お店と情報

伊豆大島ダイビングツアーを計画する

ダイバー

伊豆大島へダイビングに行こう

関東圏内のダイバーさんたちにとって、日頃気軽に行けるダイビングポイントは、伊豆半島・三浦半島・房総半島・伊豆諸島です。陸続きのダイビングポイントは、週末・シーズンには大変混雑して何処へ行っても人混みです。その点、伊豆諸島は混雑の少ない穴場中の穴場です。島だから遠いんじゃないの?と感じる方もいるかと思いますが、伊豆大島は東京から約120kmで超高速船ジェットフォイル船で行けば、1時間45分で到着です。こんなに近いのに自然がいっぱいでのんびりとした島の雰囲気を満喫できます。1度足を運んでみるとその手軽さを皆さん実感できると思います。ちょっと気が向いたら遊びに行けるダイビングゲレンデとして伊豆大島は、最高のスポットです。

 

日帰りファンダイビングの記事へGO

 

虹

 伊豆大島までのアクセスは?

基本的に船をご利用になる方が多いです。伊豆諸島への船の旅は、東海汽船が就航しています。竹芝・久里浜・熱海・大桟橋(客船・週末)などから伊豆諸島へ向けて船を走らせます。

リーズナブルな大型客船

  • 往路➡夜(10~11時)に竹芝を出航して1晩船中で泊まります。(週末は、大桟橋に立ち寄ります。)早朝に伊豆大島へ到着(5~6時)
  • 復路➡午後に出航して竹芝へ。(週末は、大桟橋に立ち寄ります。)
  • とにかく速い!超高速船ジェットフォイル船
  • 往路➡朝に竹芝を出航して午前中の間に伊豆大島へ。
  • 復路➡午後に伊豆大島を出航。夕方には竹芝へ到着。

チェック船の運航スケジュールは、季節により変わりますので、随時確認したほうがいい!

船の他に飛行機もあります。新中央航空

ダイバー

どんなダイビングスタイル?

大島が初めての方や初心者さんにとっては、どんなダイビングスタイルなのか・・たいへん気になる所。事前に知っておくと気分も楽になりますよね。伊豆大島は、基本的にビーチダイビングがメインです。(ボートダイビングは、あまり普及していません。) 伊豆大島は、ビーチダイビングでも満足できる!お越しになったダイバー皆さんが納得して頂けています。各ポイントそれぞれ特徴がありますので、ダイビングポイントの紹介を参考にしてください。

あとぱぱダイビングサービスでは、お越し頂いたゲストさんには、のんびり潜って自然を味わおう!を心掛けたスタイルで潜るようにしています。海中の移動はゆっくり!無理のない・・ストレスのない・・ダイビングを行っています。

夕陽

島に行ったらのんびりしたい・・

島へ行ってのんびりした雰囲気を味わいたい!なら大島で1泊してみてください。アフターダイブに温泉につかったり・・海岸線を散歩したり・・夕日を眺めたり・・夜の星空を満喫したり・・日常では味わえないスロータイムを感じてみてください。ご予約を頂いた方には、宿の手配サービスをしています。

 

愛宕からの景色

予算は?

気になるご予算ですが~ダイビング代金+船の交通費+宿泊費+その他、温泉やビール代です。

 

ファンダイビングコースのご案内


体験ダイビングコースのご案内

 


残念

  • 大島温泉ホテルは、三原山山頂付近(高所)にある為、ファンダイビング後の宿泊はお薦めできません。
  • 大島温泉ホテルは、当店の送迎エリア外になります。

関連記事

初めての方は、こちらを参考にしてください

ファンダイビング

島旅の必需品・あると便利なものはコレ!

防寒対策をしよう

東海汽船

船の割引制度を利用しよう(オススメは、株主優待券)

伊豆大島のダイビングポイント

浜の湯

御神火温泉

 

2017-02-10 | Posted in お店と情報No Comments » 
Comment





Comment