ダイビングログ情報

マツバギンポの顔は、こんな感じ

マツバギンポ

2013年12月20日(金)

晴れ・西
風向きが変わり今度は、西風の強風です。
どんどん強くなり午後の高速船は、欠航です。
午前中に作業をして午後から秋の浜へ。
吹き続けた北東風の影響は、なく・・問題なく潜れました。
水温18度・視界10~15m
沖へ出て最初に目に留まったのは、コマチガニです。
小さなウミシダの中に住み着いていました。
他には、ヨツバネジレカニダマシ・ウデフリツノザヤウミウシなどをチェックして浅場へ。
大きなイロカエルアンコウは、同じ場所で見られています。
あとは、ベニカエルアンコウ・オキナワベニハゼ・ニラミギンポ・マツバギンポ・などなどです。
ちょっと水温が持ち直したせいか、お魚たちは元気な様子です。

 

DETA :OLYMPUS XZ-1
ターゲットライト LE350で撮影してみました。
スローシャッターになるため、背景が青くなります。

2013-12-20 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 
Comment





Comment