ダイビングログ情報

2014年6月6日(金)王の浜の浅場で散策

2014年6月6日(金)雨・東
朝から雨です。時々、強く降ったり・・やんでみたり・・です。風が然程強くありません。今日は、午前中に王の浜へ出かけてみました。水温19度・視界4~5mです。浅い場所をのんびり散策してきました。

ミヤケヘビギンポは、婚姻色のオスが目立ちます。キビレヘビギンポも婚姻色の個体が目に留まりましたが、どちらかというといつもの体色の子が多め。ヨゴレヘビギンポは、数個体婚姻色。ヘビギンポももちろん居ます。そして印象に残ったのは、ゴマフヘビギンポ近似種です。王の浜では、時々見かける種なのですが、今日は婚姻色??のような体色になっていました。いつもの体色より派手な感じ・・って事です。まだこの種に関しては、産卵行動を見たことがないので・・・どんな産卵パターンなのか・・興味あるな~~

浅場では、カゴカキダイの幼魚が出始めています。ウミウシは、ミアミラウミウシ・スミゾメミノウミウシ・オトメウミウシ・などです。最後は、カエルウオホシギンポを見て上がりました。


ホシギンポ

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67   湾内の浅い場所では、カエルウオやホシギンポが見られました。ホシギンポの方が下膨れで可愛い!(^^)!


関連記事

今日出会えたゴマフヘビギンポ近似種

ホシギンポ|伊豆大島・海の生き物たち

 

 

2014-06-06 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

2014年6月4日(水)今日も練習

2014年6月4日(水)晴れ曇り・北東
今日の海もすご~~く静かです。昨日からの引き続きでリピーターさんと2ダイブ。秋の浜:水温19~18℃・視界3~4m 海中は、視界不良・・・(>_<) 浮遊物は、たくさんある訳ではないのですが全体的に白っぽい濁りです。

浜で準備を始めると・・Kさんのドライスーツの手首のシーツがビリッと破けてしまいました!シェルのドライスーツなので、破けるとガッツリいってしまいます。いさぎよくドライを諦めて・・ウエットスーツでのダイビングとなりました。

1本目は、ウミカラマツエビの場所へ。ここでしばらく撮影の練習です。浅場では、トウシマコケギンポで練習。

2本目は、浅めで・・昨日、撮れなかったチシオコケギンポの場所へ。そこからは、オビアナハゼ幼魚やベニカエルアンコウなどを見て最後は、ニラミギンポ
Kさんの使用しているカメラは、45度のファインダーを取り付けてあります。覗き窓が大きいので、すごく見やすいのですが・・45度の角度がある為、ファインダーを覗きながら被写体を探すのに慣れが必要。海で何度も何度も練習あるのみ!ですね。そんな訳でポイントを絞って撮影の時間を多めにとるようなダイビングでありました。

 


キホシスズメダイ幼魚

OLYMPUS  XZ-1  UCL-165-M67  RGBLUE  スズメダイの仲間・幼魚の中で一番最初に姿を現したキホシスズメダイ幼魚です。大きさは、1.5cmくらいでした。


ヘビギンポ
OLYMPUS  XZ-1  UCL-165-M67  RGBLUE  最近、浅場でよく見かけるヘビギンポのオスです。この体色は、婚姻色と言って通常の体色とは違います。


関連記事

今日立ち寄ったチシオコケギンポ

3・4日の2日間、ご利用頂いたKさん

レンタル|ライト|RGBLUE

ヘビギンポ|伊豆大島・海の生き物たち

 

 

2014-06-04 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

2014年6月3日(火)アカホシカクレエビ抱卵

2014年6月3日(火)晴れ曇り・北東
風が弱く、海はどこもベタナギ状態です。今日は、リピーターのKさんが1泊で遊びに来てくれました!新しく導入したカメラの進水式&撮影練習と言う事で秋の浜で2ダイブしてきました。水温19~18℃・視界4~8m

