ダイビングログ情報

久しぶりに出会えたベニハナダイ幼魚

2014年1月14日(火)

晴れ曇り・北東

引き続き冷え込んでいます。
今日は、午前中に1回海へ出かけてきました。
秋の浜は、やや波です。水温14度台・視界20m
正面に向かって泳いでいくと、お魚の姿が少ない・・です。
流石にみんな潜んでいるのかな。
別のコースを変えると、中層にはアオリイカやイトフエフキが目立ち始めました。
そして浅場に近づいてくると、キンギョハナダイ・ソラスズメダイの姿が目立ち始めました。
段の上では、メジナやニザダイが目立つようになります。
沖では、久しぶりにベニハナダイ幼魚が目にとまりました。
大きなトサカに寄り添っていました。派手さのない体色ですが綺麗。
側では、クダゴンベも見られています。
印象に残ったのは、ヒョウモンダコです。
目の前を泳いできて岩に着陸。
やけに膨らんでるな~と思ったら獲物を捕まえているようです。
カニの仲間を捕らえてゆっくり食べられる場所を探しているところのようです。

明日は、雪かな???

ベニハナダイ幼魚

ベニハナダイ幼魚

DETA  OLYMPUS XZ-1 UCL-330-M67

 

2014-01-14 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 
Comment





Comment