toggle
2014-10-13

水中写真で遊ぶ

セルフポートレイト

水中写真の薦め

ダイビングは、海の世界を味わえる素敵なレジャーです。海の中に居るための特殊な器材を使う事で海中の浮遊感を味わえます。海中の生き物達は、不思議な形をしていたり・・・環境に擬態していたり・・派手な色彩をしていたり・・生き物の多様性には、驚かされます。そんな生き物達の自然な姿を写真に撮りたい!と感じる方は、多いのではないでしょうか。 今では、コンパクトデジカメを防水プロテクターに入れてダイビング中に水中写真を楽しむスタイルは、スタンダードになりつつあり・・気軽に手軽に水中写真の世界を味わえます。 写真を撮る事で生き物達を観察する力も増して、新たな発見あると思います。生き物達の住む海の世界を知り・・環境に対する考え方も変わるかもしれません。 水中写真は、奥が深い・・末永く楽しめると思います。水中写真にチャレンジしてみてはいかがですか?

 

オリンパスXZ-2

フジ ファインピクスF31fd

コンパクトデジカメのレンタル

あとぱぱでは、コンパクトデジカメのレンタルもしてますので、お試しでレンタルしてみるのもいいかも。少し写真に詳しい方なら・・オリンパスXZ-2をお薦めしています。もちろん、簡単な水中モードもありますので、設定をいじらないで撮る事も出来ちゃいます。スタッフが、ブログで紹介している写真もこれで撮影している事もありますので、参考にどうぞ。 まだ経験本数が少ない方には、コンパクトな フジ ファインピクスF31fd がお薦めです。片手にすっぽり収まるサイズなので取り回しがラクチン。古いカメラですが、根強い人気のデジカメです。こんな写真が撮れちゃいます。

コンパクトデジカメのレンタルをしています。|カメラレンタル

 

水中写真で遊び隊

あとぱぱ水中写真で遊び隊

時々、水中写真についての記事を更新しています。|あとぱぱ水中写真で遊び隊 写真を楽しむ・・参考になればと思います。現地では、質問などがあれば気軽にスタッフに聞いてください。解る範囲で~お答えしています。

 

 

ダイビングテクニック

ダイビングテクニックも重要

水中写真を楽しむ!少しうまく撮りたい! 写真の勉強だけじゃなく、ダイビングのテクニックを磨くと、ちょっと写真も上達するはずです。水中で体を固定できる!ポジションがうまくとれる!中性浮力で移動できる!写真に夢中になりすぎず安全なダイビングが出来る! こんな項目を練習してみると、安全で楽しく水中写真が撮れると思います。

 

 水中写真を楽しむために

水中写真を楽しむために・・

今では、写真を撮ることがすごく身近な行為になって多くの方が写真撮影を楽しんでいます。どんな写真をとってもいい!どんな仕上がりでもいい!でも・・自然を相手に写真を撮るのであれば、マナーを守って楽しみましょう。いくらいい写真を撮っても・・みんなにすごい!と言われるような写真を撮っても・・・ルールを守らなかったり、危険を冒して撮影をした写真は、いい写真ではありません。結果だけを求めるのではなく、自然を大切に・・マナーを守る気持ちを大事に・・写真を撮る過程を大事にしていただきたい。皆さんに、気持ちよく撮影を楽しんでもらいたいと思います。

 

 

関連記事

撮影機材のご紹介・レンタルもしています。|GEAR

 

 

 

海に行こう!情報
2019年始まり始まり!
てことで~
初潜りは、伊豆大島で是非どうぞ!(^^)!
1月中は、どこでも!空いてます。
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

情報

しまぽ通貨

  • しまぽ通貨でお支払いできます。

  •  船の格安チケット!
  • 検索ワードは、コレ ”東海汽船往復きっぷでお得に島へ!”

  • 大型客船ご利用の際には、女性専用席がオススメ!

 

《お試しでTG-4》

  • オリンパスTG-4で撮影した写真を紹介。
  • 作例をもとに撮影データと撮影方法を紹介

《あとぱぱ水中写真で遊び隊》

  • 水中写真を楽しんでいる皆さん!遊びましょう

《かんたん!海の生き物ウォチング》

  • 伊豆大島の海の生き物達をじっくりウォチング

 

ご注意ください。

  • 大島温泉ホテルは、三原山山頂付近(高所)にある為
  • ファンダイビング後の宿泊はお薦めできません。
  • 大島温泉ホテルは、当店の送迎エリア外になります。
  • レンタカーなどをご利用ください。