ダイビングログ情報

マツバギンポのレッドアイは、ステキ

3月24日(月)晴れ・南西
朝のワンコとのお散歩も寒さを感じなくて気持ちのいい陽気です。
今日も午後スタートで1回潜ってきました。
秋の浜:水温15~14度・視界8~10m
少し浮遊物が目立ちます。
最初に目に留まったのは、コマチガニでした。
小さ目のウミシダに住んでいるわりに大き目の個体でした。
お気に入りのクダヤギで少し遊んでからもう少し先に行こうと思ったら・・
ウミトサカが横倒しになるような流れ(>_<) Uターンして帰りました。
ウデフリツノザヤウミウシが海藻の上に乗っていたり・・
小さ目のオキゴンベが大きなウミトサカにいたり・・
大き目のオキゴンベがジュヅエダカリナにのっていたり・・
最後は、浅場でマツバギンポのレッドアイを撮って帰りました。
先日のフタホシニジギンポのグリーンアイもいいけど・・
このレッドアイもいけてます(^_-)-☆

 

マツバギンポ

マツバギンポ

2014-03-24 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

ヒラミルミドリガイは、擬態が上手

3月23日(日)晴れ・北東~南西
3連休最終日ですが、今日は、ゲストさんが居ない(-_-;)ので・・
お預かり器材を干して・・エアチャージをして・・植物たちに水をあげて・・
車を掃除して・・午後から海へ行きました。

秋の浜:水温15度台・視界13~15m
今日は、皆さんお帰りの日なのでこの時間帯は、もうガラガラ。
まずはネジレカラマツに住んでいるビシャモンエビを確認。
近くでは、ベニキヌヅツミも見られています。
オキゴンベは、相変わらず・・多め。
ハナオトメウミウシは、全然動きません。
今回も2個体。これを食べているのでしょうか・・

帰りながらヒブサミノ・ミツイラメリ・ハナミドリガイ・セトミドリガイ・
スポンジ・イガグリ・キイロ・シラユキ・ユビなどのウミウシを堪能してきました。

こりゃ・・明日もウミウシじゃ~!(^^)!

DETA   OLYMPUS  XZ-1  PCU-01

ヒラミルミドリガイ

ヒラミルミドリガイ

 

2014-03-23 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

フタホシニジギンポの眼は、グリーンアイ

3月22日(土)晴れ・北東~南西
3連休の中日もいい天気です。
引き続き本日もセルフゲストさんと秋の浜で2ダイブです。
午前中は、風の影響で少し波でしたが、午後には風向きが変わり穏やかな海になりました。
水温14~15度台・視界15m
沖合では、久しぶりにシモダイロウミウシに出会えました。
側では、スジハナダイクダゴンベが見られました。
ボンジイボは、以前とほとんど同じ場所に居ます。
2本目は、テントウウミウシが数か所で見つかりました。
その中でペアで居る場所もありました。
後で写真をみると、そばに極小のウミウシ・・ミドリアマモのような奴もいました。
よく見られているアオボシミドリガイが2匹並んでいたり・・
ヒラミルミドリガイが居たり・・
エダウミウシが居たり・・

最後は、イワシの仲間の群れの中を通過してエキジットしました。

DETA  OLYMPUS  XZ-1  PCU-01  LE350

素敵なグリーアイ!(^^)!

2014-03-22 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

ウデフリツノザヤウミウシは、小さいのが可愛い

3月21日(金)晴れ・西
朝のうちは、風が弱かったのですがどんどん吹き始めました。
西側は、波となりみなさん秋の浜に集合です。
秋の浜:水温15度台・視界10~13m
今回は、セルフゲストさんだけだったので一緒に移動して2ダイブしてきました。
1本目は、右側へ行きました。
相変わらずこの斜面にはお魚が多いです。
テングダイや大きなクロアナゴを見てうろうろしていると、
ウミトサカに寄り添う立派なマツカサウオが数個体。
なかなか面白い景色だと思います。
かといって・・そんな簡単に撮れるものでもなく、寄ると逃げてしまいます。
次回は、慎重に行こう・・(^^♪
戻りながらウミウシ散策です。
2本目は、正面へ。
このコースでも・・やっぱりウミウシ!(^^)!
本日の成果は~~
シロ・ニシキ・アズキ・ハナミドリガイ・チゴミドイリガイ・ヒブサ・ユビ・
スイートジェリー・ルージュ・など。
可愛かったのは、小さなウデフリツノザヤ。

