ダイビングログ情報

カイメンの穴の中に隠れた小さなキンギョハナダイ

3月2日(日)雨・北東
冷たい雨となりました。北東風が強めです。
秋の浜は波なので、静かな西側でダイビングをしました。
野田浜:水温14度台・視界10~13m
王の浜:水温14度台・視界10~15m
どちらも似た感じの海況でした。

野田浜では、浅場でミスガイが見られました。
立派な個体です。
イソバナには、ツグチガイがいくつか。タマゴを産み付けてあるようです。
アーチへ向かう途中、ヒメイカが目に留まりました。
これに狙いを絞ってカメラを向けてみたものの・・微妙な揺れで四苦八苦です。
最初は、水底近くに居たのですが、じょじょに上へ移動。
ここらへんでは、アミの仲間がたくさんいたので、それに向けて捕食行動をしていました。
観察中にビュンと動いて少し大きな獲物にくいついたと思ったら、すぐに離しました。
それは、別個体のヒメイカでした。間違えちゃった~のか??2匹でゆらゆらしてました。
前回見たハナタツも同じ場所で見られました。

王の浜は、浅場からヨゴレヘビギンポやキビレヘビギンポがよく目に留まりました。
沖へ出てテングダイが数匹。
印象に残ったのは、ニシキウミウシの幼体(フタイロニシキタイプ)にヤドカリの仲間が乗っていたシーンです。
幼体なので1cmのウミウシの体の上にほぼ同じくらいの貝殻に住んでいるヤドカリ。
観察中もそこから降りることもなくゴソゴソしてました。
何してるんでしょ??
Uターン地点で大きなコロザメに出会えました。
2m以上あったか?迫力あります。
浅場では、ハコフグygが見られました。

 

キンギョハナダイ

キンギョハナダイ

DETA   OLYMPUS  XZ-1   UCL-165-M67

水温が低めになると、穴の中に入り込んでヌクヌクしたくなるのでしょう~ね

キンギョハナダイも!

 

2014-03-02 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 
Comment





Comment