ダイビングログ情報

2014年5月12日(月)セホシサンカクハゼの縄張り争い

2014年5月12日(月)晴れ曇り・南西
午前中に昨日の草刈のゴミ掃除や雑用を済ませて午後から海へ出かけました。秋の浜:水温17~16度・視界4~5m 浮遊物多め。午前中は、10m前後見えていたそうなんですが・・午後は、潮が入れ替わったようです。

左に砂地エリアに入れた産卵床のチェックに行ってみました。確かな場所を知らなかったので~適当に探してみました。でも、視界が悪いためなかなか見つからない~~(>_<)しばらくウロウロしてから、やっと見つかりました。撤去した梯子のパイプを使って枠を作りその中に葉っぱのついた木を取り付けてあります。その中にタマゴが産み付けてありました。ここで辺りを見回しましたが・・イカが見当たらない(-_-;)これで3連敗だ。ガックリ。今回は、視界も悪いためカメラの設置も止めて戻りました。

このエリアでは、コウイカミズヒキガニアケウスセイテンビラメなどが見られました。

印象に残ったのは、セホシサンカクハゼです。出会った時には、2匹並んで怪しい様子。どうやらオス同士の縄張り争いのようです。近くに来たら~相手にアタック。3回くらいこんな行動が見られました。最後は、なんとなく決着がついて2匹は離れていきました。

明日は、どんな海況になるかな・・

 

セホシサンカクハゼ

セホシサンカクハゼ
撮影データ

OLYMPUS  XZ-1  UCL-165-M67

① ケンカの最中は、興奮していて各鰭を広げています。自分を大きく見せるためだろうか。

②相手にアタック!何が起きているのか・・肉眼では全く分からない。

関連記事

アケウス

セイテンビラメ

2014-05-12 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

2014年5月11日(日)アオリイカが居ない…

2014年5月11日(日)晴れ・南西
気温が高い!暑いです・・午前中に草刈作業をしたら、へとへとになってしまったが~ココは、がんばってアオリイカの産卵を狙いに行きました。カメラやライトの準備は、バッチリ!秋の浜:水温17~16度台・視界5~10m

沖へ出ると水温が下がり視界が少し回復してました。今回もタマゴを産んである場所に到着すると・・アオリイカの姿が見えません。それでもせっかく準備してきたので、カメラを設置してその場を離れました。

その後は、タツノイトコやウミウサギの仲間・メイチダイ幼魚などを見てからまた戻りました。その時もアオリイカの姿が見当たらない(-_-;) もしかして・・写ってない???

浅場では、アオウミウシの交接が見られました。定番のウミウシですが、交接シーンは頻繁に見られるわけではないので証拠写真を。梯子の側の横穴の中でヒメイカ?のような奴を見かけたのですが、自分の吐いたアブクで居なくなってしまった(-_-;)僕って、詰めが甘い・・・

お店に戻ってアオリイカの動画をチェックしてみましたが、10分以上の動画の中で数秒だけイカが写ってました。もしかしたら、水温が少し低かったのが原因か・・時間帯が、良くなかったのか・・また挑戦だ~!(^^)!

 

フチベニイロウミウシ

タツノイトコの顔

撮影データ

OLYMPUS   XZ-2   PCU-01

①フチベニイロウミウシ:体の横が切れてこんな風な奇形になったのではないでしょうか。

②タツノイトコの顔:のっぺりした顔の個体です。 もう1匹のタツノイトコの顔は、こちらをご覧ください。

関連記事

アオウミウシの交接

レンタル|カメラ|オリンパスXZ-2

2014-05-11 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

2014年5月10日(土)オハグロベラの縄張り争い

2014年5月10日(土)晴れ・南西
風が弱く穏やか~な日となりました。今週末は、セルフのリピーターさんが遊びに来てくれました。気持ちのいいお天気で海でランチ休憩して2ダイブ楽しまれていました。僕は・・フリータイムなので、いつものようにダイビング。

