2016年12月23日(金)今日は、マイクロ魚眼レンズで楽しんできました。

 ニシキフウライウオのオス

 

2016年12月23日(金)晴れ・西風強い
昨夜は、前線が通過。夜は、台風なみの風が吹き荒れました。日中もそのまま強めの西風で高速船は、全便欠航になってしまいました。こんな時期は、大型客船が安心ですかね。。西側の海は大荒れですが、秋の浜は静かでダイビングが楽しめました。

水温19~18度・視界10m~。船が欠航して体験ダイビングがキャンセルになったので~記念写真サービス用に準備していたカメラで楽しんできました。イノン社製のマイクロ魚眼レンズを装着しています。このレンズで撮影出来そうな被写体をメインに潜ってきました。ニシキフウライウオのオスやカミソリウオのペア・ネッタイミノカサゴ幼魚・イロカエルアンコウ幼魚などです。レンズを被写体に寄せて~撮影するので、逃げないような生き物がオススメ。背景が広角になりますので、バディーと一緒に被写体を撮影したりするのも楽しいですよ!

 


マイクロ魚眼レンズには、オススメのニシキフウライウオのオスです。 マイクロ魚眼レンズは、テレ側にズームをして写っている部分の調整をします。この写真は、仕上りが丸くなるようなズーム位置で撮影しています。 上の写真は、テレ側にズームして黒い部分をないように調整して撮影しました。

ニシキフウライウオのオス


カミソリウオのペアにも出会えたので、マイクロ魚眼レンズで撮影してみました。 背景のゴミの写り込みが、星空のように見えるな~!(^^)!

カミソリウオのペア


大きさは、3cmくらいのネッタイミノカサゴ幼魚です。

ネッタイミノカサゴ幼魚


浅場のイロカエルアンコウ幼魚です。ちょっと居場所が撮影には無理がある感じですが・・

イロカエルアンコウ幼魚


毎度の事ながら~こんな感じのセルフィー写真も楽しめます。

あとぱぱダイビングサービス

 

マイクロ魚眼レンズに関する過去の記事 

 

マイクロ魚眼レンズを使用して体験ダイビング記念撮影サービスの写真

 


 クリック  ときどき・・伊豆大島ダイビング情報もチェックしよう!(^^)!


click01 年末まで船(東海汽船)の割引してます!

客船を利用の場合 往復で¥4000 (@_@) *自転車持ち込みなし!でも大丈夫だそうです・・(^^♪

高速船を利用の場合 往復で¥6000 (@_@)

どちらもご利用便と席の指定がありますので、詳細をよくご確認ください。


ファンダイビングコースのご案内


体験ダイビングコースのご案内


元気です!伊豆大島伊豆大島観光復興事業 宿泊費助成サービスのお知らせ

  • 申請方法をよくご確認ください。
  • 1泊につき¥3000 2泊で¥6000
  • 指定の旅行社ツアーでもご利用できます。

関連記事に注目 船の割引制度を利用しよう


温泉 6月より元町地区の温泉施設 御神火温泉と浜の湯 料金の変更いたしました。


click01 防寒対策をしっかりして伊豆大島でのダイビングを満喫してください。


残念

  • 大島温泉ホテルは、三原山山頂付近(高所)にある為、ファンダイビング後の宿泊はお薦めできません。
  • 大島温泉ホテルは、当店の送迎エリア外になります。

 

2016-12-23 | Posted in Gallery, ダイビングログ情報Comments Closed 

 

2016年12月22日(木)今日の綺麗!は、ハタタテハゼです。

 ハタタテハゼ

 

2016年12月22日(木)晴れ曇り・南西の風
生温かい風が吹いていました。風が強くなり始めると更に気温が上昇。今夜は、荒れそうです(^_-)-☆

秋の浜:水温19~18度・視界10m~。南西の風の時には、秋の浜はナギです。ぶら~と沖へ出て、ヤギの仲間に乗っているアカホシカクレエビを見たり・・ニシキフウライウオを確認したり・・ミスジスズメダイを見たり・・壁沿いのコースに出てスミレナガハナダイ幼魚やハナゴンベを見た後に~
チンアナゴがにょろにょろと出ていました。流れてくるエサを食べているようです。

