ダイビングログ情報

2014年5月5日(月)デカいソウシカエルアンコウ

ソウシカエルアンコウ

 

2014年5月5日(月)曇り雨・南西
雲が厚くどんより。午後には、雨が降り出しました。朝早くに起きた地震で目が覚めました。大島よりも都内の方が揺れたようですね。
今日もリピーターさんと秋の浜で3ダイブ楽しんできました。
1本目は、現地ガイドさん情報のソウシカエルアンコウの場所へ出かけてみました。ポイントにつくと先客さんが観察中で教えてくれました。探す手間がはぶけちゃいました~。岩の隙間の奥の方に居て顔は、こちらを向いていたので写真は、どうにか撮れる感じでした。そうそうにメインのネタを見れて一安心しながら~ウロウロ。

ナマコマルガザミウミカラマツエビ・ベニキヌヅツミなどを見て移動して~ウミトサカに居るイソコペイトウガニ

立派なウミスズメハコフグの仲間)が2匹クリーニングを受けていました。観察していると、急に2匹で浮上を初めて・・これは、ケンカしてんのかな?ウミスズメの成魚は、20cm近くありますが、幼魚で小さいのは見た記憶がありません。図鑑に載っているのは、8cmくらいで幼魚って書いてありました。体が少し透けた感じのを先日見ましたが、まさしくそのくらいのサイズだったので幼魚だったようです。もう少し小さいのを見たくても居ない・・住んでる場所が違うのだろうか?

2本目は、朽ちたウミトサカの場所へ。ここでは、狙いのコシオリエビの1種以外に透明なエビが見られました。セトヤドリエビ?透明なヤツは、よく解りません・・
近くでコウイカの仲間と出会えました。細長いタイプのコウイカの仲間です。以前は、よく見ていた記憶があるのですが、最近はあまり似られていなかったので久しぶり。

3本目は、1ダイブだけのご参加のゲストさんも加わりました。チシオコケギンポやアカホシカクレビ・テントウウミウシアカイソハゼなどを見ていると側で地元ダイバーさんがニセボロカサゴを教えてくれました。カメラの準備をしていると・・地面から60cm位上に上がり岩の上に乗りました。泳いでいるシーンを撮り損ねた~~(-_-;)
その他、もろもろ~です。浅場は、タカベの幼魚が群れてます!

 

ニセボロカサゴ

 

 

イソコペイトウガニ

関連記事

レンタル|カメラ|オリンパス XZ-2

ナマコマルガザミ

テントウウミウシ

セトヤドリエビ

アカイソハゼ

2014-05-05 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

2014年5月4日(日)甲殻類メインは、3つ

ナカソネカニダマシ

 

2014年5月4日(日)晴れ・南西

いいお天気になりました。朝のうちは、北東風がやや吹いていて秋の浜がやや波。
それでもエントリーすればすぐにまずまずの海況だったので、問題なしで遊べました。
秋の浜:水温16度台・視界10~15m それぞれコースを変えて潜ってきました。
1本目は、ホシベニサンゴガニの場所へ。宿主の場所へ行って探し始めると鋏脚が1本しかない個体だけが見られました。
側では、コシオリエビの1種・コモンウミウシ・などが見られました。やや深めの場所なので遊んだあとは、浅い場所へ。

2本目は、アナモリチュウコシオリエビの場所へ。2個体側で見つかりました。かわいい顔が、チャームポイントですよ~
イガグリウミウシ・ボンジイボウミウシ・ニシキウミウシシロウミウシ・などなど・途中ケラマハナダイ幼魚が見られましたが、すぐに隠れちゃいました。

3本目は、ナカソネカニダマシ狙い。最初に捜した場所では、見つからなかったのですが、もう1か所でOK.側では、イソコンペイトウガニも見られました。
ほかにも・・ベニカエルアンコウオキナワベニハゼ・ハナキンッチャクフグ幼魚・オキゴンベ幼魚・ヒョウモンダコ・ボブサンウミウシ・ウミウサギの仲間・ミギマキ幼魚・などなどです。

今回のゲストさんは、カメラを持ったゲストさんなのでじっくり撮影を楽しんでいました。視界も良好なので、安心して潜れています。!(^^)!