秋の浜:水温17~16度台・視界5~8m
今日は、アオリイカの産卵を動画で挑戦!がテーマです。先日は、数匹うろうろしているのを確認していたのですが、僕がポイントに到着すると1匹も居ません(>_<) カメラをタマゴの側に設置してライトをつけたままでその場を離れました。この場所で僕も一緒にじっと待っていたら、すぐには近づいて来ないだろうと思ったからです。あとで動画を確認してみると、3分くらいするとフレーム内に6匹以上のアオリイカが確認できました。やっぱりダイバーが居ない方がいい!・・けど、カメラの設置位置がちょっと~~。カメラに映らない場所で産み付けている様子がうかがえます。最後まで動画を確認した結果、再挑戦!する方向で再検討です。いろいろと改善点も考えたので、次回に期待しようと思います。

次に観察したのは、オハグロベラです。立派なオス同士の縄張り争いが見られました。こちらは、アオリイカと違いカメラやライトを気にもせず・・って感じです。カメラもすぐ前を通過したりしてました。

浅場では、誰かが運んできたと思われるボブサンウミウシ・パイナップルウミウシ・フチベニイロウミウシが1つの岩の上に。こうゆうのは、感動がうす~いです(*_*;  別の場所でコモンウミウシ・ユビウミウシ・ヤマトウミウシ・ハナイロウミウシなどと出会えました。

浅場では、ミヤケヘビギンポの産卵・ヒメギンポの産卵が行われていました。海の生き物たちは、活動的です。

 

オハグロベラ

オハグロベラ

撮影データ

OLYMPUS    XZ-1   FIX-NEO800DX

ストロボが、死んでるので・・ライト撮影しています。そして、他のボタン類の動きもおかしくなってきた気がします (-_-;) そろそろご臨終になる??

Canon S100 で動画の撮影もしてみました。YouTubeチャンネル

 

関連記事

ボブサンウミウシ

フチベニイロウミウシ

2014-05-10 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

2014年5月9日(金)産みたてのアオリイカのタマゴ

2014年5月9日(金)晴れ・南西
午前中は、コンプレッサーのペイント作業をしました。なんとな~く終了しましたが、また剥げてきたら~補修するつもり。
午後から秋の浜へ。ベタナギです。水温18度台・視界5m 水温は上がりましたが、視界はさらに悪くなりました。

今日は、アオリイカのタマゴを確認しに行ってきました。-30mの岩にあるヤギの仲間に産み付けてありました。以前も全く同じものに産み付けていたことがあります。これが自然な状態の産卵場所なんでしょうね~ 辺りを見回すと数匹のアオリイカが見られました。今後さらにタマゴを産み付けていく事でしょう。少し視界が回復してくれれば、撮影もしやすくなるかも・・(^_-)-☆

オオスジイシモチが、産卵しそうな動きを見せ始めています。
浅場のヨゴレヘビギンポも動きが活発に。
コクテンニセヘビギンポも見つかりました。
ミヤケヘビギンポは、産卵を始めています。
明日は、どんな海かな~?

 

アオリイカのタマゴ

 

ニシキウミウシ幼体

 

トウシマコケギンポ幼魚

 

撮影データ

①Canon S100 UFL-M150-ZM80

②Nikon  D300  Micro105mm  D2000+S2000

③Nikon  D300  Micro105mm+UCL-165-M67  D2000+S2000

関連記事

浅場の人気者・マツバギンポ

ダイバーの写真

2014-05-09 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

2014年5月8日(木)華やかな・・ハナヤカケボリ

2014年5月8日(木)晴れ曇り・南

GWが終わり、予約のボードも閑散としてきました・・(>_<) GW中に働いていた方は、これからどうぞ遊びましょう!伊豆大島空いてますよ~
午前中は、コンプレッサーの掃除です。汚れや剥がれそうなペンキを除去。 明日は、ペイントしちゃいます!(^^)!