戻りながら、ワニゴチやハタタテハゼ・クビアカハゼを見て浅場へ。久しぶりにマダラタルミ幼魚と遊びました。浅場では、フリソデエビ・クマドリカエルアンコウ幼魚・アオノメハタ幼魚を見てから上がりました。

 


砂地から体を伸ばして~お食事中のチンアナゴです。

チンアナゴ


広い範囲をよく泳いでいるマダラタルミ幼魚です。

マダラタルミ幼魚


小さな個体の他に・・お手頃サイズのフリソデエビにも出会えました。

フリソデエビ

 


 クリック  ときどき・・伊豆大島ダイビング情報もチェックしよう!(^^)!


click01 年末まで船(東海汽船)の割引してます!

客船を利用の場合 往復で¥4000 (@_@) *自転車持ち込みなし!でも大丈夫だそうです・・(^^♪

高速船を利用の場合 往復で¥6000 (@_@)

どちらもご利用便と席の指定がありますので、詳細をよくご確認ください。


ファンダイビングコースのご案内


体験ダイビングコースのご案内


元気です!伊豆大島伊豆大島観光復興事業 宿泊費助成サービスのお知らせ

  • 申請方法をよくご確認ください。
  • 1泊につき¥3000 2泊で¥6000
  • 指定の旅行社ツアーでもご利用できます。

関連記事に注目 船の割引制度を利用しよう


温泉 6月より元町地区の温泉施設 御神火温泉と浜の湯 料金の変更いたしました。


click01 防寒対策をしっかりして伊豆大島でのダイビングを満喫してください。


残念

  • 大島温泉ホテルは、三原山山頂付近(高所)にある為、ファンダイビング後の宿泊はお薦めできません。
  • 大島温泉ホテルは、当店の送迎エリア外になります。

2016-12-22 | Posted in Gallery, ダイビングログ情報Comments Closed 

 

2016年12月21日(水)今日の綺麗!はニシキフウライウオのオスです。

ニシキフウライウオのオス

2016年12月21日(水)晴れ・北東の風
朝から素敵なお天気でした。

秋の浜:水温19~18度・視界10m~。今日ものんびりと散策を楽しんできました。沖では、週末に出会えたカミソリウオがペアで見られました。ペアで並んでいる所。綺麗なヤギの前に居たのですが・・写真を後で見ると、これに重なると擬態しているのがよく解りました。写真としては、解るにくくなってしまうのですが~カミソリウオにとっては、こうして捕食者に見つからないようにしているのでしょう。

他には、ニシキフウライウオのオス・カゲロウカクレエビ・クビアカハゼ・オオモンカエルアンコウ・フリソデエビ・シマキンチャクフグ幼魚・シボリキンチャクフグ幼魚・などなどを見て楽しんできました。


今回は、こんな感じで潜んでいた・・カミソリウオのペアです。メスは、お腹にタマゴあり。

カミソリウオのペア


毎年何度か出会えるエソの仲間・レッドマーブルドリザードフィッシュです。

レッドマーブルドリザードフィッシュ


今年もカゲロウカクレエビが見られる季節がやってきました。

カゲロウカクレエビ

 


ニシキヤッコ幼魚の動画です。

 


 クリック  ときどき・・伊豆大島ダイビング情報もチェックしよう!(^^)!


click01 年末まで船(東海汽船)の割引してます!