DETA   OLYMPUS  XZ-1  PCU-01

ウデフリツノザヤウミウシ

ウデフリツノザヤウミウシ

2014-03-21 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

ムラクモコダマウサギの集合写真

3月19日(水)晴れ・北東
西側は少しうねりが残り、秋の浜は北東風のです。
午前中に秋の浜で潜ってきました。
水温15度台・視界10~13m
今日は、左の砂地へ遊びに行きました。

最初に出会ったのは、コウイカです。
20cm以上ある個体でした。
今現在、数か所でタマゴが産み付けられているのでこの個体も親なのかも・・
次は、ベニキヌヅツミ。細長いタイプのウミウサギの仲間です。
ウミエラには、ウミシャボテンカニダマシが見られました。
鋏脚が、片方取れちゃってる子でした。
白いウミトサカには、いつものコシオリエビの仲間やオキゴンベygです。
ここら辺からUターンして帰りました。

浅場では、アズキウミウシやミヤコウミウシなどが見られました。
明日は、荒れた天気になりそう・・・な予報です。

DETA  OLYMPUS  XZ-1  UCL-165-M67

ムラクモコダマウサギ

ムラクモコダマウサギ

2014-03-19 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

海藻の先端に居た小さなコモンウミウシ

3月18日(火)曇り・南西*春一番
気温の高い日です。風が吹き荒れています。
春一番が吹き西側は、波・・秋の浜は、ベタナギのパターンです。

秋の浜:水温15度台・視界10m~
また水温が15度に戻り、ちとラクチンです。(^^♪
水面から見ても解るほどの流れでした。
流れに当たらないよう壁沿いを沖へ出てみました。
最初に40cmくらいのコブダイが前を通過。
トラフケボリは、2個体・ムラクモコダマウサギは、3個体一緒に居ました。
ロボコンの愛称で呼ばれているアナモリチュウコシオリエビを撮りました。
中層のイサキなどは、かなりの数でした。

他には、ウミウシがいろいろと見られました。
小さ目の子が多いのでマクロレンズがあると重宝すると思います。
ヤマトワグシ・ヨゾラミドリガイ・エダウミウシ・ニイニイミノ・クロスジ・
コモン・サラサ・カメノコフシエラガイの白バージョン・などなど。

気がついたらほとんどウミウシを撮ってました。
唯一お魚は・・アオサハギですね。

印象に残ったのは、ヨコエビの仲間です。
先日は、ピンクの子が見つかったのですが・・
今回は、白い子でした。この子は、やや大き目。
個人的には、この白タイプはお初でした。

DETA  OLYMPUS  XZ-1  PCU-01

海藻の上に乗っていたコモンウミウンシを下から覗きこんでみました。

コモンウミウシ

2014-03-18 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

ヒブサミノウミウシが増えてきました。

3月17日(月)晴れ・北東~南西
穏やかな天気で洗濯日和!です・・よね。
てなわけで、我が家のウランとマロンは、しっかり洗濯・・いやいやシャンプーしてもらってました。

午前中に雑用をこなして、午後から秋の浜へ。
ベタナギ~の海でした。
昨日と同じ15度だと思って入ったら13度台(>_<)
く~~1日だけだったか・・
いつものように散策開始。今日は、ナカソネカニダマシと出会えました。
ウミトサカの仲間に住み着いている綺麗なヤツです。
移動すると、今度は、脱皮したあとの抜け殻が・・
浅場へ戻りながらウミシダを覗くとコマチコシオリエビ
そのあとは・・変な生き物やら・・艶かしいピンク色のヨコエビ仲間や・・ベニカエルアンコウや・・
海には、いろんな生き物がいるもんだ~(^_-)-☆