午後から秋の浜へ。水温16度台・視界8~10m。 浮遊物が増えてきました。
いつものように散策です。最初にザラカイメンの中に入っているオキゴンベ。このエリアでは、相変わらずオキゴンベがよく目につきます。

沖合では、ハナヤカケボリをチェック。どうやら2個体ついているようです。その中の1つ証拠写真を撮ってきました。綺麗なウミウサギの仲間です。以前にケイカイで見たことのあります。伊豆大島では、見られるチャンスの少ない種のようです。

他には、アンナイボウミウシ・久しぶりのパイナップルウミウシ・インターネットウミウシ・ミノウミウシの仲間など。
一緒に潜ったスタッフは、右でアオリイカのタマゴを見てきました。アオリイカのペアが数組見られたそうです。
浅場では、イチデジでトウシマコケギンポと遊びました。今日もエサを食べるのに忙しそう~です。

今週末:5月10・11日
来週末:5月17・18日
ガラガラ~です。 ご予約お待ちしてます(^_-)-☆

 

ハナヤカケボリ

 

関連記事

トウシマコケギンポ

ウミウサギの仲間|スタッフブログ

 

2014-05-08 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

2014年5月6日(火)久しぶりのコンシボリガイ

コンシボリガイ

2014年5月6日(火)晴れ曇り・南西~北東

GW最終日は、穏やかな秋の浜でした。水温16度台・視界10~15m・やや浮遊物があります。
1本目は、朽ちたウミトサカの場所へ。ボロボロになったウミトサカなのですが、いろんな被写体が居てここだけでも十分遊べます。
浅場へ戻ると~~久しぶりにコンシボリガイと出会えました。2cm以上あるまずまずのサイズで綺麗な奴!

2本目のリクエストは、ホシベニサンゴガニに再挑戦です。ゲストさんが撮影に専念している間にうろうろしているとボンボリイロウミウシが目に留まりました。6mmくらいの小さなウミウシでした。
浅場へ戻ってザラカイメンを覗くと・・コシオリエビの仲間が、入っていました。かわいい雰囲気だったので、今度遊びに行こうと思います。
最後は、ゲストさんは、オキナワベニハゼに集中してました。大きなイチデジでもなかなか撮りやすい場所に居てお薦めです。他には、セロガタケボリ・リュウグウウミウシなど。

本日でGWも無事に終了しました。海も大荒れにならず、視界も回復してよかったです。
また、少し暇~な時期になりますが・・のんびり潜れますので、どうぞ遊びに来てくださいね!(^^)!お待ちしてま~す。

 

イチモンジハゼ

 

イチモンジハゼ

 

撮影データ

  • カメラ:オリンパス XZ-2   ・・・このカメラ・レンタルしてます(^^♪
  • レンズ:PCU-01

㊤ コンシボリガイ:普通に撮影してます。

㊦イチモンジハゼ:写真の仕上がりが明るくなるように設定してみました。背景の色合いの違いも楽しめます。

 

関連記事

リュウグウウミウシ

セロガタケボリ

コシオリエビの仲間

レンタル|カメラ|オリンパス XZ-2

GW5月1日~6日のゲストさん写真です。

 

 

2014-05-06 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

GW中のオオモンカエルアンコウ

GW期間に姿を消したハナタツに変わり・・オオモンカエルアンコウに出会えました。たったの1回だけで、もう行方不明(-_-;) 相手は、生きてるですから居心地のいい場所を求めてウロウロしているのでしょう。今度は、また忘れたころに・・どこかで再会出来る!はずです。

撮影データ

カメラ:キャノン パワーショット S100

レンズ:イノン マイクロ魚眼レンズ UFL-M150-ZM80

ハウジング: レクシー製

 

イノンのマイクロ魚眼レンズは、ちょっと特殊なレンズです。もしこのレンズを使いたいと考えているなら、このレンズと相性のいいカメラを選ぶことが必要です。僕は、このレンズでゲストさんの記念写真なども撮るようにしてます。なかなか重宝してます!

練習相手には、今回の写真のようなカエルアンコウの仲間は、お薦め!特に岩の上なんかに居てくれると背景に海が入るし~最高です。

オオモンカエルアンコウ

 

 

ダイバー

ズームの位置で写真のように丸い枠の写真も撮れちゃいます。 この方が、ワイド(広角)になります。

 

関連記事

レンズ|マイクロ魚眼レンズ

2014-05-06 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

2014年5月5日(月)デカいソウシカエルアンコウ

ソウシカエルアンコウ

 