客船を利用の場合 往復で¥4000 (@_@) *自転車持ち込みなし!でも大丈夫だそうです・・(^^♪

高速船を利用の場合 往復で¥6000 (@_@)

どちらもご利用便と席の指定がありますので、詳細をよくご確認ください。


ファンダイビングコースのご案内


体験ダイビングコースのご案内


元気です!伊豆大島伊豆大島観光復興事業 宿泊費助成サービスのお知らせ

  • 申請方法をよくご確認ください。
  • 1泊につき¥3000 2泊で¥6000
  • 指定の旅行社ツアーでもご利用できます。

関連記事に注目 船の割引制度を利用しよう


温泉 6月より元町地区の温泉施設 御神火温泉と浜の湯 料金の変更いたしました。


click01 防寒対策をしっかりして伊豆大島でのダイビングを満喫してください。


残念

  • 大島温泉ホテルは、三原山山頂付近(高所)にある為、ファンダイビング後の宿泊はお薦めできません。
  • 大島温泉ホテルは、当店の送迎エリア外になります。

 

2016-12-21 | Posted in Gallery, ダイビングログ情報, 水中動画Comments Closed 

 

2016年12月20日(火)今日の出会い!は、ニシキヤッコ幼魚です。

ニシキヤッコ幼魚

 

2016年12月20日(火)晴れ曇り・北東~南西の風
気温が高めの日が続いています。いい陽気です。

秋の浜:水温19~18度・視界10m~。右のコースを沖へ出てみました。斜面を泳いでいると、キンギョハナダイがすごくおおい!です。この中を泳ぐのは、気持ちがいいですね~!(^^)!  最初に目に留まったのは、ノコギリハギ幼魚でした。ヤギの仲間に寄り添うように佇んでいました。以前見かけたクダゴンベの場所へ立ち寄ると~今回も出会う事が出来ました。ほんとに綺麗なお魚です。ハナゴンベ幼魚に少し立ち寄ってから帰りました。

浅場では、少し場所を動いていたオオモンカエルアンコウに再会。イロカエルアンコウ幼魚も岩に張り付いていました。クマドリカエルアンコウ幼魚は、のそのそ・・・最後は、カンムリベラ幼魚を数個体見て上がりました。

印象に残ったのは、ニシキヤッコ幼魚です。もちろん、初めて見たお魚です。大きさは、4cm前後でした。岩陰の奥の方でチョコチョコしている様子が見られました。鮮やかな体色で綺麗だったな~~!(^^)!

 


ヤギの仲間に乗っていたクダゴンベです。

クダゴンベ


今日のハナゴンベ幼魚は、外に出ていました。

ハナゴンベ幼魚


浅場のオオモンカエルアンコウは、のそのそと移動中です。

オオモンカエルアンコウ


こんな時期に~カンムリベラ幼魚が数個体集合していました。

カンムリベラ幼魚

 


 クリック  ときどき・・伊豆大島ダイビング情報もチェックしよう!(^^)!


click01 年末まで船(東海汽船)の割引してます!

客船を利用の場合 往復で¥4000 (@_@) *自転車持ち込みなし!でも大丈夫だそうです・・(^^♪

高速船を利用の場合 往復で¥6000 (@_@)

どちらもご利用便と席の指定がありますので、詳細をよくご確認ください。


ファンダイビングコースのご案内


体験ダイビングコースのご案内


元気です!伊豆大島伊豆大島観光復興事業 宿泊費助成サービスのお知らせ

  • 申請方法をよくご確認ください。
  • 1泊につき¥3000 2泊で¥6000
  • 指定の旅行社ツアーでもご利用できます。

関連記事に注目 船の割引制度を利用しよう


温泉 6月より元町地区の温泉施設 御神火温泉と浜の湯 料金の変更いたしました。


click01 防寒対策をしっかりして伊豆大島でのダイビングを満喫してください。


残念

  • 大島温泉ホテルは、三原山山頂付近(高所)にある為、ファンダイビング後の宿泊はお薦めできません。
  • 大島温泉ホテルは、当店の送迎エリア外になります。

2016-12-20 | Posted in Gallery, ダイビングログ情報Comments Closed