ダイビングログ情報

2014年7月1日(火)お久しぶりのアカオビコテグリ

2014年7月1日(火)曇り晴れ・南西

風が弱いです。今日も穏やかな平日であります。秋の浜:水温20~18℃・視界8~12m

1本目は、リクエストで壁のコースへ。途中、綺麗なウミトサカに立ち寄ってツマニケボリを観ました。沖では、大き目のクダゴンベ。帰りがけには、シロボシスズメダイが居ました。斜面に立ち寄ると、ネンブツダイが群れており口内保育している個体が多く見られました。

2本目は、正面をブラブラ。すごく久しぶりにアカオビコテグリが目に留まりました。以前は時々見られたお魚なんですが・・ここ数年は、低調です。タツノイトコのオスは、上を向いて伸びあがるような格好。何かしているのだろうか?側には、メスも見られてます。相方を呼んでるんでしょうか~

今日もイバラタツの場所へ寄り道してみたら・・居ました!これで3日目ですね~他には、ニシキウミウシ(幼体)・ボブサンウミウシ・ヤマブキウミウシニラミギンポヒメテグリクリアクリーナーシュリンプ・などなどです。

 


アカオビコテグリ

OLYMPUS  XZ-1  UCL-165-M67  アカオビコテグリ:大きさは、7cmくらい。メスのようです。


アオウミウシの交接

OLYMPUS XZ-1  UCL-165-M67  アオウミウシの交接:ばっちり!交接中であります。(@_@)今シーズンは、もう数回見てる・・


ネンブツダイ

OLYMPUS  XZ-1   ネンブツダイ:毎年ネンブツダイの群れる場所にて。じっくり観察していると、どの子もペアなのが解ります。口内保育している子も居ますが、産卵をマジカに控えて体をブルブル震わせている子も見られます。じっ~と見ると、何か見えてきます。(@_@)


ヤマブキウミウシ

OLYMPUS  XZ-1   UCL-165-M67  ヤマブキウミウシ:大きさは8mmくらいかな~。黄色なので目立ちます。


タツノイトコ

Canon  S100  UFL-M150-ZM80  タツノイトコ:この子は、オスです。お腹の形で判別できるんです。こんな風にずっと顔を上に向けてたのですが、どうした?


関連記事

テンロクケボリ|伊豆大島 海の生き物達

ニシキウミウシ幼体|スタッフ・ブログ

立派なサイズのクダゴンベ|スタッフ・ブログ

タツノイトコの雌雄を見分けてみよう|かんたん!海の生き物ウォチング

 

 

2014-07-01 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

2014年6月30日(月)かわいいサイズのイバラタツ

2014年6月30日(月)晴れ曇り・南西
風が弱いです。日差しは、ほとんどないのですが、ムシムシします。今日は、リピーターさんをお迎えして秋の浜で2ダイブしてきました。水温20~18℃・視界7~20m

1本目のリクエストは、ウミトサカのエリアです。中層を移動してからポイントまで~。-26mくらいから視界が広がり・・綺麗な海になりました。そこで巨大なウミトサカのエリアをユラユラと泳ぎながら景色を眺めます。ダイバーと同じくらいのものもありますが、少し深い場所でした。遊覧を満喫してから浅い方へ。アオイリカのタマゴを確認してみると、タマゴの中には、すでに小さな子が良く見えました。

2本目は、情報をもらったイバラタツの場所へ行ってみました。今まで見た中でも小さい個体で、大変可愛らしいです。大島で見られるイバラタツは、すぐに引っ越しをするようでして・・・なかなか継続して観察できません。それでも、昨日見たというので・・これで2日目。浅場では、コンシボリガイが見られました。小さい個体で1cmありません。なかなか出会えないウミウシなので、つい・・興奮しちゃいます(@_@)

梯子の側では、最近ハタンポの仲間が多めです。今日は、ハリセンボンもうろうろしてました。かわいい顔してますよ~明日ものんびり2ダイブの予定です(^^♪

 