 

コケウツボとウツボ

似てるけど種は、違います。

 

ウミスズメ

この頃は、体が透けてます。

 

2014-05-04 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

2014年5月3日(土)リクエストは、甲殻類

ポリプ

 

2014年5月3日(土)晴れ曇り・南西
GW後半戦、今日からお越しのゲストさんとショップさんでお店もGWらしくなってます。ガイドは、少人数なのでリクエストをメインに潜りました。
1本目は、アカスジカクレエビ
甲殻類好きのHさんは、集中して撮影を楽しんでました。相方のYさんは、お好みの被写体を見つけてカメラを向けてました。僕は、回りでうろうろ・・
先日は、隣同士のムチカラマツに居たビシャモンエビは、今日はペアで見られました。異性が、側にいるのが・・解るんでしょうか??すごい!
浅場では、ヤリイカのタマゴに立ち寄りました。タマゴは、ぼろくなって少し短くなってました。ゲストさんのイチデジは大きいので撮るのに苦労してました。

2本目は、現地ガイドさんに頂いた情報をもとに散策。目印から少しだけ離れてオオモンカエルアンコウが見られました。なんだか、久しぶり~~。
沖へ出てリクエストのコシオリエビの1種の場所へ。
他には、マツカサウオ幼魚・セレベスゴチ・クロヘリアメフラシなど。帰りがけには、ニセボロカサゴ
浅場では、ツユダマガイ1種1や黄色タイプのトウシマコケギンポなどなど。

秋の浜は、たいへん賑やか~な感じになってます。海の中は、出来るだけ人の少ないポイントで遊ぶようにして・・・のんびり気分を満喫できました。

 

DETA   オリンパス XZ-2  PCU-01   Light

綺麗なポリプみっけ!

 

関連記事

 カメラ|レンタル|オリンパス XZ-2

2014-05-03 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

2014年5月2日(金)西側のポイントへ

Aさん Kさん

2014年5月2日(金)晴れ・北東~南西
風も弱くなり海も静かです。初大島のゲストさんだったので、今日は、別のポイント~野田浜ケイカイで潜りました。
どちらも海況は同じ感じ。水温16度台・視界10mくらい
野田浜:浅場を移動していくとミスガイとそのタマゴ・ベニシボリのタマゴが数か所で見られました。
ココで好評だったのは、やはり~カスザメです。大島の砂地のエリアでは、まずまずの確率で出会うことが出来ます。
体にうっすら砂をかけて隠れていますが、カスザメの形は残っているのでイメージしながら探すと見つかるかも!自分で気が付くと~嬉しいものです。
他には、50cm以上のワニゴチ。こちらもなかなかデカイ!
ホウライヒメジが、広々とした場所なのにこじんまりと集まって水底に整列。面白い習性ですね~
ケイカイでは、伊豆諸島ならではのテングダイ。砂地では、ここでもカスザメ。相変わらずニラミギンポは数か所で見られます。
流れが弱かったので、悠遊と泳いで~地形を楽しんできました~
明日から海は、混雑しそう・・ですね~  うちは、のんびりです(^^)/

 

Aさん Kさん

 

レンタルカメラ オリンパスXZ-2

 

関連記事

レンタル|カメラ|オリンパスXZ-2

 

2014年5月1日(木)GW後半戦は、仕事しま~す(#^^#)

 ニセボロカサゴ

 

2014年5月1日(木)曇り晴れ・南西
朝のうちは、雲が厚い状態でしたが、お昼前には暖かになりました。午後には、南西の風が強くなり始めました。
今日は、セルフゲストさん+ガイドのゲストさんで一緒に秋の浜へ。水温16度台・視界10~15m。海はベタナギで濁りも少しとれてマズマズの海況でした。

ブランクのあるゲストさんだったので、最初は、様子をみながら・・2本目には、気分的にも落ち着いた様子で時間が早く感じたそうです。
大き目のお魚や印象に残りやすものをメインに回ってきました。

なかでも岩の下でじっとしてクリーニングを受けていた巨大なコロダイが印象的だったようです。
イソギンチャクに住むアカホシカクレエビの綺麗さにも感動していた様子。
2本目には、情報をもらったニセボロカサゴもちゃんと見つかり記念撮影(^^)/ 無事2ダイブ終了となりました。