今現在の海況では、マクロがお薦めです。リクエストの被写体をお聞きして、他には撮りやすそうな生き物をメインに潜りました。平日であれば、潜り方もお好みでアレンジできますので、写真をじっくり撮りたい!練習したい!という方には、お薦めです。1本目は、イボイソバナガニの場所へ。ここでは、深い場所から少し綺麗な潮が入り込んできました。ゲストさんが撮影に集中している間、まわりでチョコマカ。アカホシカクレエビが目に留まりました。数日までは、次卵と呼ばれるタマゴの準備段階だったのですが、今回は、その次卵がお腹に移動してました。これでタマゴを育てていました。

2本目は、少し浅めでチシオコケギンポの場所へ。Kさんが、撮影を始めると・・近くでオキナワベニハゼが目に留まりました。ここで撮り比べネタの写真を撮って移動。するとKさんが、カメラのバッテリーがなくなった!と申告。 あら・・残念(*_*;ということで、ここからは、浅い方へ戻りながら普通に潜ってきました。
ニラミギンポアサヒアナハゼミギマキ幼魚・マツバギンポトウシマコケギンポなど。岩の上では、ヒメテグリ幼魚が数匹。こちらも今がかわいい時期なのでお薦めですよ!

最後は、カエルウオをチェックして上がりました。今日は、壁沿いに居たのでここで撮るには・・難易度 ★★★★ くらい(>_<)

ポイント!カメラのバッテリーは、早め早めに交換して潜りましょう(^_-)-☆


アカホシカクレエビ

アカホシカクレエビ:お腹には、タマゴを抱き始めていました。


ヒメテグリ幼魚

岩の上でチョコマカしているヒメテグリ幼魚です。大きさは、5~6mmでした。


ヘビギンポ

最近、梯子の側で良く見かけているヘビギンポです。お腹も膨らんでいましたが・顔もプックリ!


撮影データ:OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67 RGBLUE *ライト撮影


 

関連記事

オキナワベニハゼで撮り比べ

レンタル|ライト|RGBLUE

 

2014-06-03 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

2014年6月1日(日)キイボキヌハダウミウシの次の獲物

2014年6月1日(日)晴れ曇り・南西
今日も穏やか・・・風が弱くムシムシします。リピーターさんと秋の浜で2ダイブしてきました。高速船の出航時間が少し遅くなり、時間に余裕が出来たのでのんびりと出来ます。(^^♪ 水温19~17度・視界4~6m・今日は、更に濁りが出てきました(*_*; こんな日は、ゆっくり移動しながらのダイビングがお薦めです。ウミウシが、いくつか目に留まりました。

その中で印象に残ったのは、キイボキヌハダウミウシです。前回は、ニシキウミウシの後ろにかじりついていたのですが・・今回は、キイロウミウシの顔の横らへんに噛みついていました。前回の場所と然程離れていないのと、サイズも同じくらいだったので、もしかしたら~同じ子?ふと頭によぎったのは、これ・・同じ味なんでしょうかね??前回のニシキウミウシは、どのくらい吸い出されちゃったのだろうか?

以前、見かけたイソコンペイトウガニに立ち寄り撮影してもらったいると、横でカサゴの仲間が2匹で並んでいました。まだ3cmくらいのかわいいサイズなので、微笑ましい感じの光景でした。

2本目は、少しコースを変えていきました。アカシマシラヒゲエビ・ウミウサギの仲間・ミノウミウシの仲間などを見た後、アカホシカクレエビのペアが見つかりました。少しづつですが、数が増えているようです。浅場では、お薦めのフトスジイレズミハゼを紹介しました。2箇所でヒョウモンダコに出会えました。色が変わるので、見ていて面白いです。ブルーの模様が出てくると綺麗! ただ、毒がありますのでお触りは、ご遠慮くださいね!最後は、カエルウオを見て上がりました。

 


