かんたん!海の生き物ウォチング

タツノイトコの雌雄を見分けてみよう。|かんたん!海の生き物ウォチング

最近、秋の浜では数個体のタツノイトコが見られています。そこで今回は、タツノイトコのオスとメスの見分け方をご紹介します。秋の浜では、砂地で転石 についた海藻などに絡んでいるような環境下で見つかります。普通に見ていると海藻とほぼ同じ色なので見分けがつかないのですが、ライトを当てるとタツノイトコだけ明るく見えます。探す際には、ライトがあると便利だと思います。 では、2組のタツノイトコの写真をご覧ください。

 

↓ 1組目のオス :写真に記載した凹んでいる部分が、ポイントになります。この部分には、穴が開いていてメスからタマゴを受け取ります。

タツノイトコのオス

 

↓ 1組目のメス :すぐ隣の海藻についていました。海藻の色と同じような体色になっています。写真に記載した凹んでいる部分からタマゴが産みだされます。

タツノイトコのメス

 

 

↓ 2組目のオス :1組目のオスと似てますね!でもオスが必ずこの色って訳じゃありませんので!この種は、雌雄の判断に体色は関係ありません。

タツノイトコのオス

 

↓ 2組目のメス :同じ場所に居たオスと同じ色ですが、お腹の形は、違います!

タツノイトコのメス

 

タツノイトコは、メスのお腹にタマゴが出来たら~そのタマゴは、オスのお腹:育児嚢(いくじのう)に産み付けます。(*ココで受精されるのでしょう。)メスのお腹の凹んだ部分からタマゴが出てきて~オスのお腹の凹んでいる部分にある穴へ入れます。想像してみてください!オスとメスのお腹の凹んだ部分が上手く合うように出来ていると思いませんか?タマゴはオスのお腹で育ちタマゴからハッチアウト。その後、極小のタツノイトコの赤ちゃんが、オスお腹にある穴から飛び出してきます。 (これもハッチアウトですね。)

*育児嚢(いくじのう):コアラやカンガルーのお腹と同じようなものです。

 

関連記事

親戚だから顔は似ているのだ|かんたん!海の生き物ウォチング

Comment





Comment