お店と情報

そうだ!伊豆大島へ体験ダイビングに行こう。

体験ダイビング

体験ダイビングをやってみたい!

今一番やってみたい!海のレジャーの中でいつも上位にランクインするのが体験ダイビングです。海の世界を体感するなら体験ダイビングがお薦めです。海の底から眺める景色・・水面は、数メートル先にあります。日差しがあれば、日常で見ている太陽とは別の太陽が見られます。そんな世界で呼吸が出来る!お魚たちと同じ世界!この他にも素敵な事が実感できます。海の中で見て!聞いて!体感してみてください。!(^^)!

体験ダイビングは・・

  • ウエットスーツを着ます。*防寒の為に着用します。怪我の防止になります。
  • タンクを背負います。*タンクには、空気が充填されています。これが・・重い(>_<)
  • 顔にはマスクをつけます。*これにより海の世界が良く見えるようになります。
  • フードをかぶります。*モジモジくんみたいな帽子です。マスクのストラップがヅレなくなり安全。防寒の役目・頭部の怪我防止になります。
  • 口には、空気を吸う機械をくわえます。*タンクの空気を吸う為の器材です。これで口から呼吸が出来ます(^^♪
  • 足には、足ひれ(フィン)をつけます。*ゆっくりバタ足をしながら、海中を泳ぎます。
  • 手袋をします。*手の怪我防止になります。
  • こんなスタイルで海の中で呼吸をしながら、お散歩します。

ちょっと不安な事もあるかもしれませんが~やる気のある方は高確率で潜る事が出来ます!

 

体験ダイビング

伊豆大島で体験ダイビングしよう!

どこに行けば体験ダイビングができるのでしょうか?関東エリアにお住まいの方に絶対お薦めなのが、伊豆大島です。

  • 伊豆諸島の中で一番近い島 *超高速船なら東京から1時間45分
  • 東京にすごく近いのに~大自然が残る伊豆大島は、穴場中の穴場。
  • 海は、魚影も濃く種類も豊富。
  • ダイビングのついでに~島の気分を満喫できる!

 

伊豆大島へ行こう!

伊豆大島で潜る気分になってきたら~まず交通手段をチェック。大島までの交通手段は、船(東海汽船)が一番お薦めです。
船は、竹芝桟橋から毎日・出航します。 *最寄り駅:東京・JR線の浜松町駅もしくは新交通ゆりかもめの浜松町駅
竹芝桟橋から超高速船ジェットフォイルで1時間45分で到着します。海を眺めていたら~到着しちゃいます(^^♪
運航スケジュールに余裕があれば日帰り体験ダイビングが満喫できます。
*当店では、ダイビングのご予約を頂けた方に船の手配のお手伝いサービスを行っております。
*東海汽船では、各種割引あります。

 

 

日帰り体験ダイビングツアー

 

 

体験ダイビングツアーの予約をしよう!

伊豆大島で潜るなら~あとぱぱダイビングサービスがお薦めです。そのお薦めポイントは~

  • 何といっても!低価格!お2人様以上でご予約いただけるとサービス価格¥11000/お一人様
  • 水中撮影サービスはいかが?スタッフがダイビング中の様子をたくさん撮影します。¥2000  *撮影データは、CDでお渡し致します。
  • 当店の体験ダイビングツアーは、少人数制で潜るので安心です。通常1~2名様 これ以上の人数でお申込みの場合は、2チームに分けて潜るようにしてます。
  • 出来るだけ待ち時間のないようにツアースケジュールを調整して受付をしています。
  • ダイバーのお友達と潜るスタイルでも受付できます。お問合せください。

 

ご予約やお問合せは、お気軽にどうぞ!

予約が出来たら~ダイビング当日に向けて体調を整えましょう。!(^^)!
寝不足や二日酔い・風邪気味などの体調不良での参加は、安全なダイビングが行えない場合があります。

 伊豆大島の夕暮

伊豆大島に泊まろう!

日程に余裕があるなら~是非、大島の宿に泊まってのんびりとした時間を味わってみてはいかがでしょう。
アフターダイブ、まったりするなら元町港の側に温泉施設が2つあります。

  • 浜の湯:水着で入る露天混浴の温泉
  • 御神火(ごじんか)温泉:休憩場と食堂&温水プ-ル付きの温泉   facebookページ

僕のお薦めは、元町港から見えるサンセットウォチング。ビール片手に是非どうぞ !(^^)!
当店では、ダイビングのご予約を頂けた方に宿の紹介・手配サービスを行っています。

 

こんな手順で伊豆大島の体験ダイビングツアーをお楽しみください!

 


ファンダイビングコースのご案内


体験ダイビングコースのご案内

 


関連記事&リンク

体験ダイビングコースの紹介

体験ダイビング予約・問合せ

健康診断質問票

宿の予約をしよう

東海汽船

浜の湯

御神火温泉

2017-02-13 | Posted in お店と情報No Comments » 
Comment





Comment