Gallery, ダイビングログ情報

伊豆大島のマツバギンポに会いに行こう|2017年6月16日(金)のダイビングログ情報

マツバギンポ

 

 
2017年6月16日(金)晴れ・南西の風
いいお天気の伊豆大島です。今日は、お昼頃から風が吹き始めました。

野田浜:水温22~19度・透明度10~15m。浅場から・・シロハナガサウミウシが多いです。沖へ出ていくと、少し流れがかかり始めて魚影が多めになりました。アーチの中は、今回もイサキが多いです。コブヌメリは、ペアでウロウロしていたり・・ウミカラマツには、白いタイプのナカザワイソバナガニ。帰り道では、クモガタウミウシが産卵をしていました。タマゴは、オレンジ色で派手なのですが・・ウミウシは、地味(^_-)-☆

ケイカイ:水温22~19度・透明度10~15m。久しぶりに砂地の方まで泳いでみました。少し手前から流れがかかり始めて、イサキが多くなりました。いつもの場所でマツバギンポを見てきました。他には、ムラサキウミコチョウやオルトマンワラエビ・サガミリュウグウウミウシ・アカエイなどなどです。

秋の浜:水温21~18度・透明度10m前後。ベタナギの海況でした。沖に出てナヌカザメの卵を見に行きました。ま・・様子の変化はないんですけどね。この付近では、セミホウボウ・ムチカラマツエビ・ヤシャハゼ・ネジリンボウなど。ジョーフィッシュの仲間の口内保育は、見られたものの巣穴から顔を出すことはありませんでした。ま~大事な大事な子育て中ですからね・・
 


白いタイプのナカザワイソバナガニです。住んでいる場所に色合いに変化するようです。
ナカザワイソバナガニ


クモガタウミウシとタマゴです。派手なタマゴの左側にウミウシが2個体

クモガタウミウシとタマゴ


いつもの場所で出会えたセミホウボウです。

セミホウボウ


ネジレカラマツに住んでいたムチカラマツエビです。

ムチカラマツエビ


浅場で出会えたモクズショイです。

モクズショイ

 

 


チェック ときどき・・伊豆大島ダイビング情報もチェックしよう!(^^)!

チェック 大型客船のサイクルきっぷ再開!(^^)!チャリンコなしでも大丈夫

チェック 女性限定!大型客船に乗るなら~女性優先席の乗ろう

cl_005お帰り便は、橘丸(客船)で!

チェック 高速ジェット船の格安きっぷも再開です


ファンダイビングコースのご案内


体験ダイビングコースのご案内


第6回伊豆大島MDフェアに参加しよう!
第6回伊豆大島MDフェア


第2回伊豆大島フォトコンテストに応募しよう!
第2回伊豆大島フォトコンテスト


TG-4を持って海へ行こう!
お試しTG-4


水中写真を楽しんでいる皆さん!遊びましょ~!(^^)!
あとぱぱ水中写真で遊び隊


伊豆大島の海の生き物達をじっくりウォチング!(^^)!
かんたん!海の生き物ウォチング


残念

  • 大島温泉ホテルは、三原山山頂付近(高所)にある為、ファンダイビング後の宿泊はお薦めできません。
  • 大島温泉ホテルは、当店の送迎エリア外になります。

2017-06-16 | Posted in Gallery, ダイビングログ情報Comments Closed