ダイビングログ情報

ヤギの仲間に乗っていたクダゴンベ幼魚

2014年2月28日(金)

晴れ曇り・南西
朝から気温が高いです。日中は、室内で20℃くらいです。
この暖かさも今日までで明日からまた冬となります。
西側は、昨日の風の影響が残り波が高めです。
秋の浜は、静か。水温14度台・視界10m~

沖へ出てうろうろしているとクダゴンベが目に留まりました。
ちょうど撮りにくい場所でジットしていました。
動く様子もないので、辺りを見回していると小ぶりなクダゴンベが見つかりました。
こちらにターゲット変更して遊びました。
この子は、いい子だったな~。
白いウミトサカの仲間には、コシオリエビの仲間や透明なエビ・ウミウサギの仲間など・・
集合住宅となっていました。
今回は、トサカが縮こまっていたので探しやすかったです。
浅場では、コマチコシオリエビと遊びました。
印象に残ったのは、タコの仲間です。
大きな個体で岩の下に入り込んでいました。
しかも2個体隣同士・・・なんです。
これってオスとメスなのだろうか??
見比べても全く違いを見いだせない(-_-;)
とりあえず2匹とも証拠写真撮ってきました。

クダゴンベ幼魚

クダゴンベ幼魚

DETA   OLYMPUS  XZ-1  UCL-165-M67   Light
撮影ポジションは、少し下からカメラを上に向けて撮りました。
コンデジだから撮れた・・アングルです。

 

2014-02-28 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 
Comment





Comment