ダイビングログ情報

小ぶりなソウシカエルアンコウは、手のひらサイズ

2014年1月28日(火)

晴れ・南西

今日は、南西の風が強くなりました。
午前中に野暮用を済ませ午後から海へ。
秋の浜:ベタナギ・水温14~13度・視界15m
右のコースへ出かけてみました。
ウミトサカの多い地帯へ到着すると、ムツの群れが。
その上には、イサキの群れ。
ウミトサカを眺めながらうろうろしているとソウシカエルアンコウに出会えました。
その子は、ソウシカエルアンコウにしては、小ぶりで子供サイズです。
20cmくらいだろうか・・
ちょうどお腹が膨らんでいたので、何か食べた後のようです。
ここじっくり遊んで帰りました。
浅場では、ハナミノカサゴに出会えました。
遊泳しながらエサを探しているようでした。
2個体居たのですが、1匹は黒っぽい体色でした。
最後は、ベニシボリのタマゴが見つかったので近くを探してみると、本体をゲット!
2個体見つかりました。
この辺り・・野田浜の浅場に似た感じになってるので、ベニシボリにとって住みやすいのかも。

ソウシカエルアンコウ

ソウシカエルアンコウ

 

DETA Canon S100   UFL-M150-ZM80

 

2014-01-28 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 
Comment





Comment