Gallery, かんたん!海の生き物ウォチング, ダイビングログ情報

2016年5月13日(金)・14日(土)2日間のウミウシ探しの成果

ウミウシ不明種

写真・上:ウミウシ不明種:この2日間の中で一番のヒット!は、このウミウシでした。種名ご存知の方、ご教授ください(^^♪

ジョオウミノウミウシのようですが、ミノの形状が違うので別種かもしれません。


 


野田浜で見られているホリミノウミウシ属です。今回のゲストさんは、このウミウシを目的に大島まで!すで何度も撮影していますが、僕も側で再度撮影をしてみました。ホリミノウミウシ属もこの中で大き目のと小さ目のが見られました。同じ種なのか??そして、その場所にはイナバミノウミウシも住んでいますので、一緒に居る所も撮影出来ました。

ホリミノウミウシ属

ホリミノウミウシ属

ホリミノウミウシ属

イナバミノウミウシとホリミノウミウシ属

イナバミノウミウシ


この種も野田浜で見られましたドト・ラケモサ。カヤに居た個体は、タマゴを産み付けていました。1つは、別の場所に居た子を撮影。タマゴは、白いのと黄色。ウミウシの見た目が違うのですが・・ネットで調べると、成長とともに変化しているようです。

ドト・ラケモサ

ドト・ラケモサ

ドト・ラケモサ


野田浜で出会えたニイニイミノウミウシです。1枚目:眼が解りますか? 2枚目:キタマクラにかじられた・・ 3枚目:体の後半部分に怪我・・大丈夫?

ニイニイミノウミウシ

ニイニイミノウミウシ

ニイニイミノウミウシ


野田浜で出会えたバライロマツカサウミウシです。交接している体制だったので・・撮ってみました。2匹の間には、タマゴ。

バライロマツカサウミウシ


大きさ3mm程度のセトミノウミウシです。

セトミノウミウシ


コトヒメウミウシは、数個体出会えました。

コトヒメウミウシ


秋の浜で出会えたツマグロモウミウシです。少し増えてきている様子。

ツマグロモウミウシ


野田浜で出会えたセスジミノウミウシです。鮮やかなウミウシですね~。眼・・解りますか?

セスジミノウミウシ


秋の浜で出会えたフタスジミノウミウシです。

フタスジミノウミウシ


野田浜で出会えたミノウミウシの1種です。以前にも見たことある種です。眼・・解りますか?

ミノウミウシの1種


野田浜で出会えたコモンウミウシです。

コモンウミウシ

コモンウミウシ


 

2016年5月14日(土)晴れ・北東の風
快晴が続いている伊豆大島です。まずは、秋の浜へ。水温18度・視界8~10m。

リクエストのウミウシは、見つからず・・かわりにウデフリツノザヤウミウシやクロスジウミウシに出会えました。沖の方では、コウライトラギスのオスが縄張り争いをしていました。今度、じっくり観察したいと思います。浅場では、フタスジミノウミウシと出会えました。

野田浜:水温18~17度・視界10m。今日も昨日同様にホリミノウミウシ属の場所へ。ゲストさんは、ここだけで張り付きです。僕は、この付近を散策してきました。小振りのクエに出会えました。そして、野田浜にもアマミスズメダイ幼魚。先日秋の浜で出会えたオトヒメベラが、ここ野田浜でも見られました。オスは、すごく綺麗なのでじっくり狙いたいお魚です。他には、ウミウシをいくつか。セスジミノウミウシ・コトヒメウミウシ・ミツイラメリウミウシ・コモンウミウシ・トドラケモサ・ニイニイミノウミウシ・イナバミノウミウシ・などなどです。

 

2016年5月13日(金)晴れ・南西の風
快晴で風弱いです。今日も暑い・・です。

野田浜:水温18度・視界10m。今回は、野田浜で見られているホリミノウミウシ属をリクエストのゲストさんです。ウミウシの居るポイントに行って、ここで1点集中のダイビング。小さなウミウシをビデオに収めるのは、なかなか大変のようです。僕は、この付近で他にウミウシ探しをしてました。

秋の浜:水温18度・視界10m。ここでもウミウシ探しをしてきました。お手頃な水深帯で散策してみましたが・・・今年は、ほんとにウミウシ少ない(-_-;) 普通種もあまり出会えません。そんな中で最後に見つかったウミウシは、お初の種でした!(^^)!

ウミウシ以外は・・アオサハギとホヤカクレエビとヒメテグリ幼魚とアミメミノカエルウオです。

 


野田浜で出会えたアマミスズメダイ幼魚です。

アマミスズメダイ幼魚


最近時々こんなシーンに出会えます。キタマクラ大きな方がオス。

キタマクラ


秋の浜で出会えたホヤカクレエビです。

ホヤカクレエビ


地味な体色ですが・・ヒメテグリ幼魚。かわいいです。

ヒメテグリ幼魚


野田浜のアーチの中で数個体見られたヒメギンポ幼魚です。

ヒメギンポ幼魚

 


カメラ撮影機材


ご来島の前に伊豆大島ダイビングローカルルールをご覧ください。

ファンダイビングコースのご案内


伊豆大島で体験ダイビングにチャレンジ(^^♪

体験ダイビングコースのご案内


元気です!伊豆大島伊豆大島観光復興事業 宿泊費助成サービスのお知らせ

  • 申請方法をよくご確認ください。
  • 1泊につき¥3000 2泊で¥6000
  • 指定の旅行社ツアーでもご利用できます。

関連記事に注目 船の割引制度を利用しよう


関連記事に注目 伊豆大島の観光特派員になろう


重要 ダイビングの予約をしたらチェックしよう!島旅の必需品:あると便利なもの!(^^)!


残念 大島温泉ホテルは、三原山山頂付近(高所)にある為、ファンダイビング後の宿泊はお薦めできません。


コメント2件

 うみうしの愚痴 | 2016.05.18 0:53

慶良間の小野さんに聞いたらジョオウミノだって。 でも伊豆で見るのとミノの形が違うんですよ。 こんなかっこいいサボテンのようなミノではなく、伊豆半島の奴はミノがほっそりしてるんだもの。 そのうち別種なんて分類になったりしないかなぁ なんてね。 写真綺麗ですねえ・・・・・

 あとぱぱ | 2016.05.18 18:13

先日は、お疲れ様でした。狙いのウミウシが居て・・側の小さいウミウシも増えていて良かったです。海況とお天気もこの上ない状況でしたね。不明のウミウシは、ジョオウミノウミウシなのですね。ありがとうございます。

Comment





Comment