ダイビングログ情報

伊豆大島の秋の浜にはアキノハカクレエビ

2014年2月16日(日)

晴れ・北西~北東
快晴になりました。風もさほど強くありません。
午前中に車の中の掃除。
車内に弾いてる海水除けのシートを外して汚れを取りました。
ランチをして午後から秋の浜へ。
低気圧が通過した後にしては、うねりも小さくて問題なしで潜れました。
水温14度台・視界10m~
浅場のゴロタは、かなりゴロゴロしたようですべて綺麗になってます。
白くなってるので明るく感じます。
壁沿いをうろうろしてきました。
目に留まったのは、ケラマハナダイ多数・スジハナダイ(大き目)・スミレナガハナダイ・
ハナミノカサゴ・ムチカラマツエビ・アカシマシラヒゲエビ・ウミウサギの仲間・などなど。
ここまでただ見ただけで何も撮影していなかったので~
段下でベニカエルアンコウを2個体撮影してみました。
ベンケイハゼも一応・・・
時期外れま感じのナガサキスズメダイygも撮ってみました。
段の上にいるマツバギンポは、無事でした。

DETA    Canon S100  UFL-M150-ZM80

荒れた後・・居なくなってしまいましたが、再会を期待して~~

アキノハマカクレエビ

2014-02-16 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

ポリプの花見をしているようなスケロクウミタケハゼ

2014年2月12日(水)

曇り・北東

風が強すぎます。体感温度は、氷点下?

1日、引きこもって事務員になってます。

明日は、潜れるかな??

スケロクウミタケハゼ

スケロクウミタケハゼ

ウミトサカに住み着くスケロクウミタケハゼは、いつもポリプの花見をしているようです。

 

2014-02-12 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

イソバナに居た黄色のハナタツ

2014年2月11日(火)

雪曇り・北東
今日も北東風です。その上、朝から雪が降り出しました。
海岸線のエリアでは、積もることはありませんでした。
今日もセルフゲストさんと2ダイブしてきました。
まずは、王の浜です。
湾内は、前回と同じで砂地になっています。
この場所は、全体的に浅くなってしまいましたが、体験ダイブや講習するには、
やりやすそうな場所になってますね。*浅すぎるかな・・
揺れがありましたが、以前のような泥質がなくなったようで濁りは然程出てきません。
浅場では、キビレヘビギンポ・ヨゴレヘビギンポが多いです。
久しぶりにトコヒメウミウシのお気に入りのバージョンと出会えました。
体の周りが、ギザギザになっているタイプです。
イソバナには、ツグチガイが見つかりました。
湾内に戻ってタカノハダイの子供が見られました。
2本目は、野田浜です。
昨日のハナタツの場所へ立ち寄ると少し場所移動をしていて海藻の中に。
揺れが強くなっていたので、海藻の中の方が居心地がいいのでしょう。
ミツイラメリウミウシやダイダイウミウシ・ミスガイなどを見てきました。

午後の高速船は、繰り上げ出航でした。
明日も北東風の予報・・寒そうです。
皆さん、体調にはお気をつけて(^◇^)

ハナタツ

ハナタツ

2014-02-11 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

伊豆大島の野田浜にあるダイバーズベル

2014年2月10日(月)

曇り・北東
曇りがちな1日でした。
今日からお越しのセルフダイバーさんと2ダイブしてきました。
北東からの風がやや強めで秋の浜には、うねりが高めだったので
1本目は、野田浜へ行きました。
回り込んだうねりがあり少し揺れてます。
水温15度台・視界13mくらい。
EXしてきた現地ガイドさんにハナタツ情報を頂いたので早速探してみました。
聞いた通りの場所ですぐに見つかり、交代で撮影。
黄色のかわいいハナタツでした。
そのあとは、ウミウシ探し。
ホリミノウミウシ属の1種やバライロマツカサウミウシ・ミレニアムマツカサウミウシは、産卵してました。
アーチの中には、ハナミノカサゴ。
ヨコシマエビも見られました。ゲストさんは、ネコザメも見たそうです。
帰りがけには、ツマグロミノウミウシが見つかりました。
側には、今シーズン時々出会うミノウミウシの仲間。
最後は、ベニシボリで締めくくりでした。
なかなか充実した1ダイブとなりました。
風が弱くなったので、秋の浜へ。水温15度台・視界13m
朝よりは、波が弱くなっていましたのでここで2ダイブ目。
弱くなったとはいえ-30mくらいまで揺れてました。
沖では、ホシベニサンゴガニと遊んできました。
なかなか手ごわい・・。これは、再挑戦が必要かも (>_<)
ここでは、個人的にはレアなアカボシツバメガイと出会えました。
これも・・浮遊中に発見。
タブン、地面に居たら見つからなかっただろうな~

明日は、また北東風が強い予報・・王の浜かな~

 伊豆大島の野田浜にあるダイバーズベル

伊豆大島の野田浜にあるダイバーズベル

伊豆大島の野田浜にあるダイバーズベル

2014-02-10 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

ヒメギンポのオス

2014年2月7日(金)

晴れ曇り・北東
北東風がやや強めです。
今日は、久しぶりにケイカイへ潜りに行ってみました。
水温15度台・視界13m~
浅場では、クロスジアメフラシが多めです。
沖では、ミノウミウシの仲間2種・コミドリリュグウ・ツマニケボリ・
ヒメギンポのオスやニラミギンポ・タテジマヘビギンポ
ヨゴレヘビギンポは、多め。