2014年5月5日(月)曇り雨・南西
雲が厚くどんより。午後には、雨が降り出しました。朝早くに起きた地震で目が覚めました。大島よりも都内の方が揺れたようですね。
今日もリピーターさんと秋の浜で3ダイブ楽しんできました。
1本目は、現地ガイドさん情報のソウシカエルアンコウの場所へ出かけてみました。ポイントにつくと先客さんが観察中で教えてくれました。探す手間がはぶけちゃいました~。岩の隙間の奥の方に居て顔は、こちらを向いていたので写真は、どうにか撮れる感じでした。そうそうにメインのネタを見れて一安心しながら~ウロウロ。

ナマコマルガザミウミカラマツエビ・ベニキヌヅツミなどを見て移動して~ウミトサカに居るイソコペイトウガニ

立派なウミスズメハコフグの仲間)が2匹クリーニングを受けていました。観察していると、急に2匹で浮上を初めて・・これは、ケンカしてんのかな?ウミスズメの成魚は、20cm近くありますが、幼魚で小さいのは見た記憶がありません。図鑑に載っているのは、8cmくらいで幼魚って書いてありました。体が少し透けた感じのを先日見ましたが、まさしくそのくらいのサイズだったので幼魚だったようです。もう少し小さいのを見たくても居ない・・住んでる場所が違うのだろうか?

2本目は、朽ちたウミトサカの場所へ。ここでは、狙いのコシオリエビの1種以外に透明なエビが見られました。セトヤドリエビ?透明なヤツは、よく解りません・・
近くでコウイカの仲間と出会えました。細長いタイプのコウイカの仲間です。以前は、よく見ていた記憶があるのですが、最近はあまり似られていなかったので久しぶり。

3本目は、1ダイブだけのご参加のゲストさんも加わりました。チシオコケギンポやアカホシカクレビ・テントウウミウシアカイソハゼなどを見ていると側で地元ダイバーさんがニセボロカサゴを教えてくれました。カメラの準備をしていると・・地面から60cm位上に上がり岩の上に乗りました。泳いでいるシーンを撮り損ねた~~(-_-;)
その他、もろもろ~です。浅場は、タカベの幼魚が群れてます!

 

ニセボロカサゴ

 

 

イソコペイトウガニ

関連記事

レンタル|カメラ|オリンパス XZ-2

ナマコマルガザミ

テントウウミウシ

セトヤドリエビ

アカイソハゼ

2014-05-05 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

2014年5月4日(日)甲殻類メインは、3つ

ナカソネカニダマシ

 

2014年5月4日(日)晴れ・南西

いいお天気になりました。朝のうちは、北東風がやや吹いていて秋の浜がやや波。
それでもエントリーすればすぐにまずまずの海況だったので、問題なしで遊べました。
秋の浜:水温16度台・視界10~15m それぞれコースを変えて潜ってきました。
1本目は、ホシベニサンゴガニの場所へ。宿主の場所へ行って探し始めると鋏脚が1本しかない個体だけが見られました。
側では、コシオリエビの1種・コモンウミウシ・などが見られました。やや深めの場所なので遊んだあとは、浅い場所へ。

2本目は、アナモリチュウコシオリエビの場所へ。2個体側で見つかりました。かわいい顔が、チャームポイントですよ~
イガグリウミウシ・ボンジイボウミウシ・ニシキウミウシシロウミウシ・などなど・途中ケラマハナダイ幼魚が見られましたが、すぐに隠れちゃいました。

3本目は、ナカソネカニダマシ狙い。最初に捜した場所では、見つからなかったのですが、もう1か所でOK.側では、イソコンペイトウガニも見られました。
ほかにも・・ベニカエルアンコウオキナワベニハゼ・ハナキンッチャクフグ幼魚・オキゴンベ幼魚・ヒョウモンダコ・ボブサンウミウシ・ウミウサギの仲間・ミギマキ幼魚・などなどです。

今回のゲストさんは、カメラを持ったゲストさんなのでじっくり撮影を楽しんでいました。視界も良好なので、安心して潜れています。!(^^)!

 

コケウツボとウツボ

似てるけど種は、違います。

 

ウミスズメ

この頃は、体が透けてます。

 

2014-05-04 | Posted in ダイビングログ情報No Comments »