最近は、気温も高くなり始めましたのでウエットスーツで潜られても、すぐに体を拭いたり着替えたりすれば2ダイブいけそうです。
水着を2枚ご用意出来るようであれば、1ダイブ後にすぐウエットスーツを脱いで乾いている水着に変えると寒さがおさまります。
気温が高くても風が強いと体温が奪われます。出来るだけ体を冷やさないようにするために、休憩中や終わった後に着用できるウインドブレーカー(上下)がたいへん重宝します。 体を冷やさないちょっとしたコツ!を実践すれば、海の楽しさも倍増です!(^^)!

 

2014-05-01 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

2014年4月29日(火)小さなハナキンチャクフグ

ハナキンッチャクフグ幼魚

 

2014年4月29日(火)曇り雨・南西

お天気は、下り坂。お昼頃から小雨が降り出しました。今日も午後から1ダイブ・リサーチに出かけました。
海は、ベタナギです。水温16~15度・視界10~13m 日差しがないので暗いのかな~と思って入りましたが、濁りが少し解消していたのでまずまず。

なんとな~く、最初にハナタツへ立ち寄ると砂地にチョコンといました。以前にもこんなシーンに出会えたことがありますが、いいチャンスなのでまたまた遊んでしまいました。写真を撮った後は、動画も。見ていて飽きません!(^^)! このままのんびりしていると、ダメだ!と思い移動しました。リサーチしないと・・

白いモコモコのウミトサカに立ち寄ると・・中身が食べられてそろそろ死んでしまいそうです。立派なウミトサカで大島では、あまりないタイプのものだったので残念です。ウミトサカにも敵がいるんでですね。朽ちる寸前のウミトサカには、ウミウサギの仲間が、数個。そして、いつものコシオリエビの仲間も見つかりました。

浅場へ戻る途中には、コモンウミウシの幼体が目に留まりました。
浅場では、ハナキンチャクフグ幼魚が見つかりました。1cmくらいの大きさでたいへん可愛らしい!

印象に残ったのは、チシオコケギンポです。今回立ち寄った時には、巣穴の外に出ていました。カメラを向けていてもすぐに穴へ入る様子もなく、少しウロウロ。この間に証拠写真を。しばらくして尾から巣穴へ入ると・・急に飛び出してきました。穴の奥に何者かがいたのでしょうか??最後は、別の穴へ入り込んで落ち着いた様子でした。

ふと中層を見上げると大きなアオリイカがたくさん!そろそろ産卵のシーズンです。

 

チシオコケギンポ

 

DETA
①オリンパス XZ-2   UCL-165-M67
②オリンパス XZ-2   PCU-01

 

関連記事

コシオリエビの仲間

レンタル|カメラ|オリンパス XZ-2

2014-04-29 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

2014年4月28日(月)ヤリイカ・タマゴの観察

 ヤリイカのタマゴ

 

2014年4月28日(月)曇り晴れ・南西
世間では、飛び石連休ですが・・うちは、普段の平日です(^_-)-☆
午後から秋の浜へ。水温17~15度・視界8~12m 海況は、気持ちのいい凪です。
沖へ出るとー20mくらいから水温が少し下がりました。視界も良くなり、浮遊物も減少。

今回は、ヤギの仲間に乗っているアカスジカクレエビを見てきました。
時期外れなので、1匹だけでした。一緒に居たアカホシカクレエビは、移動してしまったようです。タブン、お隣でしょう・・
次は、ムチカラマツに住み着くビシャモンエビ。最初にオスが目に留まりました。側を探してみると、立派なメスが見つかりました。
ビシャモンエビのオスは、メスよりも小さいのが特徴です。一緒に見られれば、サイズの違いは、すぐに解ります。

移動すると~今度は、イヤゴハタ幼魚。以前ここら辺で見たことがあるので、同じ子のようです。相変わらず、ストロボなし~なので、ライトを当ててましたが、明るいライトは好きじゃないようです。

浅場では、ヤリイカのタマゴの成長具合の確認。房の中で目が出来て体もそれらしくなってきています。

最後は、ソラスズメダイと遊びました。このソラスズメダイ・・口を開けっ放しになっていました。実は、口の中に寄生虫が入り込んでしまっていて閉じれないようです。観察していると、動きがもがいているように見えましたが・・実際は、どうなのでしょう???