キイボキヌハダウミウシとキイロウミウシ

キイボキヌハダウミウシとキイロウミウシ

OLYMPUS  XZ-1  UCL-165-M67    上:真上から撮ったカット~寄り添っているように見えますが、仲良しな訳じゃやりません!キイロウミウシ食べられてます。そして、2匹の上には、赤いワレカラの仲間が乗ってました!(^^)! 相変わらず・・お邪魔なヤツである。 下:前から撮ってみました。キイロウミウシの触覚が1本だった~~!奇形ですね。


カサゴの仲間

OLYMPUS  XZ-1  UCL-165-M67  FIX  NEO800DX  *ライト撮影です。3cmくらいのかわいいサイズのカサゴの仲間が、並んでいたんです。!(^^)!こちらは、タブン、オスとメスという関係です。


 

関連記事

レンタル|ライト|FIX NEO800DX

今日出会ったセトミノウミウシ

アオウミウシの交接

今週末、お越し頂いたSさん&Kさん

キイボキヌハダウミウシ|伊豆大島・海の生き物たち

 

2014-06-01 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

2014年5月31日(土)カヤを付けたコノハガニ

2014年5月31日(土)晴れ・南西
穏やかな週末です。ここ数日の中では、一番気温が高め。日中は、暑い・・・です。今週末は、リピーターさんが遊びに来てくれました!(^^)! 秋の浜で2ダイブ潜ってきました。水温19~18℃・視界5~10m・時間帯で多少の変化有り。

1本目は、アマミスズメダイ幼魚のリクエストです。昨日見たばかりだから、了解しました~なんて言って、ポイントへ向かったものの・・あれれ~~~???どこよ!?期待に答えない奴だな~。あっ・・僕?

代わりにイボイソバナガニ・ベニキヌヅツミ・イソコンペイトウガニなどをゆっくり見てもらいました。浅場では、定番ですが人気のあるオキナワベニハゼフトスジイレズミハゼ・ボブサンウミウシも目に留まりました。

2本目は、今日で1週間同じエリアで見られている全身丸見えソウシカエルアンコウです。そもそも1週間も同じ場所にいる事自体珍しい!のに・・
全身丸見え状態でも平気だっちゅう、なかなかの肝っ玉であります。ゲストさんとの記念写真にもお答えいただき・・感謝!皆さんの思い出にも残る事でしょう。(^_-)-☆移動してウミカラマツエビを見ていたら、コノハガニが目に留まりました。形からメスだとすぐに解りました。コノハガニは、たいてい頭の先端に海藻を装着しているのですが・・今回の子は、何を間違えたか、カヤを付けていました。これじゃ、ミズヒキガニと一緒じゃん!そうそう、生き物は、気紛れ~なんでした。帰りがけには、またソウシの顔を見ていたら、体には、ワレカラの仲間がいくつも乗っていました。口ものや・・眼の上を通過したり・・ワレカラは、やりたい放題です。

浅場では、マツバギンポトウシマコケギンポと遊んで上がりました。



コノハガニのメス

コノハガニ:いつもは、海藻に紛れていることが多いのですが、今回は、ウミトサカの上~~。しかも、大き目な個体。頭の先端を要チェック!海藻じゃありません!


オキゴンベ

大き目のオキゴンベです。


撮影データ

OLYMPUS  XZ-1  RGBLUE  *ライト撮影

 

関連記事

今日出会えたウミカラマツエビ

レンタル|ライト|RGBLUE

海藻に紛れているコノハガニのオスとメス|かんたん!海の生き物ウォチング

コノハガニ|伊豆大島・海の生き物たち

 

2014-05-31 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

2014年5月30日(金)ベニカエルアンコウのアクビ

2014年5月30日(金)晴れ・南西
いいお天気が続きますね~。南西の風が吹いているので、風にあたっていれば暑くありません。今日は、午前中に海へ行って、午後は、週末の準備をしました。秋の浜は、ナギです。水温19~18℃・視界8~10m昨日とコースを変えて散策してきました。

最初に出会ったのは、イボイソバナガニです。ポリプがしっかり開いて綺麗なウミトサカの隙間から・・ちょこっとだけ顔だけが見られました。思いのほか大きな個体でした。お腹も少し膨らんでいるような・・。移動すると、今度は、イボイソバナガニ。こちらは、まだまだ小さな子でした。そして、アマミスズメダイ幼魚も見られました。小さな頃が可愛いですね~ブルーのラインが、すごく綺麗です。

