あとぱぱ水中写真で遊び隊, ダイビングログ情報, GEAR

レンタル・コンパクトデジカメ FUJI FinePix F31fd

今日は、当店でレンタルをしているコンパクトデジカメ 富士フィルム ファインピクスF31fd を使って撮影をしてきました。最新機種ではありませんが、その当時は評判のカメラでした。 今も現役!? である事をご紹介するために本日出会えた生き物達の撮影をしてきましたので、どうぞご覧下さい。小さな生き物に関しては、クローズアップレンズを使用しています。ご希望でこのレンズも貸出ております。ご参考にどうぞ。


クダゴンベのペア

深場で見られているクダゴンベです。今回は、ペアでこんな場所に・・・この写真は、クローズアップレンズを使用していません。


セボシウミタケハゼ

カイメンに住み着いていたセボシウミタケハゼです。只今増量中のようです~!(^^)!


ボブサンウミウシ

浅場で見られたボブサンウミウシです。大きさは、2cm弱です。


クロスジウミウシ

こちらも浅場で見られたクロスジウミウシです。大きさは。3cmくらい。


マツバギンポ幼魚

人気の被写体のマツバギンポ幼魚です。巣穴からひょっこり顔を出している仕草が可愛らしい~


テンクロスジギンポ

巣穴に居るので撮りやすい・・テンクロスジギンポです。


 

2014年9月30日(火)晴れ・北東~南西
いいお天気になりました。風が弱く・・陸仕事をしていると暑い(@_@)  ここにきて1日だけの残暑です~西側の海は、うねりがおさまっていました。午後から秋の浜へ出かけてみると・・少し揺れがあるだけで潜水可能でした。水温23度・視界10~15m

新調したロクハンを着ているので・・寒さを感じませんでした!(^^)! 沖へ出ると、最初にクビアカハゼ幼魚が見つかりました。まだ体が透けているサイズです。同居しているのは、コシジロテッポウエビです。目的のホシベニサンゴガニの仲間の場所へ。ここで証拠写真を撮影後、うろうろしているとクダゴンベが2個体側にいました。ペアなんでしょうね~。帰りがけには、コマチコシオリエビやセボシウミタケハゼ・スミゾメミノウミウシなどを見てきました。浅場では、ボブサンウミウシ・クロスジウミウシなどをみて・・変なセホシサンカクハゼと出会えました。口から海藻が1本飛び出していて・・楊枝をくわえているようなポーズです。木枯し紋次郎みたい!・・知らないかな~~

印象に残ったのは、ウミシダウバウオです。実は、すごくお気に入りの被写体です。見られている間は、何度も何度も訪問してしまいます。しばらく楽しめそうです( ^^) _U~~

 

関連記事

タスジウミシダウバウオ|スタッフ・ブログ

 

Comment





Comment