イバラタツ

OLYMPUS  XZ-1  UCL-165-M67  FIX-NEO800DX  イバラタツ:まだ小さい個体。ほとんど動きなし・・


ハリセンボン

OLYMPUS   XZ-1   ハリセンボン:なんで梯子に寄り添ってるんですかね~~


関連記事

産卵中だったネズミウミウシ|伊豆大島 海の生き物達

綺麗なコンシボリガイ|伊豆大島 海の生き物達

寄生虫だらけのホウライヒメジ|伊豆大島 海の生き物達

マツバギンポ|スタッフ・ブログ

 

2014-06-30 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

2014年6月29日(日)大きなヒラメは、感動もの

6月29日(日)晴れ・南西
お天気が良くて日差しも強くなりました~。いや~暑い・・(@_@) 今日は、昨日からのゲストさんたちと高速船日帰りのゲストさんとで潜りました。そんな訳で僕は、3ダイブです。秋の浜:水温21~18℃・視界8~12m

1本目は、ハゼのエリアまで遠征しました。途中、ウミウシがいくつか目に留まったので立ち寄りました。ハゼは、ヒレナガネジリンボウを2か所で見る事が出来ました。その1つは、ペアで住んでいました。ちょうど水温が高めの時間帯に訪問したのが、良かったようです。

2本目は、日帰りの方が合流して砂地へ。アオリイカの産卵床まで行きました。アオリイカの姿は、ありませんでしたが・・・他のお魚が、数種類。メバルの仲間・イシガキダイ・イサキ・キタマクラ幼魚・などなど。今後、他のお魚も集まってくる事でしょう。タツノイトコの場所に立ち寄ると、一緒にコノハガニも見られました。片方では、な~んとタツノイトコの上にコノハガニが・・。いいシーンだな~

3本目は、浅めでのんびりです。ゲストさんは、大きなヒラメを見つけて興奮してました!デカいヒラメ・・びっくりしますよね~~(@_@) 浅場では、トラウツボの頭にクリアクリーナーシュリンプが乗ってました。今シーズンお初でイナセギンポ幼魚見られました。ピュンピュン動くので撮れないな~。この他にもあれこれと見てきました。ちとウミウシが多めです。

 


ヒラメ

OLYMPUS XZ-1 ヒラメ:タブン、1m位あるんじゃないでしょうか・・いつも見かける個体だと思いますが、今日見たらちょうど頭の部分に傷がありましうた。(白い部分)いじめられちゃったかな・・(>_<)


トラウツボとクリアクリーナーシュリンプ

OLYMPUS  XZ-1  トラウツボとクリアクリーナーシュリンプ:ちょっと解りにくいのですが、頭の上に乗ってます。


関連記事

今日見られたセロガタケボリ|スタッフ・ブログ

今日は、撮れませんでしたのでイナセギンポは、こんなの|伊豆大島 海の生き物達

タツノイトコに出会ったらオスとメスを見分けてみよう|かんたん!海の生き物ウォチング

ついでにコノハガニのオスとメスも見分けてみよう|かんたん!海の生き物ウォチング

 

 

2014-06-29 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

2014年6月28日(土)ウミウシのリクエスト

2014年」6月28日(土)雨曇り・北東
風は、然程吹きませんでした。その為海は、穏やかでのんびり潜れました。雨は、梅雨らしい感じの降り方です。リピーターさん達と秋の浜で2ダイブしてきました。秋の浜:水温19~17度・視界10~15m:-10~15mに境界線。木曜・金曜とまずまずの水温でしたが、今日はちと・・・(@_@) 僕以外は、皆さんウエットスーツだったのですがギブアップコールもなくいつものように時間いっぱい潜りました。皆様・・お疲れ様でした~~(;^ω^) 防寒対策をしよう

1本目は、クダゴンベのリクエストです。沖へ向かう途中にイガグリウミウシウ・インターネットウミウシ3個体を見てからポイントへ。今回は、すぐに見つかってよかった~~ここでUターンしてアカホシカクレエビビシャモンエビのペアなど見て上がりました。浅場では、ベニカエルアンコウカモハラギンポニラミギンポトウシマコケギンポハナオコゼを見て上がりました。