 

イヤゴハタ幼魚

 

DETA

オリンパス XZ-1 UCL-165-M67 LE350

 

関連記事

レンタル|ライト|INON LE350

アカスジカクレエビ

ソラスズメダイの口の中に寄生虫

2014-04-28 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

2014年4月27日(日)貸し切りの海でのんびり

ヤリイカのタマゴ

2014年4月27日(日)晴れ・北東~南西
今日も穏やかな日になりました。
午後から海へ行くと・・すでにダイバーさんはほとんどいませんでした・・貸し切りみたいな海でリサーチといいますか・・遊んできました。
秋の浜:水温17~16度・視界7~10m
誰も居ないので~ハナタツへ行きました。GW後半戦の混雑でもしかしたら・・と思ったので・・・思い出作りです。
ポイントに到着するとすぐにみつかり早速撮影。レンズをい変えたり・・動画を撮ってみたり・・満喫して帰りました。

浅場では、ヤリイカのタマゴが見つかりました。以前、この付近で一房タマゴが落ちていたのを撮影した記憶があります。やはりこの場所にたくさん産み付けて異いたんですね。すでにイカの赤ちゃんの姿が見えますので、そろそろハッチアウトかも~

海の生き物たちは、活発な季節です(^^♪

 

ハナタツのメス

DETA  :

①Canon  S100  S2000

観察しにくい場所に産み付けていました。ヤリイカもタマゴを守る為にこんな場所を選ぶのでしょう。カメラを隙間に入れて液晶が見えない状態で何回かシャッターを切りました。コンデジだとこんな撮り方も出来ますね。

②Canon S100 UFL-M150-ZM80  RGBLUE

ライトで撮影しました。S100の場合は、少しズームすると絞り値が変化して暗くなります。その分、ISO感度で調整したりするといかも。

関連記事

ヤリイカのタマゴの写真

INON マイクロ魚眼レンズ

レンタル|ライト|RGBLUE

レンタル|ストロボ|INON S2000

 

2014-04-27 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

2014年4月26日(土)サラサエビ脱皮の瞬間

ナカソネカニダマシ

 

2014年4月26日(土)晴れ・北東~南西
今日も風は弱いです。GWの始まりは、快晴でスタート。
本日のゲストさんはセルフのリピーターさんだけなので午前中は、事務仕事をして・・午後からリサーチに出かけました。
秋の浜:水温17~16度・視界5~8m 然程変化はありません。

沖へ出る途中、ナカソネカニダマシが見つかりました。トゲトサカの中に住み着いていて綺麗な子で異尾類になります。
移動してホシベニサンゴガニの住処を覗いてみると・・ワレカラだらけ!ものすごい数でした。この中に住んでるのかな?とよく探してみると・・姿がありません。追い出されちゃったのかな?それとも時期外れなのか・・
浅場では、久しぶりにホムラスベヨコエビを見て~ミヤケヘビギンポのオスが婚姻色になっていました。

印象に残ったのは、サラサエビです。岩の隙間を覗けば、どこにでも見つかるようなエビなのですが・・今回、腰を曲げて変化恰好の個体が目に留まりました。
よく見ると・・服を脱ぐような~~あ~~脱皮してました!慌ててカメラを向けたものの・・奥の方だったので、証拠写真は・・かなりイマイチ。腰から体を抜いて~皮を脱ぐ感じでした。脱ぎたて!のサラサエビを撮影してみたものの・・代わり映えしませんよね!こんだけたくさん居るサラサエビですが、脱皮の瞬間て初めてでした!(^^)!

ホムラスベヨコエビ

以前よく見られていた環境とは、少し違う場所で見られるようになっていますが・・個体数が少ないからなのかもしれません。

 

アズマケボリ

 

DETA   OLYMPUS   XZ-1    UCL-165-M67(PCU-01)    RGBLUE

 

関連記事

レンタル|ライト|RGBLUE

まだ健在のハナタツ

2014-04-26 | Posted in ダイビングログ情報No Comments »