印象に残ったのは、ベニカエルアンコウです。いつもの場所でチェックして・・なんとなくカメラを向けてみました。すると何度も何度も大きなアクビ~~。思いついた設定に変更して再度アクビを撮ろうとしたら・・もうしませんでした(*_*; ううっ・・次回の課題になってしまった。ウミウシは、ノウメア・ワリアンスシラユキウミウシです。


ベニカエルアンコウ

ベニカエルアンコウ
OLYMPUS XZ-1 RGBLUE *ライト撮影 ベニカエルアンコウ  上:何度も何度もアクビをしていた個体。 下:エスカを振っていた個体。お腹が大きい。


アマミスズメダイ幼魚

OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67  アマミスズメダイ幼魚:ちょこまかしてますが、かわいいのでお薦め。!(^^)!


関連記事

今日出会ったノウメア・ワリアンス

今日出会ったシラユキウミウシ

今日出会ったイボイソバナガニ

レンタル|ライト|RGBLUE

 ベニカエルアンコウ|伊豆大島・海の生き物たち

 

2014-05-30 | Posted in ダイビングログ情報1 Comment » 

 

2014年5月29日(木)ソウシカエルアンコウと記念写真

2014年5月29日(木)晴れ・南西
いいお天気で風は弱め。でも、昨日よりもジメジメ感はありません。今日は、ベタナギの秋の浜へ。水温19度・視界:10mくらい。今日もまずは、全身丸見えソウシカエルアンコウをチェックに行きました。もしかしたら、出てるかもしれないので、今回はワイドのレンズを持っていきました。今日も」同じ場所で見られましたので、あれこれと撮影をして~最後の方では、自分との記念写真も!ソウシカエルアンコウとの記念写真もそうそう撮れないので、老後の楽しみになる事でしょう。(^_-)-☆ソウシカエルアンコウとの2ショットをご希望の方、明日までにご連絡を~(^^♪

ワイドレンズ仕様のカメラだったので、アオリイカの産卵床にも訪問してみました。ハズレ続きでしたが、今回は5組くらい産卵へ来ていました。でも、やる気は、50%くらいでしょうか・・(*_*; 僕しかいませんでしたが、警戒していて全然寄ってきません。僕が居なかったら、ゆっくりと産卵をしているんだろうな~~なんて、感じ始めたら、あまり長居もよくないか~と思い始めちゃってその場を去りました。また、僕が気にならないようなやる気100%の時に撮らせてもらおうと思います。

印象に残ったのは、イソハゼの求愛です。その行為は、梯子の側で行われていました。背鰭が立派な方が、オス。2匹で居てオスがある方向へ、メスを誘導しているようです。岩を2つくらい移動したら、オスが、体がギリギリ入るくらいの小さな穴に入り込みました。すぐに穴から顔を出して、またメスの場所へ。そして、またオスが穴の中へ。続いて、メスもその穴へ入っていきました。その後は・・・タブン、この中で産卵行動が行われたのでしょう~イソハゼって、小さな穴でタマゴを産むんですね・・初めて出会えたシーンでした。 いいもの見せてもらいました!(^^)!

その他には、マルガザミ・イソコンペイトウガニ・セロガタケボリ・キャラメルウミウシ・インターネットウミウシ・キイボキヌハダウミウシクリアクリーナーシュリンプイソギオンポベニカエルアンコウ・などなど。


ソウシと記念写真

ソウシカエルアンコウ
FUJI Fine Pix F31fd  ソウシカエルアンコウ
上:UFL-M150-ZM80 マイクロ魚眼レンズです。
下:UFL-165AD フィッシュアイレンズです。


イソギンポ幼魚
OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67  イソギンポ幼魚:水面下1mくらいの場所。 まだ幼い顔をしています。