2本目は、浅めにウミウシ散策です。ゆっくり進んでいろいろ見つかりました。ミアミラウミウシキャラメルウミウシ・セトミノウミウシ・ムラサキウミコチョウ・ボブサンウミウシ・ツマグロモウミウシ・ウスイロウミウシ・アマクサウミウシ・クロスジウミウシ・などなど。途中は、オハグロベラやイトヒキベラのオスも観察してきました。

明日は、風向きも変わるようです。(^_-)-☆

 


ビシャモンエビのペア

OLYMPUS  XZ-1  UCL-165-M67  ビシャモンエビのペア:以前は、この側のネジレカラマツに居たペアが居なくなり・・こっちでまたペアになってた。ネジレカラマツの方が、住み心地・・イマイチ??


キャラメルウミウシ

OLYMPUS  XZ-1  UCL-165-M67  キャラメルウミウシ:まだ1cmちょいくらいの子。海藻の上でユラユラしてました。


 

関連記事

アマクサウミウシ|伊豆大島 海の生き物達

今日もハナオコゼ|スタッフ・ブログ

 

 

 

2014-06-28 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

2014年6月27日(金)今日は、ヒレナガネジリンボウ

2014年6月27日(金)曇り雨・北東

午前中に海へ行ってきました。エキジット後に雨が降り出しました。梅雨らしいお天気。秋の浜:水温20度・視界8~13m:少し浮遊物あり。
沖へ進みながら散策をして・・ハゼの場所まで。最初にヒレナガネジリンボウが目に留まりました。昨日は、すぐに隠れちゃいましたが今回は、時々浮いてエサを食べたりしていました。こんな時は、撮りやすいかも。ヤシャハゼの様子もチェックしてから浅場へ向かいました。

ハナヤカケボリを撮っている最中に落し物に気が付きました。もしかして・・ハゼの場所?と思い、そこまで探しに行きましたが、ない(@_@)別の場所かも・・と思い、エントリー場所まで戻りましたがやっぱり・・ない(@_@)そんな訳でネタ探しというよりは、レンズ探しになっちゃいました。浅場では、ベニカエルアンコウと流れ藻についたハナオコゼが見られました。いや~探し疲れた(-_-;)

 


ヒレナガネジリンボウ

OLYMPUS  XZ-1  UCL-330-M67  ヒレナガネジリンボウ:昨日は、みんな隠れちゃいましたが今日は、こんな状態です。


ハナオコゼ

Canon S100 UFL-M150-ZM80  S2000  ハナオコゼ:流れ藻に住み着いているお魚です。北東風が吹くと北方面から流れてくるようです。


 

関連記事

ベニカエルアンコウ|伊豆大島 海の生き物達

ヤシャハゼ|スタッフ・ブログ

ヒメギンポの顔|You Tube

 

 

2014-06-27 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

2014年6月26日(木)水温上昇でラクチン

2014年6月26日(木)晴れ曇り・北東

北東風ですが、風は弱め。今日は、午前中に海へ行きました。秋の浜:水温22~20度・視界10~15m エントリーすると~なんだか、暖か??少し進んで水温を確認してみると、うお~22℃!こりゃラクチン(^_-)-☆ 先へ進んでも20℃だったので、これなら、ウエットでもいい!

少し探し物をしてみたものの、姿がないので・・散策をしてきました。最初にタツノイトコ。今回もオスとメスを見ることが出来ました。日中は、少し離れていることが多いんです。砂地でハゼを探してみました。ヒレナガネジリンボウは、3か所で見つかりましたが・・どの子も敏感でした。

次は、オニハゼ。この種は、いつも見られる種なんですがちと様子がおかしい?カメラを向けると移動をはじめました。あれ??巣穴へ戻るのか?と思いきや、どんどん移動。はぐれオニハゼじゃん(@_@) どこの巣穴へもぐりこんじゃうのでしょう~~

