お店と情報

伊豆大島のダイビングポイント

伊豆大島には、北部に3つ 中部に1つ 南部に1つ のダイビングポイントがあります。

*北部の東側に秋の浜・北部の西側に野田浜ケイカイ・中部の西側に王の浜・南部の西側にトウシキの合計5つ

この中で当店が通常・利用しているのは、秋の浜・野田浜・ケイカイ・王の浜です。
どこも潜れないという日が1年を通じで多くないので、お越し頂ければ高確率でダイビングを楽しめるのもお薦めポイントです。

favicon伊豆大島の地図を参考にご覧ください。

伊豆大島のダイビングスタイルは、ビーチエントリーが主流。お客様全体のレベル・リクエスト・海況を考慮して、当日に潜るポイントを決めさえて頂いております。当店では、日々海に出かけてリサーチをしていますので、季節ごとの旬の生き物達や景色をご案内させていただいております。

伊豆大島のビーチポイントは、比較的安心してエントリー&エキジットが行えるため初心者さんから楽しめるダイビングゲレンデです。
また、お薦め度NO.1:秋の浜の魚影の濃さ&生物種の豊富さは、ベテランダイバーさんも大満足できることでしょう。

東京から高速船で1時間45分(約120km)と大変近いのに大自然を感じられる伊豆大島は、皆さんのダイビングホームゲレンデにお薦めです。まずは、是非1度 伊豆大島へ潜りに行きましょう!

 伊豆大島・秋の浜のポイント紹介写真

ポイント名  秋の浜(あきのはま)
お薦め度ランク NO.1
魚 影  ★ ★ ★ ★ ★
生物・種類  ★ ★ ★ ★ ★
特 徴 魚影の濃さ・生物種の多さは、国内でも上位に食い込む。深場から浅場まで様々な環境がある。潜水可能な確率が高く大島へ来たらココへ潜らないのは、もったいない!
エントリー・エキジット  岩場からジャイアントストライドでエントリー&設置された梯子からエキジット
緊急用酸素 有り (トイレの入口)
器材のセット場所 セットエリア有り&車の側
トイレ・シャワー 有り (脱衣所有り)
駐車場 有り
夏期シーズン 海水浴ゲストがいます。譲り合いでお願いいたします。
その他

 伊豆大島のダイビングポイント・ケイカイの紹介写真

ポイント名 ケイカイ
お薦め度ランク NO.2
魚 影  ★ ★ ★ ★
生物・種類  ★ ★ ★
特 徴  沖へ向けて根が何本もあり複雑な地形を形成。流れがある場合は、注意。根の壁にはソフトコーラルがたくさんあり一見の価値あり。
エントリー・エキジット 出入り場所は、狭いのでエキジット優先。ジャリ浜から・所々岩あり
緊急用酸素 なし(野田浜のものを利用)
器材のセット場所 コンクリを打ったセットエリアあり
トイレ・シャワー なし(野田浜のものを利用)
駐車場 有り
夏期シーズン  海水浴ゲスト少ないです。
その他

 伊豆大島のダイビングポイント・野田浜の紹介写真

ポイント名 野田浜(のだはま)
お薦め度ランク NO.3
魚 影  ★ ★ ★
生物・種類  ★ ★ ★
特 徴  最大深度-12mくらい。沖にアーチ(トンネル)あり人気の場所です。アーチの根の先は、ずっと砂地が続きます。講習・体験ダイビング・のんびり潜るのに適したポイント。
エントリー・エキジット  ジャリ浜からエントリー&エキジット
緊急用酸素 有り
器材のセット場所 コンクリを打ったセットエリア有り&車の後ろのスペースでもOK
トイレ・シャワー 有り(脱衣所もあります)
駐車場 有り
夏期シーズン 海水浴ゲストやシュノーケリングゲストも居ます。
その他

 伊豆大島のダイビングポイント・王の浜の紹介写真

ポイント名 王の浜(おうのはま)
お薦め度ランク NO.3
魚 影  ★ ★ ★
生物・種類  ★ ★ ★
特 徴 沖へ出ると大きな根がある。根の上には、大島では珍しい大き目のテーブルサンゴ
エントリー・エキジット 護岸された海岸からEN&EX滑りやすい場所もあるので、注意
緊急用酸素 有り (トイレの横に設置)
器材のセット場所 混雑時は車の通行に配慮した場所でお願い致します。
トイレ・シャワー 有り
駐車場 有り
夏期シーズン 潜水自粛の時期(時間帯)があります。
その他

 

ポイント名 トウシキ
お薦め度ランク
魚 影  ★ ★ ★
生物・種類  ★ ★ ★
特 徴 陸上から見える扇形の根に囲まれたエリアがタイドプールを形成。その繋がりで海中にも扇形の根があり2つの溝があります。
エントリー・エキジット 岩場より
緊急用酸素
器材のセット場所 車の側
トイレ・シャワー 夏期:簡易トイレ有りオフは、側のキャンプ場のものを利用
駐車場 スペースは、狭いです。
夏期シーズン 海水浴ゲストあり
その他
2014-04-04 | Posted in お店と情報No Comments » 
Comment





Comment