 

DETA  OLYMPUS  XZ-1  UCL-165-M67

大島では、よく見られるヒブサミノウミウシです。ミノの部分は、素敵な色合いです。

ヒブサミノウミウシ

ヒブサミノウミウシ

2014-03-17 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

流れが入ってアカクラゲがやってきた。

3月16日(日)晴れ・南西
朝から南西の風が吹き始め、かなり強くなりました。
昨日に引き続きマンツーマンで2ダイブしてきました。

秋の浜:水温15度台・視界13~15m
沖へ出ると流れが・・・その流れが温かい!
水温は、2度上昇しました。この2度は、お魚たちも嬉しいらしく元気に泳いでいました。
イサキの群れも目の前を通過したり・・
1本目は、昨日からの連敗を止めるべく・・クダゴンベ狙いです。
今まで見られていた場所で同じように見つかりました。一安心です。
流れが沖出し方向だったので早めに浅い方へ移動。
手頃な場所でのんびりしながらウミウシ探しです。
ヒブサミノウミウシが、多く目に留まるようになりました。
他にもルージュミノ・シロ・アオボシミドリガイ・ハナミドリガイ・スイートジェリーミドリガイ・
テントウ・シロ・ニシキ・アンナイボ・オトメ・サギリオトメ・ムカデメリベなどなど。

浅場にて
大きさ2㎝弱+黒い体色+胸鰭が体の割にデカい+ゴロタの下に隠れてる・・
ていうお魚と出会えました。
早く動いてすぐに岩の下に隠れるので正体がよく解らない・・(-_-;)
写真も撮れてないので、何とも言えないのですが、胸鰭のサイズからしてホウボウの幼魚なのかな?
でも、ホウボウの幼魚ってゴロタ地帯にいるのか? また探してみます。

印象に残ったのは、アカクラゲです。
流れに乗ってきたのでしょう・・中層で何個体か見られました。
慎重に近づいてみると、小さな魚が住み着いていました。
触手には、毒があるので要注意です。

2本目は、浅めの場所でダラダラと潜りました。
今回のゲストさんには、好評でのんびり潜れた!そうです。
ゆっくり移動して出会えた生き物をじっくり撮影(^^♪
こんなのがストレスもなくいいですね。

DETA  OLYMPUS  XZ-1

アカクラゲ

アカクラゲと小さなお魚

2014-03-16 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

やっと出会えたキンスジケボリ

3月15日(土)晴れ・北東~南西
いいお天気の週末になりました。
風も弱くなり、日差しが温かさを感じさせます。
今日は、リピーターさんと秋の浜で2ダイブ。
水温13度台・視界8~10m
浮遊物は、ありますが沖へ出ると然程視界は悪く感じません。

1本目は、アサヒハナゴイ狙いだったのですが~ダメでした~~
代わりにカシワハナダイケラマハナダイです。
キンスジケボリを見てきました。やっぱり見つけにくい。
コウイカのタマゴは、以前より数が増えたように感じます。

2本目は、カイカムリの仲間狙いだったのですが~ダメでした~~
2連敗です(>_<)
代わりにトラフケボリやアナモリチュウコシオリエビ・アカシマシラヒゲエビなど。

ウミウシは浅めの場所がメインです。
クロスジアメフラシの数が増えた感じです。
アオボシミドリガイ・ミアミラ・ニシキ・ハナミドリガイ・ミツイラメリ・セトミドリガイ・
キカモヨウ・メリベウミウシなどなどです。

明日は、連敗記録を作らないよう・・心して潜ろう!

 

キンスジケボリ

キンスジケボリ

DETA  OLYMPUS  XZ-1  UCL-165-M67

探しているとどうしてもポリプが閉じてしまいますが・・

ホントは、ポリプが開いた状態で撮りたい!ですよね~

2014-03-15 | Posted in ダイビングログ情報No Comments »