その次は、ヤシャハゼ。こちらは、隠れる事もなく証拠写真が撮れました。今年の冬は、水温が低めな時期が続いたのですが・・・越冬できた個体が確認できて良かったです。

浅場では、スズメダイが何かを口にくわえていました。口から鋏脚が飛び出してる・・。カニの仲間かな?なかなか食べられない様子で、もがいてる感じでした。最後には、かわいい~ミナミハコフグ?幼魚と出会えました。まだ1cmくらいの子です。小さな頃は、ミナミハコフグなのか~ハコフグなのか~見分けがつかないです。少し成長してくると、ハコフグは模様に変化が出てきます。それまでは、どっちかな~~とりあえず・・ミナミハコフグと紹介してる次第です。

 


ヤシャハゼ

OLYMPUS  XZ-1  UCL-330-M67  ヤシャハゼ:見てると・・巣穴から同居しているコトブキテッポウエビが顔を出しました。


ツツイシミノウミウシ

OLYMPUS  XZ-1  UCL-165-M67   ツツイシミノウミウシ:まだ1cmくらいの個体でした。触覚が、太目なのが印象的なウミウシです。


スズメダイ食事中

OLYMPUS  XZ-1  UCL-165-M67  スズメダイ:お食事中の様子。鋏脚の感じだと・・コシオリエビの仲間なのか?どちらにしてもちょっと食べるのに苦労しているようです。大丈夫かな~(@_@)


 

関連記事

オニハゼ|伊豆大島 海の生き物達

アワセイソハゼ属の1種-2|伊豆大島 海の生き物達

島旅の必需品。あると便利なものは、コレ!

 

 

2014-06-26 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

2014年6月25日(水)ザラカイメンカクレエビのペア

2014年6月25日(水)晴れ曇り・南西

今日も風は弱いです。海は、どこも静か・・午前中に雑用をしていつものように海へ。秋の浜:水温21~17度・視界10~15m

浅めの場所に暖かな水があるせいで、お魚たちは上の方を泳いでいます。ダイバーさんの中にもこんな方・・居ますよね~今日は、ザラカイメンカクレエビの場所へ訪問してきました。1つのカイメンの中に2匹のエビ。大きさが少し違うので・・ペアですよ!!位置が微妙に前後していたので、両方にピントがきませんが、撮ってて楽しい!被写体でした。また、訪問しちゃお~~(^_-)-☆

浅場では、ムラサキウミコチョウが見られました。少しだけ離れて2個体。そしてさらに少し離れて成長したボブサンウミウシインターネットウミウシの交接シーンにも出会えました。フジツボの殻の中に小さな生き物が!定かではありませんが・・イソギンポ幼魚なのかな?小さいので特徴が解りにくいです。

 


ザラカイメンカクレエビのペア

OLYMPUS XZ-1 PCU-01 *ライト ザラカイメンカクレエビのペア:ぴったりと寄り添う姿が微笑ましい~


インターネットウミウシ

OLYMPUS XZ-1 インターネットウミウシ:交接中です。この2個体の側にもう1個体居ました。集まってくるんですね。


ムラサキウミコチョウ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67 ムラサキウミコチョウ:先日は、ペアで交接してたらしいのですが・・残念(*_*;


ボブサンウミウシ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67 ボブサンウミウシ:大きくなってきました!4~5cmくらいです。のそのそ移動中です。


関連記事

オキナワベニハゼ|スタッフ・ブログ

サラサエビ幼体|スタッフ・ブログ

イソギンポ|伊豆大島 海の生き物達

 

 

2014-06-25 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

2014年6月24日(火)旬のお魚・ホンベラ

2014年6月24日(火)晴れ曇り・南西
風の弱い日です。昨日からのお天気で器材も乾き片づけも終了。車の掃除も終えてお昼頃から秋の浜へ。水温20~16度・視界8~15m:-10mに境界

