ダイビングログ情報

砂地でボウシュウボラが移動中

2014年1月19日(日)

曇り晴れ・北東

昨夜は、北東風がかなり強く吹いていました。
朝のうちは、雲が多かったのですが、日中は晴れ間が出てきました。
午前中は、庭に生えていたアロエの植え替え。
掘り出してから小分けにして鉢植えにしました。
午後には、風が弱くなり秋の浜へ。
水温14度台・視界20m
久しぶりに左の砂地の散策へ出かけてみました。
定番の転石地帯からハゼ地帯へ。
最初に目に留まったのは、大きなイズカサゴです。
この季節によく見られる大型のカサゴの仲間です。
側では、ムレハタタテダイが2匹。これも砂地でよく出会える種。
寒さのせいか、ちょっと動きがぎこちないですね。
ムチカラマツには、ビシャモンエビが居ました。
ミノカサゴが、エサを探していたり・・
カスザメが居たり・・
貝の仲間・ボウシュウボラ(20cm)が歩いていたり・・
印象に残ったのは、コブダイです。
段下のエリアでうろうろしていると岩の横に35㎝位のコブダイが寝てました。
2匹のホンソメワケベラにクリーニングを受けている最中。
僕が、側に来てもなかなか逃げようとせずじっとしていました。
そんな訳で~証拠写真も撮れました。

ボウシュウボラ

ボウシュウボラ

DETA FUJI  FinePix F31fd  UFL-M150-ZM80

砂地を歩いていました。触覚を出して・・キョロっとした目が見えます。

 

2014-01-19 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 
Comment





Comment