Gallery, ダイビングログ情報

2017年1月21日(土)今日の綺麗!は、ツノダシです。

 ツンダシ

 

2017年1月21日(土)晴れ・北東の風
低気圧の通過が予報されてた昨夜は、思いのほか・・風が吹きませんでした。西側には、通過後のうねりがり・・秋の浜の方が問題なしでした。ところが、2ダイブ終了前には海が急変して高い波になっていました。ギリギリセーフ~で楽しめました。

秋の浜:水温18~17度・視界15~20m。1本目は、右のコースへ行きました。沖へ出ていくと~斜面には、キンギョハナダイがたくさん!(^^)!
そして、中層はイサキの群れでした。魚影は濃い~~。ハナミドリガイ・チゴミドリガイ・シマキンチャクフグ幼魚が見られました。沖では、セボシウミタケハゼ・ハナゴンベ幼魚やフタイロハナゴイなど。帰りがけには、イソコンペイトウガニが見つかりました。

2本目は、ジョーフィッシュのエリアまで。巣穴の奥に引っ込んだ状態でしたが・・しばらく待機していると、顔を出してくれました。他には、ガラスハゼアカホシカクレエビ・ムチカラマツエビ・ナマコマルガザミ・バラハタ幼魚・ルージュミノウミウシなど。浅場では、ぼろぼろになったナメラヤッコ幼魚・イロカエルアンコウ幼魚・フリソデエビなどを見てきました。

明日は、風向きの変わる予報です。

写真上:数個体で集まっていたツノダシです。水温が下がり始めると・・群れている光景を目にするようになります。

 


ユレユレの浅場で、岩のすき間に入り込んで居たイロカエルアンコウ幼魚です。

イロカエルアンコウ幼魚


少しシャイになってきたかな??ジョーフィッシュの仲間です。

ジョーフィッシュの仲間


沖で出会えたフタイロハナゴイは、元気に泳いでいました。

フタイロハナゴイ


まだまだ小さ目のハナゴンベ幼魚です。

ハナゴンベ幼魚


穴の奥でジットしていたナメラヤッコ幼魚です。すでに・・鰭はボロボロ(>_<)

ナメラヤッコ幼魚

 


1 ときどき・・伊豆大島ダイビング情報もチェックしよう!(^^)!

2 2017年 東海汽船・企画のスペシャルプライス!

  • 伊豆大島までの激安・往復きっぷ *サイクルキきっぷは、チャリなしでも大丈夫(^^♪
  • 椿祭り期間中!伊豆大島までの激安きっぷ *サイクルきっぷは、チャリなしでも大丈夫(^^♪

32017年 助成金で船・運賃の割引

4防寒対策をしっかりして伊豆大島でのダイビングを満喫してください。

5伊豆大島観光復興事業 宿泊費助成サービスのお知らせ

  • 申請方法をよくご確認ください。
  • 1泊につき¥3000 2泊で¥6000
  • 指定の旅行社ツアーでもご利用できます。

ファンダイビングコースのご案内


体験ダイビングコースのご案内


残念

  • 大島温泉ホテルは、三原山山頂付近(高所)にある為、ファンダイビング後の宿泊はお薦めできません。
  • 大島温泉ホテルは、当店の送迎エリア外になります。

 

2017-01-21 | Posted in Gallery, ダイビングログ情報Comments Closed