明日は・・荒れる予報です。(-_-;)

ヒメギンポのオス

ヒメギンポのオス

2014-02-07 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

黄色のカイメンに居たセボシウミタケハゼ

2014年2月6日(木)

曇り・北東
今日も冷え込んでいます。風は、弱め。
午前中に事務仕事をして、午後から秋の浜へ。水温14度台・視界15m

いつものように散策です。
最初は、イソコンペイトウガニ
次は、ブラブラしながらビシャモンビエをチェックして・・
ウミカラマツエビを撮りたかったので、そこで少し遊びました。
移動して・・またビシャモンエビ。次は、ムチカラマツエビ。
戻りながら、シロイバラウミウシ・アオボシミドリガイ・ハナミドリガイ・など。

浅場では、ベニカエルアンコウをチェックして上がりました。
浅場のイワシの群れは、見ごたえありです。

 

DETA
OLYMPUS XZ-1 PCU-01

黄色のカイメンに居たセボシウミタケハゼです。仕上がりの違いを試してみました。

ストロボで撮影する場合は、実際に撮った後に仕上がりを確認できます。

この時ストロボの強弱で仕上がりにも違いがあります。

ターゲットライトで撮影する場合は、液晶で見えているのとほぼ同じ仕上がりです。

仕上がり具合をイメージしながら、光量などを調整できます。

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

内臓ストロボで撮影しました。

 

セボシウミタケハゼ

セボシウミタケハゼ

ターゲットライトで撮影しました。

 

2014-02-06 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

ちょっと深場のアマミスズメダイ幼魚

2014年2月5日(水)

小雪・曇り晴れ間あり・北東

昨夜は、降雪。三原山には、雪が積もっています。
お店の周りでも午前中に1度チラホラと雪が舞いました。
気温が低い1日でした。
午後から秋の浜へ出かけました。
水温14度台・視界15m
沖へ出ると微妙な流れがありました。
今日は、アマミスズメダイ幼魚の場所で遊んできました。
期待した場所には、居なかったのですが~こればかりは相手次第なので、仕方ありません。
しばらく遊んでいると側のコガネスズメダイがうろちょろしたり・・
流れてくるエサを食べていました。
他には、オキゴンベyg・タスジウミシダウバウオ・ユビウミウシ・ミヤコウミウシ・などなどです。

明日は、今日より少し気温が下がる予報ですが・・・(*_*;

アマミスズメダイ幼魚

アマミスズメダイ幼魚

DETA Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000

 

2014-02-05 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

イチデジで撮ったフトスジイレズミハゼ

2014年2月3日(月)

晴れ・南西

西側の海は、荒れています。
今日は、気温が高く春です!
秋の浜は、ベタナギ。水温15~14度・視界15m
今日は、チシオコケギンポの場所でたくさん遊びました。
ちょうど撮影のポジションがとりやすい場所に居るので、撮影にはお薦めです。
見ていると目がきょろきょろよく動いて、そのたびにいろんな表情が見られました。
ほんとに見ていて飽きません。
うろうろしていると魚たちが、逃げるような動きを見せました。
何かいるのか?と見回すとカメが水面から降りてきていました。
秋の浜では、出会う機会が少ないです。

明日は・・・真冬に戻ります。(*_*;

フトスジイレズミハゼ

DETA Nikon D300 Micro105mm D2000 S2000

久しぶりにイチデジでフトスジイレズミハゼを撮りました。

2014-02-03 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 

 

イソカサゴの真ん前にオランウータンクラブ

2014年2月2日(日)

雨晴れ・北東

今日は、朝から雨。しとしと降ったり少し強く降ったり・・です。
気温が高めなので楽です。
今日もリピーターさんと秋の浜へ。水温15~14度・視界15m
魚影は、濃く・・楽しいダイビングでした。
2月に入りウミウシの姿を見かけるようになっています。
マクロレンズを用意して遊びましょう!

1本目は、諦めきれないニセボロカサゴを探してみました。
結果は、だめだったので・・沖へ。
ミネミズエビは、同じ場所にいました。
アマミスズメダイygやオキゴンベygがかわいい^^
ゲストさんが撮影中には、シロタスキウミウシが見つかりました。
ここでタイムアップで浅場へ。
2本目は、浅めです。
最初に現地ガイドさん情報のオランウータンクラブに逢いに行ってみました。
運よく側にイソカサゴが居て2ショットです。
ウミウシは、テントウ・ミツイラメリ・ミドリアマモ・ヒブサミノ・サガミリュウグウ・ニシキ(幼体)
アオボシミドリガイ・ハナミドリガイ・ベニシボリ・などなど。
ヌノサラシyg・ハナミノカサゴ・ベニカエルアンコウ・ミサキウバウオ・などなど。
ゲストさんが、最近数回見かけるミノウミウシの仲間を見つけてきました。
チシオコケギンポの新顔が見つかりました。赤い個体です。
今度、その近くでペアの相方を捜索してみようと思います。

オランウータンクラブ

オランウータンクラブ

DETA OLYMPUS XZ-1 UCL-165-M67

 

2014-02-02 | Posted in ダイビングログ情報No Comments »