沖へ出てアマミスズメダイ幼魚の場所へ訪問してきました。ここでのんびり撮影を楽しんでから浅場へ。暖かなエリアでは、ホンベラ・メスのお腹がやけに膨らんでいます。産卵のシーズンを迎えている様子。その側ではオスがうろうろしていてメスの側にくると背鰭を広げてアピールしています。数多くいるホンベラの産卵行動は、観察しやすいのでしばらく動きをおって観察するとあるパターンに気がついたりします。不規則に泳いでいるようで、必ずメスの側に寄って来たり・・背鰭を広げるタイミングだったり・・この他にカミナリベラのオスの動きが活発です。オス同士の動き・・すごく素早くて撮影できませんが、観察は出来ますので
まずは、カミナリベラのオスってどんなの? て予習しておくといいかも!もちろん、フォトジェニックなイトヒキベラのオスもいます。

浅場で立ち寄ったフトスジイレズミハゼのお腹には、タマゴが透けて見えました。生き物たちは、元気な様子!(^^)!

 


ホンベラのオス

OLYMPUS  XZ-1   ホンベラのオス:大きさは、12cmくらいありました。メスの側では、カッコイイ!


フトスジイレズミハゼ

OLYMPUS   XZ-1   UCL-165-M67   フトスジイレズミハゼ:ちょっと動いて背鰭・・・ビンビン!(^^)!


アオウミウシ・交接

OLYMPUS   XZ-1   UCL-165-M67  アオウミウシ・交接:2個体が交接中で・・側で1個体が順番待ちか??


関連記事

ヤマシロベラ|伊豆大島 海の生き物たち

アナハゼ|伊豆大島 海の生き物達

キホシスズメダイ幼魚|スタッフ・ブログ

 

2014-06-24 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

2014年6月23日(月)穏やかなヘイジツにカエルウオ

2014年6月23日(月)晴れ曇り・南西
穏やか~~なヘ・イ・ジ・ツ・・・のんびりし過ぎの伊豆大島です。秋の浜へリサーチダイビング。水温18~17度・視界8~13m 今日は、少し低めの水温ですが、視界が概ね回復してました。

沖へ出て探し物をしてみたのですが・・・目的の子は、姿なし(@_@) 移動してしまったか・・ここで時間を使ったのであとは浅場で遊びました。今日もイトヒキベラのオスにチャレンジ。撮り始めるとどんどんのめり込んでしまい時間いっぱいまで遊んでしまいました。

2本目は、アサヒハナゴイ幼魚を撮りに行ってみました。今日は、キンギョハナダイと一緒に泳いでいたので、さ~~撮るぞ!とカメラを向けてシャッターを切りました。あれ?まっ黒??あちゃ~~またやった(@_@)ストロボを上げ忘れちゃいました。アサヒハナゴイ幼魚は、あきらめて・・アマミスズメダイ幼魚に挑戦してみました。ストロボなしってことで・・ライト撮影にチャレンジ!結果は、隠れ家の奥でじっとしていたので作戦成功です!(^^)!

印象に残ったのは、ミスガイです。浅場で海藻の中に隠れたミスガイが見えたので掘り出してみました。撮影していると貝殻の横から白い物体が・・チョロリと出ていました。で、よく見るとそれは産卵中のタマゴでした。ミスガイのタマゴの出てくる場所が初めて解りました!いいもん見ちゃったな~~

梯子のカエルウオ・・2匹いました。まだ、パイプの中に入る様子はありませんでしたが、ちょっと期待できるかな~

 


カエルウオ

Canon S100  UFL-M150-ZM80  S2000  カエルウオ:もう水面に近い場所です。パイプのジョイントにちょこんと乗ったカエルウオです。


セイテンビラメ

OLYMPUS  XZ-1  UCL-165-M67  セイテンビラメ:13cmくらいでした。獲物を狙うような仕草でした。眼の上には、突起あり。そして、眼が綺麗だな~~


 

関連記事

ヘリシロウツボ|伊豆大島 海の生き物達

テンロクケボリ|伊豆大島 海の生き物達

ミスガイ|伊豆大島 海の生き物達

イトヒキベラのオス|スタッフ・ブログ

 

2014-06-23 | Posted in ダイビングログ情報No Comments »