レギュレターのオーバーホール受付してます

レギュレターのオーバーホール・・定期的に行っていますか?安全なダイビングをするには、まずは器材がしっかりメンテナンスされているのがポイントです。1年を目安にオーバーホールを行う事で常に安心したダイビングを行う事が出来るはずです。当店では、開店当初からお付き合いのあるオーバーホール専門店:リペックスにレギュレターのオーバーホールを依頼しています。お薦めポイント:リペックスの仕事は、丁寧!です。安全第一を考慮して、交換したほうが良いパーツなどもアドバイスしてくれます。低価格のオーバーホール屋さんもありますが、やはり仕事は・・それなりです。価格に含まれる部分だけを最低限のオーバーホールしているだけです。ユーザーさんは、オーバーホールに出したのだから、完全にOKなのだろう!と思っているかもしれませんが、オーバーホールは依頼された部分だけを行うのが、普通です。オーバーホールに出す際には、全てのチェックをしてもらう事をお薦めします。(^_-)-☆

簡単に自分のレギュレターのチェックをしてみましょう。

  • ホースにひび割れはありませんか?特に1stステージ側によく見られます。
  • 陸上でセットした際にホースから小さなアブクがでていませんか?ホースの交換時期です。
  • マウスピースは、切れていませんか?
  • 1stステージとタンクを取り付ける部分のフィルターの状態はどうですか?

*税抜き価格を表示しています。

内容 工賃
 レギセット1st+2nd ¥8000
 フルセット1st+2nd+oct ¥12000
 エア2 タイプ ¥5000
 Sプロ製品とATOMIC製品 1st+2nd=¥9400/oct=¥5500

 

  1.  作業は、分解組立+超音波洗浄+調整+気密検査+残圧計ネックリング+ゲージ動作確認
  2. 1st と2ndとホースの接続に関するOリングは、全て交換*工賃に含む
  3. 工賃以外に有償となるパーツ代がかかります。
  4. 特殊作業が必要となった場合、別途料金がかかります。
  5. エア2タイプは、BCDから外して受付
  6. 当店で受付をして、作業終了後にはご自宅への発送が可能です。
  7. 他に不明な点がありましたら、お問合せください。