ダイビングログ情報

2014年4月9日(水)脱皮したてのイボイソバナガニ

2014年4月9日(水)晴れ・北東
今日もいい天気です。
秋の浜:水温15度台・視界10~13m
浮遊物はありますが、然程視界は悪くありません。
中層は、イサキの群れが見られています。
沖へ出ていくと相変わらずオキゴンベの姿をよく見かけます。
そこでふと下を見ると海藻に詰まったタツノイトコを発見(^^♪
前回見た場所の個体は、すでに行方不明だったので新ネタ!ゲットでよかった~
印象に残ったのは、ベニカエルアンコウです。
浅めの場所で全部で6個体見かけました。
秋の浜では、定番の生き物なのですが、数が減って全然見つからない時期もあります。不思議なものです。
今日の”かわいい!”は、ハナイロウミウシです。
年に1度か2度くらいの遭遇率です。いつも小さくて5mmくらい。
こんな出会いがウミウシ探しの魅力なんでしょうね。
沖で撮影してきたイボイソバナガニの写真を確認していたら・・
体の前に何かゴミみたいなものを抱いていました。
拡大してみると~脱皮した抜け殻か? もう少し早く出会いたかった(-_-;)
出来れば、脱いでいる所を覗きたい!・・!(^^)!

 

イボイソバナガニ

脱皮仕立てのイボイソバナガニでした。

オキナワベニハゼ

この子の近くには、もう1個体いました。浅場では数個体見られています。

サガミリュウグウウミウシ

今回の子は、3㎝位でした。

2014-04-09 | Posted in ダイビングログ情報No Comments » 
Comment





Comment