ダイビングログ情報

2014年4月12日(土)イベント・器材モニター会が開催

ボウズコウイカ

 

2014年4月12日(土)晴れ・北東

まずまずのお天気となり大島で企画されたイベントの初日は無事に開催され多くのダイバーさんが秋の浜へ集結していました。
器材モニター会のブースは、浜に設置され・・ランチにはカレーウドンが配られました。
個人的には、撮影機材メーカーのイノン・フィッシュアイの器材を直接見ることが出来て良かったです。
見るとほしくなる~のですが、ここはぐっと我慢してまずは、お仕事を頑張るのが最優先。今年は、昨年の落ち込みを挽回しないと~!(^^)!です。
とはいえ、やれる事はコツコツ潜る事なんでマイペースで頑張ります。

秋の浜は、水温16~15度・視界7~10m
沖へ出るとボウズコウイカが目に留まりました。体長は、7~8cmです。
ストロボで撮影するたびに、ビュンと勢いよく逃げます。
そこで途中からライトを当てて撮影する方法に変えてみました。
すると、ボウズコウイカが触手をあげたりする仕草が、そのま撮ることが出来ました。
ストロボの光は一瞬で強く光るので、逃げちゃいうますが・・
ライトだと常に明るく照らされているので、逃げないようですね。これ~~使えます!(^^)!

ゲストさんは、ツルガチゴミノウミウシを見つけていました。途中、イソコンペイトウガニも見られています。
2本目もブラブラ。
セスジミノウミウシは、昨日に引き続き見つかりました。*2個体
ホウズキフシエラガイ・ダイダイウミウシ・イソウミウシの仲間・アオボシミドリガイ・ハナミドリガイ・ベニカエルアンコウ・ツユダマガイの1種1・ボブサンウミウシ・
などなどです。

DETA  OLYMPUS  XZ-1 UCL-165-M67  RGBULE+Snoot
今回は、水中ライトRGBLUEを取付てます。先端部分には、スヌートを装着。
濁りで浮遊物の多めの海では、写り込みが少なくなるのでお薦めしてます!(^^)!
今回の被写体・ボウズコウイカでは、ライト撮影は効果的です。

 

2014-04-12 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 
Comment





Comment