クリアクリーナーシュリンプ
OLYMPUS XZ-1 RGBLUE  クリアクリーナーシュリンプ:体が透明で綺麗なエビです。定番の人気種です!ホバーリングしている所です。


関連記事

キャラメルウミウシ

ソウシカエルアンコウ *マイクロ魚眼・バージョン

イソコンペイトウガニ

 

 

2014-05-29 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

2014年5月27日(火)小さなハナイロウミウシ

2014年5月27日(火)曇り晴れ・北東~南西
昨夜は、雨がかなり降りましたが、朝には上がりました。午前中に事務仕事をしてから、秋の浜へ。水温19~18℃・視界7~8m 雨の影響で少し白っぽい濁りがありました。

日曜に出会えたソウシカエルアンコウが、居たら嬉しいな~~と期待して、その場所を経由。前回とほぼ同じ場所で再会出来ました。そして、前回同様に全身丸見え~です。こんな場所にすでに3日目!へんなの~~

途中では、小さなハナイロウミウシと出会えました。大きさは、5mmくらい。段下エリアでは、いつものボブサンウミウシベニカエルアンコウを見て上がりました。マツバギンポは、いつもの巣穴で見られてます。

地元ダイバーさんの情報によると、某国営放送局・潜水班が、秋の浜の浅場でテンガイハタに出会ったそうです。しかも2個体。金曜日の出来事だったそうです。映像も撮れているそうなのでゆうどきネットワークで流されるそうです。*6月5日の予定

ウウウッ・・実物が見たい(-_-;)

 


ハナイロウミウシ

OLYMPUS  XZ-1   PCU-01  ハナイロウミウシ


マツバギンポ
Nikon  D300  Micro105mm  RGBLUE + Snoot  マツバギンポ


ベニカエルアンコウ
Nikon  D300  Micro105mm  RGBLUE + Snoot  ベニカエルアンコウ


 

関連記事

再会出来たソウシカエルアンコウ

前回出会った時のソウシカエルアンコウ

浅場のボブサンウミウシ

レンタル|ライト|RGBLUE

 

 

2014-05-27 | Posted in ダイビングログ情報1 Comment » 

 

2014年5月26日(月)ウミウシを食べるキイボキヌハダウミウシ

2014年5月26日(月)晴れ曇り・南西
いつものように穏やかな平日・・また新たな出会いを求めて海へ出かけました。秋の浜は、水面がべた~~となっていい凪です。水温19~18度・視界8~10m 散策を始めると~やけにウミウシが目に留まりました。

最初は、テントウウミウシのペア。2匹でぴったり寄り添っています。交接をしているわけじゃなく同じ方向を向いていました。次は、ハナオトメウミウシ。またどこからともなくもう1匹が姿を現し、2匹で絡まっていました。こちらは、大き目なので目立ちます。ちょっとハゼを探してみましたが、ホタテツノハゼ属だけでした・・またチャンスを狙いたいと思います。それから~次は、ニシキウミウシの後ろにキイボキヌハダウミウシがくらいついてる!シーンです。大きさは、4~5倍の違いがありました。食べると言っても丸のみする訳ではなく、体の中の何かを吸い出している感じです。

浅場では、イソウミウシ。薄いオレンジ系の色合いでした。側でセンテンイロウミウシ。浅場では、メシマウバウオ属の1種にやっと出会えました。以前は、メシマウバウオと呼んでいましたが、別種らしいということで、今は、こんな風に読んでます。側では、大きなカエルウオが2匹。実は、今日もアオリイカの産卵を見に行きましたが・・2組が産卵をしていました。う~ん、平日にみられるとは・・(*_*;

 

キイボキヌハダウミウシ

ハナオトメウミウシ

テントウウミウシのペア

 

撮影データ

①② OLYMPUS  XZ-1   UCL-165-M67

③ Nikon  D300  Micro105mm  D2000

関連記事

タツノイトコの口先にヨコエビ?

センテンイロウミウシ

イソウミウシ

お気に入り:メシマウバウオ属の1種の写真

 

2014-05-26 | Posted in ダイビングログ情報No Comments »